クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
シリーズ最新作は、“零次元”、“超次元”、“心次元”を舞台に物語が展開。新たに6名の新キャラクターが追加されているほか、バトルシステムが大幅にパワーアップしている。
発売日
2015年04月23日
価格
6980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

新次元ゲイム ネプテューヌVII(ビクトリィーツー)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

これまでのシリーズ作品もグラフィックはよかったが、ハードがPS4になって、さらに進化した印象。ロードが非常に速く、戦闘をくり返してもテンポが悪くならずストレスが溜まらないのはいいですな。世界観が独創的すぎて、好き嫌いがはっきり分かれる部分はあるものの、シビアなバトルが本質の古典的骨太RPGという感じ。キャラをしっかり強化したうえでこなしていくバトルは楽しいです。

週刊ファミ通1376号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

新たな変身形態の“ネクストフォーム”のほか、目的地への道を開拓する“ルートビルド”など、新システムが追加されて新鮮味がある。武器ごとのスロットやコンボ特性を考えながらコンボを構成するシステムは、やや複雑になった印象を受けるが、フォーメーションスキルなども加わったことで、戦術の幅が広がっている。ロードがほぼ入らず、戦闘での演出などもスキップ可能で、ストレスなく遊べるのが○。

週刊ファミ通1376号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS4
8

シリーズのファンにはおなじみのキャラの総出演で継承されたおバカなノリとシステム、そして軽快な操作感が印象的。シンプルな作りを活かした、徹底的なローディングの少なさには感心しました。コンボメイクやディスクメイクなど、攻撃のカスタマイズ要素がとにかく豊富で、自分好みにキャラを育てる楽しさも相変わらず。本作からの新登場となる天王星うずめも、なかなかナイスなキャラですよん。

週刊ファミ通1376号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

まず、キャラの3Dモデルがかわいい。つぎに、イベントが豊富で作品のボリュームも十二分。バトルも、幅の広い遊びかたが可能で、巨大ボス戦もいいアクセントに。ただ、ダンジョンマップでの移動が、シリーズの流れを汲む形なのだが、PS4らしさがあまり感じられず、ゲームの進行上で負担となっている点は残念。イベントを軸としたアドベンチャーと捉えたほうが、納得できる作品だと感じました。

週刊ファミ通1376号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ガル詩人
PS4 2015-05-14 23:29:32投稿
9

良かった点
ネプギアの扱いが過去最高に良い、今作も主人公のお姉ちゃんを差し置いて
非常に可愛い。

4女神・4女神候補生の主要8キャラを除くと、他に無いと言えるほど
新キャラうずめが非常に可愛い&良いキャラ。

どうみてもドリームキャストがモチーフのキャラクターなため、
設定や活躍、時代の流れがリアルタイムでドリキャスを遊んでいた時代を
思い出してしまい、ストーリー本編が本来のモノを上回って感情移入してしまう。

相変わらず会話パートの2D絵がウネウネ動くのは可愛らしい。

ストーリーやBGMが一新、本当に久しぶりに新作が出たなぁというてごたえ

仲間と挟んで撃てる技の追加やカップリングキャラの有用性
リリィランクの上げ方も良くなった
戦闘中の交代がやりやすくなり、交代を含めて戦術を考えれる

あまり面白くは無かったが大型ボスとの戦闘は演出としてよかったと思うし、
今後も期待できる遊び心を感じた。

PTメンバーの人数の充実やキャラクターの出入りが今作は不満が無かった。
3ストーリーに分けた構成もかなり良かった。

意味不明だった採取がなくなった?

女神化にデメリットが生まれたことと
女神化で出来ないキャラにも活躍の場が増えた。

悪かった点
開発に何があったのかは知らないが、ガンダムパロディネタばかりでガンダムファンの自分でもちょっと引くくらいガンダムネタが小刻みに入る。

どうみてもPS3やVitaから変わってないキャラクターの3Dグラフィック

毎度1ダンジョン片っ端から敵を倒した程度では何も作れない合成

随分と良くなったけど、やる気にならないギルドクエスト

2ストーリー目の
回復&範囲技の無いノワールルートと
3人で攻防のバランスが最高なのにソロ活動が多く即死が多いブランルート
もう少しどうにかならなかったのか。

4女神にネクストフォームという新しい姿が実装されたが、
ネクストフォームを使うメリットが一切無い。
(逆に言うと今作は女神化出来ないキャラでもかなーリ活躍できる)

街にお金を投資するシステムが面白いと感じなかった。
やらなくても問題なくクリアできるので良かったが…。

採取するひつようがなくなったけど、箱を壊すひつようが出たうえに
壊せるアイテムが最終段階に行かずクリアしてしまった
箱を壊して手に入るアイテムの必要性が意味不明。

MAP移動がスーパーマリオワールド4みたいになったが、面倒
そして移動中にランダムでバトルが発生するがストレスでしかない。
マップ移動のためにルートを作るシステムが微妙。

総評
キャラ良し、ストーリー良し、戦闘良し
まさにシリーズ集大成と言える作品が出たなと思いました。
イベント絵もかわいい、ビクトリーに出てきたネプテューヌも参戦
過去に無いくらい満足度の高いネプテューヌが出ました。

残念なのはVIIで実装された新システムの殆どが微妙だったかなぁと。
でも戦闘のバランスやストーリー、キャラの出る順番と毎度お馴染みの部分が
今回は非常に良かったので満足。

限定版のサントラもありがたいですし、OPEDはショート版ですが
女神達が歌う曲はフルで入っているので嬉しいです。

ドリームキャストって

いいマシンだったな…。

クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
シリーズ最新作は、“零次元”、“超次元”、“心次元”を舞台に物語が展開。新たに6名の新キャラクターが追加されているほか、バトルシステムが大幅にパワーアップしている。
発売日
2015年04月23日
価格
6980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

新次元ゲイム ネプテューヌVII(ビクトリィーツー)に関連

すべて見る

新次元ゲイム ネプテューヌVII(ビクトリィーツー)に関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV】最強のリザードンのテラレイドバトルが本日(12/2)より開催【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    【ポケカ】VSTARユニバースのSAR/ARまとめ。リザードンVSTARやミュウツーVSTAR、カイ、シロナの覇気など事前に発表されたカードを紹介
  3. 3
    【アイマス】『アイドルマスター SideM』の楽曲が本日(12/2)よりサブスク解禁。対象となるのはランティスレーベルの約450曲
  4. 4
    『ポケモンSV』更新データ(Ver.1.1.0)が12/2に配信。ランクバトルがついに解禁!【スカーレット・バイオレット】
  5. 5
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
特設・企画