エレクトロニック・アーツのバトルロイヤル型FPS『Apex Legends』(エーペックスレジェンズ)において、2022年4月29日~5月1日の期間で開催された世界大会:ALGS(エーペックスレジェンズ グローバルシリーズ)の優勝がREIGNITE(リイグナイト)に決定。

Apexコインやグッズの購入はこちら(Amazon.co.jp)

 本大会は、プロリーグの全5地域(北米・ヨーロッパ、中東、アフリカ・南アジア太平洋・ 北アジア太平洋・南米)の各地域から合計40チームがALGS Playoffsに進出し、10チ ームの4つのグループに分け競い合う大規模オフライン世界大会だ。

 今回1位となったチームはREIGNITE(リイグナイト)。PAD(コントローラー)世界1位とも呼ばれている、Genburten選手が感染症により不在となってしまったが、チームのブレインとなるZer0選手、そしてそのオーダーに見事についていったJMW、SHARKY3415の活躍により優勝を獲得した。

 日本チームも奮闘し、Team UNITEが3位、GameWithが9位という最高の結果となった。今後の活躍にも期待だ!

決勝 最終順位

  1. Reignite
  2. Team Liquid
  3. Team UNITE
  4. OpTic Gaming
  5. Luminosity Gaming
  6. TSM
  7. NRG
  8. Team Empire
  9. GameWith
  10. Cloud9
  11. 100 Thieves
  12. GMT Esports
  13. aDRaccoon
  14. Elevate
  15. TeamBurger
  16. Alliance
  17. Sutoraiku
  18. Spacestation
  19. FOR7
  20. V3 VEGA

『Apex』関連記事