クロスレビュー

平均

9.3
シリーズ最新作は、最大8人同時プレイを実現。キャラクターフィギュア“amiibo”のデータを読み込ませれば、“フィギュアプレイヤー”の戦いへの参加や育成が可能。
発売日
2014年12月06日
価格
7200円 [税抜]
対応機種
Wii U
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii U
10

8人同時対戦可能と、『スマブラ』もついにここまで来たかという感じですな。基本的に、複数人でワイワイとプレイするゲームだけど、ひとりプレイのモードも充実させているあたりは非常にありがたい。据え置き機で『スマブラ』をガッツリ遊びたいユーザーはぜひ。コントローラが足りないときの解消法として、3DSでも操作できたりと、ユーザーフレンドリーな仕様が随所に溢れているんだよなあ。

週刊ファミ通1357号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
9

“ワールドスマッシュ”は、最終戦まで能力や獲得するファイターが変わり続けるので、腕に差のある人どうしでも楽しめるのが○。4人が同時にマップを移動するので、サクサク進行するのもいい。ただ、テンポが速いぶん、状況の把握に若干の慣れが必要。8人での乱闘は、よりハチャメチャ感が増しておもしろい。パーティーゲーム的な要素が増えつつ、シングルプレイもやり込める作りになっている。

週刊ファミ通1357号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 Wii U
9

大画面で楽しむ乱闘は、迫力もあって文句なく楽しい。シリーズの特徴である、簡単な操作でみんながワイワイ遊ぶというゲーム性はもちろん健在。本作から追加された8人乱闘や、多人数に対応した広いステージ、3DS版で育てたカスタマイズファイターをWii U版に持ち込むといった要素は、大画面を囲んでの乱闘をより盛り上げる演出をしてくれる。“ワールドスマッシュ”もパーティーゲームとして○。

週刊ファミ通1357号より

くしだナム子
ファミ通公式 Wii U
9

シンプルさと奥の深さ、テクニカルな面と一発逆転の要素が両立していて、初めての人でも上級者でも熱中できる懐の深さが、このシリーズのスゴいところ。Wii U版も期待を裏切りません。ひとりで遊べるモードも充実していて、イベント戦やクリアゲッターに挑戦するうちに、いろいろと新し発見もできます。でも、やっぱりみんなでワイワイ遊びたい。人が集まる機会が多い年末に最適な1本ですね。

週刊ファミ通1357号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.3
シリーズ最新作は、最大8人同時プレイを実現。キャラクターフィギュア“amiibo”のデータを読み込ませれば、“フィギュアプレイヤー”の戦いへの参加や育成が可能。
発売日
2014年12月06日
価格
7200円 [税抜]
対応機種
Wii U
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uに関連

すべて見る

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uに関連

すべて見る
  1. 1
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  2. 2
    ゲームボーイライトが発売された日。GB最後のモノクロ画面モデルはバックライト付き。電池が長持ちするのがうれしかった【今日は何の日?】
  3. 3
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】
  4. 4
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド
  5. 5
    加隈亜衣、阿座上洋平が出演の短編ADV『つばめの世代』制作クラウドファンディングが5月1日より開始。アンドロイドの少女と人間による笑いと感動の物語