アーケードゲーム『Fate/Grand Order Arcade』(以下、FGOアーケード)にて、2021年12月16日7時よりストーリー第7章“第七特異点 臨界繁栄都市 バビロン”が開幕。事前に発表された神霊サーヴァント“ラーヴァ/ティアマト”以外に、ストーリー上で新たなサーヴァントが姿を現し話題となっている。

大人ネモ(?)がストーリー上に登場

【FGOアーケード】大人ネモ(?)登場。ストーリー7章“バビロン”第2節までのあらすじやスクリーンショットを紹介

 新たなサーヴァントは、“第七特異点 臨界繁栄都市 バビロン”の第2節“誰でもない者”で初登場。

 その姿がスマートフォン向けアプリ『Fate/Grand Order』(FGO)にて2020年11月11日に実装された星5サーヴァント“ネモ(ライダー)”の成長したような見た目をしているため、SNS上では“大人ネモ”と呼称され、注目を集めた

 なお、『FGOアーケード』ではネモは実装されておらず、今回登場した大人ネモ(?)も立ち絵イラストのみの登場で、いまのところバトルには参加していない。

第2節“誰でもない者”のあらすじ

【FGOアーケード】大人ネモ(?)登場。ストーリー7章“バビロン”第2節までのあらすじやスクリーンショットを紹介

 黄金都市を支配するバビロン王。神霊ティアマト曰く、王は一度、確かに死んでいるという―――

 死して蘇った王? 一体どういうことなのだろう? やはり、聖杯を用いたということなのだろうか。

「その通り。そして聖杯は王の元にある」

 そこに言葉を重ねてくる謎の人物があった。神霊ティアマトが“船長”と呼ぶ人物だ。

 人物は名乗らず、自分はカルデアの味方ではあるが、誰でもない存在(ネモ)なのだと告げる。

 大人ネモは「まだ名乗るべき時ではない」と語り、ティアマトからは“船長”と呼ばれているため、真名は明らかになっていない。また、主人公のことを「君」と呼び「見知らぬカルデアのマスター?」と表現している。ちなみに、ティアマトからは「みんなにやさしくて、きがきいて、さみしがりや」という評価を得ている。この人物がティザームービーの文字演出で表示された“船長”を表していたと思われる。

 また、第2節のアドベンチャーパートにて、一度死んだバビロンの王が聖杯によって蘇り、悪王として悪政を敷いていることが判明する。この悪王が、ティザームービーのギルガメッシュ(キャスター)風のシルエットの人物だろうか。

 ストーリーについて記事で語れるのは、いまのところここまで。大人ネモや悪王の正体などは、ぜひ『FGOアーケード』をプレイして確かめてほしい。

ティアマトは類稀なお母さん力を持つ神霊サーヴァント

【FGOアーケード】大人ネモ(?)登場。ストーリー7章“バビロン”第2節までのあらすじやスクリーンショットを紹介

 最後に、小ネタとしてティアマトの情報をお届け。第七特異点のストーリーを読み進めることで、“ラーヴァ/ティアマト”のキャラクター性のようなものが次第に明らかになってきた。

 自身のことを「母」と言い、マシュから名前を呼ばれた際には「お母さん」と即座に呼び方を訂正するように要望する。第2節でランスロット(バーサーカー)と坂田金時(バーサーカー)が暴れていると、2騎を「わんぱくでもいいとは思いますが、あばれまわるのはよくないぞ」「めっ」とたしなめるシーンも。

 母に慣れている金時でさえ、ティアマトのお母さん力(ちから)にはたじたじ。マシュに対しては「甘やかし?」と称しておやつをあげるシーンも。前述の大人ネモは手料理を振る舞われたようで、『FGO』史上でも上位のお母さんサーヴァントとして台頭した。

【FGOアーケード】大人ネモ(?)登場。ストーリー7章“バビロン”第2節までのあらすじやスクリーンショットを紹介
【FGOアーケード】大人ネモ(?)登場。ストーリー7章“バビロン”第2節までのあらすじやスクリーンショットを紹介
『Fate/Grand Order Arcade』をAmazon.co.jpで検索する 『FGOAC』オリジナルサーヴァントミニマテリアルが掲載された週刊ファミ通の購入はこちら (Amazon.co.jp)