クロスレビュー

平均

8.8
シリーズ最新作の舞台は、産業革命に沸く1868年のロンドン。ふたりの暗殺者、ジェイコブとその双子の姉エヴィーを操作し、メインストーリーやミッションを遂行していく。
発売日
2015年11月12日
価格
8400円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る

アサシン クリード シンジケート(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

主人公が姉弟で、ステルス要素が強い姉にアクション性の強い弟と、ふたりのキャラを切り換えられることで、シリーズ過去作よりもさらに幅の広い遊びが楽しめるようになった印象。ベースはいつもの『アサシン クリード』だが、近代が舞台だけに、これまでにない、馬車や鉄道を使ったアクションが楽しめるのもおもしろい。オンライン要素はないが、それでもボリュームがあり、やり込み甲斐も十分。

週刊ファミ通1405号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

相変わらずグラフィックが美しく、19世紀のロンドンの雰囲気がよく再現されている。アクションがメインの男性主人公と、ステルス主体の女性主人公を使い分けながら進行する物語が魅力的。蒸気機関車での戦闘や、ロープランチャーを駆使したダイナミックな移動、ギャングの育成要素なども、いいスパイスになっている。過去作品にあったオンライン要素がなくなった点は、残念と感じる人がいそう。

週刊ファミ通1405号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

ふたりの主人公を切り換えて操作するのは新鮮。スキルも別々に習得でき、それぞれの個性を活かしてミッションを遂行できるのがいい。ロープランチャーにより、移動の自由度とスムーズさが増したのも○。19世紀のロンドンの街並を再現したマップは魅力的だし、蒸気機関車や馬車に乗ってのアクションなど、時代に即したギミックが新たに加わっているのもいい。リトライ時などのロードは若干長め。

週刊ファミ通1405号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS4
9

ロンドンの街の作り込みが驚異的で、高所から眺めたときに感じる密度の濃さはシリーズ随一かも。主人公の双子のやり取りが軽快で、お話のテンポをよりよくしています。当時を思わせるBGMもすばらしく、場面を盛り上げるね。新アイテムのロープランチャーで、建物から建物へと飛び移るのが爽快。便利な反面、ちょっと潜入が簡単になってしまった印象もあるけれど、敵の反応も敏感で気が抜けません。

週刊ファミ通1405号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

もやし
PS4 2015-12-27 14:35:41投稿
9

良かった点
ネタバレはしませんので安心して見てください。今作の舞台はヴィクトリア朝ロンドンという産業革命時です。よって、戦い方、武器、移動方法など全てが一新されています。戦闘はザクザクというより、音ゲーのようにテンポよく叩いていくかんじです。なにより一番変化したのはロープランチャーでしょう。これによって今までよりさらに自由かつ立体的に素早く移動できるようになりました。ストーリーも今作から始めても大丈夫になっています。

悪かった点
少し簡単すぎる気がします。敵が屋根の上まで登ってきたり、狙撃兵がいることが少なくなっているような気がしました。

総評
アサシンクリードシリーズでは2、4と同じくらい良い出来だと個人的には思っています。なにより歴史好きにはたまらない時代だと思います。アクションゲームが苦手な人でもプレイできる仕組みなのでぜひプレイしてみてください。

クロスレビュー

平均

8.8
シリーズ最新作の舞台は、産業革命に沸く1868年のロンドン。ふたりの暗殺者、ジェイコブとその双子の姉エヴィーを操作し、メインストーリーやミッションを遂行していく。
発売日
2015年11月12日
価格
8400円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る

アサシン クリード シンジケートに関連

すべて見る

アサシン クリード シンジケートに関連

すべて見る
  1. 1
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  2. 2
    『宝石の国』が次回で完結。2012年から12年間続いた宝石たちの物語、『月刊アフタヌーン』4月発売号掲載の第108話が最終話に
  3. 3
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  4. 4
    骨は拾ってやる――『ソウル・コヴェナント』体験プレイ漫画。“死の追体験”を中心とした、VRならではのゲームデザイン。漫画家・酔coが神とのバトルに挑んだ
  5. 5
    『たまごっち』サンリオ&ハローキティとのコラボ商品が予約開始。最新機種『Tamagotchi Uni』。『Tamagotchi nano』は2色展開