クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
生き抜くためにドラゴンと戦う少女たちの生き様を、ゲームオリジナルの主人公の視点で描く作品。機体を操作してバトルをしつつ、ドラマパートで仲間の信頼を得ていく。
発売日
2015年05月28日
価格
6640円 [税抜]
対応機種
PS Vita
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

レゲー秋山
ファミ通公式 PS Vita
8

Live2Dのクオリティーが高く、キャラのリアクションがかなり自然で、物語への没入感もアップ。選択肢の文章も、アニメを観た者としては心くすぐられるものばかりで、別な選択だとどうなるのか、周回プレイへの意欲がかき立てられます。バトルがスピーディーさに欠け、近接攻撃が扱いにくいのと、2周目以降での、イベント回収などをサポートする機能がなかったのはちょっと残念に思いました。

週刊ファミ通1381号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
7

アドベンチャーパートは、キャラが滑らかに動く演出があるほか、新キャラの視点で体験する物語は興味深く、選択肢による分岐でアニメとは異なる展開が見られるのがいいね。会話の流れに合わせて自分で介入するタイミングを考える“トークバトル”のシーンもおもしろい。バトルパートは、ふたつの形態の使い分けや、カスタマイズを楽しめるのだけれど、もっとスピード感や迫力が欲しかったかな。

週刊ファミ通1381号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

美少女兵士たちの、和気あいあい……とまではいかないものの、何かとにぎやかな日常の一員になれるのが魅力。メインストーリーを含めて、テレビアニメを観た人ほど、“そうなり得たかもしれない世界”の意味を実感できるでしょう。戦闘パートは、視点移動の独特な感覚や、スピード感の乏しさが気になるものの、3Dシューティングとしてのムードは十分。巨大ドラゴン退治はテンションが上がります。

週刊ファミ通1381号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

活き活きとしたLive2Dの立ち絵や、精細な3Dモデルのパラメイルなど、ビジュアルがとても魅力的。戦闘でのスピード感は、フライトシミュレータのようなリアルさがある反面、アンジュの言う“風のような動き”を実感できないのは惜しい。素直な主人公が超個性的な面々をなんとかまとめようとする構成はポジティブで好感。気になる分岐が多いだけに、2周目以降の攻略での利便性がもう少しあれば。

週刊ファミ通1381号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
生き抜くためにドラゴンと戦う少女たちの生き様を、ゲームオリジナルの主人公の視点で描く作品。機体を操作してバトルをしつつ、ドラマパートで仲間の信頼を得ていく。
発売日
2015年05月28日
価格
6640円 [税抜]
対応機種
PS Vita
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る
  1. 1
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  4. 4
    PS4、PS5でのゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”が公開。4種類のアバターを無料ダウンロードできるコードのプレゼントも
  5. 5
    【ホロライブ】宝鐘マリンのファンブックが1月27日に発売。マリン船長のいまと過去に迫るインタビュー、豪華作家陣によるアンソロ漫画やイラストなど収録