クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『シュタインズ・ゲート』のスピンオフ作品で、未来ガジェット研究所のメンバー(ラボメン)とのラブコメディーが描かれている。PS Vita版はタッチ操作が可能。
詳細を見る

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
7

追加要素はあまりなく、据え置き版などと同じ内容。ギャルゲーっぽい作りで、サクッと楽しめる手軽さがある。フォーントリガーシステムによる臨場感は、踏襲されていて○。ファンディスクなのだが、『シュタインズ・ゲート』をしっかりプレイしないと、わかりにくい部分が少々あるかも。

週刊ファミ通1266号より

レオナ海老原
ファミ通公式 PS Vita
8

『シュタインズ・ゲート』をプレイしていることが前程ではあるが、別の“世界線”が描かれるという設定ゆえに、ifの世界を違和感なく楽しめる作りが見事。恋愛要素を主軸に置いているため、各キャラを掘り下げる物語としてもうまく機能している。本編といっしょにプレイしたい一品です。

週刊ファミ通1266号より

吉池マリア
ファミ通公式 PS Vita
8

基本システムは『シュタインズ・ゲート』本編と同様。別の“世界線”の物語なので、本編をプレイしてからならすんなりと入れる。登場人物のまた違った一面が見られるのはうれしく、ドタバタラブコメ的なノリなので、気楽に楽しめた。追加要素があれば、よりよかったかなと思う。

週刊ファミ通1266号より

デビル藤原
ファミ通公式 PS Vita
9

本編のような重苦しい雰囲気や物語後半での急展開などはなく、全体的にコメディーと恋愛要素が強い作品。ラボメンたちとのかけ合いにも心が和みます。各ルートのストーリーは若干短い印象もあるけど、ファンディスクとしてはなかなかのデキ。サクサクと遊べるプレイ環境もグッド。

週刊ファミ通1266号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『シュタインズ・ゲート』のスピンオフ作品で、未来ガジェット研究所のメンバー(ラボメン)とのラブコメディーが描かれている。PS Vita版はタッチ操作が可能。
詳細を見る

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりんに関連

すべて見る
  1. 1
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕