クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『シュタインズ・ゲート』のスピンオフ作品で、未来ガジェット研究所のメンバー(ラボメン)とのラブコメディーが描かれている。PS Vita版はタッチ操作が可能。
詳細を見る

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
7

追加要素はあまりなく、据え置き版などと同じ内容。ギャルゲーっぽい作りで、サクッと楽しめる手軽さがある。フォーントリガーシステムによる臨場感は、踏襲されていて○。ファンディスクなのだが、『シュタインズ・ゲート』をしっかりプレイしないと、わかりにくい部分が少々あるかも。

週刊ファミ通1266号より

レオナ海老原
ファミ通公式 PS Vita
8

『シュタインズ・ゲート』をプレイしていることが前程ではあるが、別の“世界線”が描かれるという設定ゆえに、ifの世界を違和感なく楽しめる作りが見事。恋愛要素を主軸に置いているため、各キャラを掘り下げる物語としてもうまく機能している。本編といっしょにプレイしたい一品です。

週刊ファミ通1266号より

吉池マリア
ファミ通公式 PS Vita
8

基本システムは『シュタインズ・ゲート』本編と同様。別の“世界線”の物語なので、本編をプレイしてからならすんなりと入れる。登場人物のまた違った一面が見られるのはうれしく、ドタバタラブコメ的なノリなので、気楽に楽しめた。追加要素があれば、よりよかったかなと思う。

週刊ファミ通1266号より

デビル藤原
ファミ通公式 PS Vita
9

本編のような重苦しい雰囲気や物語後半での急展開などはなく、全体的にコメディーと恋愛要素が強い作品。ラボメンたちとのかけ合いにも心が和みます。各ルートのストーリーは若干短い印象もあるけど、ファンディスクとしてはなかなかのデキ。サクサクと遊べるプレイ環境もグッド。

週刊ファミ通1266号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『シュタインズ・ゲート』のスピンオフ作品で、未来ガジェット研究所のメンバー(ラボメン)とのラブコメディーが描かれている。PS Vita版はタッチ操作が可能。
詳細を見る

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりんに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF10』新作歌舞伎、ユウナ役・中村米吉による“異界送り”のスペシャル映像が公開。振付・尾上菊之丞や音楽監督・新内多賀太夫らのコメントも到着
  2. 2
    【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】
  3. 3
    『ホグワーツ・レガシー』いよいよ発売! 実機プレイで判明したゲームシステムの詳細など、1800年代の魔法界をより楽しめるポイントを解説する18ページの大特集【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】最強ゲッコウガ育成論。げきりゅう型や特殊型など4パターンを紹介【スカーレット・バイオレット】