ファミ通関連の編集者がおすすめゲームをひたすら語る連載企画。今回のテーマは、名作アドベンチャー『マブラヴ オルタネイティヴ』です。

【こういう人におすすめ】

  • とにかくおもしろい物語が読みたい
  • ロボットに乗って宇宙人との絶望的な戦いに臨みたい
  • 人間として成長した気になりたい

※本稿は週刊ファミ通2020年7月2日号(2020年6月18日発売)の特集“いまこそ絶対に遊ぶべき46のゲーム”をWeb用に調整し、加筆修正したものです。

ごえモンのおすすめゲーム

『マブラヴ オルタネイティヴ』

※データはPC版のものです。

 『マブラヴ オルタネイティヴ』(以下、『オルタ』)の裏ヒロインであり、裏主人公と言えるキャラクター“香月夕呼”(通称:夕呼先生)のセリフの中に、こんな内容があります。

 「“宇宙人が攻めてくれば人類は一丸になって戦う”って言ってた人がいたけど、それはおめでたい妄想だったのよ」

 本作の舞台となるのは、意思疎通不可能な地球外起源種“BETA”との戦争により、地球の総人口が10億人にまで減少してしまった過酷な世界。“平和”な2001年の日本から、戦争状態である“並行世界”の日本に移動してしまった主人公・白銀武の視点で物語が進行します。そんな滅びまで残り時間あとわずかという状態の世界でも、人間どうしの争いや、終戦後に勝者となるための思惑のもとに行動する人々の姿がリアリティー十分に描かれています。

 ゲームやエンタメ作品では、極限状態を描いたシナリオが数多く存在しますが、それらに対して「極限状態にも関わらず、あまりに登場人物に危機感がない」、「共通の敵がいるのに、人間どうしで争うなんておかしい」といった指摘を見た、した経験が皆さんにもあるのではないでしょうか? 現代の社会情勢を見るに、人類が一致団結する、あるいはみんなが危機感を持って行動をする、といったことがいかに嘘っぱちかが、『オルタ』発売以降、さまざまな事件や災害を通して、何度も何度も明るみに出てしまいました。

 『オルタ』は、いまと未来の世界を生きる人にとって一種の“教材”と言っても過言ではないかもしれません。

『マブラヴ オルタネイティヴ』は令和になったいまでも色あせない美少女ゲームの大傑作【推しゲーレビュー】_01
目的達成のためには、自分の手を汚すこともいとわない夕呼先生。惚れる。

 果たして、『オルタ』のいちばんの魅力とは、いったい何なのか? 登場する多数の美少女キャラクターたちなのか? 現実の戦闘機をモデルにした対BETA戦用人型兵器“戦術機”のカッコよさか? BETAとの絶望的な戦争の中で描かれる兵士たちの人間ドラマか? メインとサブを問わず、キャラクターたちに訪れる衝撃的な死の描写か? 莫大な時間とコストがかけられ生まれた、アドベンチャーの中でも稀有と言える圧倒的な演出か? シナリオを盛り上げる歌や音楽か?

 2006年の発売以降、本作の魅力について振り返る機会が何度かありましたが、現在の結論は、夕呼先生と出会えること、そして彼女の影響によって、ただの少年が一人前の男へと次第に変化していく成長ストーリーにあると考えています。

 主人公が暮らす横浜基地の副司令であり、天才物理学者の夕呼先生は、ときにはきびしい言葉で、ときには……もっときびしい言葉で、そして裏に隠されたやさしさと愛で、主人公とプレイヤーを導いてくれる師匠ポジションの重要人物。冒頭で紹介した以外にも、夕呼先生のセリフの中には多数の至言があり、何度も絶望のどん底に突き落とされる主人公に気づきを与え、すくい上げてくれます。

 プレイヤーにとっても先生であり、理想の上司であり、母のような存在で、とくに社会人にとってはブスブスと刺さるセリフが多々出てきます。例を挙げると、準備不足を嘆く主人公に対して言う「色々理由をつけて尻込みする奴は、一生結果を出せないのよ」など。準備万端のときに訪れるチャンスなんてない、という前作『マブラヴ』から一貫した内容は、忙しさや制度なんかを言い訳にして、見て見ぬ振りをしている自分にいろいろなことを思い出させてくれます。

 組織の中でどうやって立ち回るべきか、どうやってコミュニケーションをとるべきかを教えてくれる夕呼先生の言葉は、現代の社会人へのメッセージにもなっています。

『マブラヴ オルタネイティヴ』は令和になったいまでも色あせない美少女ゲームの大傑作【推しゲーレビュー】_03
決断し、行動を起こすことの大切さ。責任の取りかたなども教わりました。

 さて、『マブラヴ』シリーズ未プレイヤーに『オルタ』をオススメする際に、避けては通れない重要な問いがひとつ存在するはずです。それは、ループ世界、いわゆる“強くてニューゲーム”のシナリオ構造となっている『オルタ』を体験する前に、前作『マブラヴ』をプレイしておくべきか否か? というもの。

 過去、いくつかの記事で「『マブラヴ』の学園編EXTRAと並行世界に移動した後を描くUNLIMITED編を通しで1周しておきたい」などと紹介してきましたが、現在の私の結論は“否”です。

 というのも、現代のオタクコンテンツにおいて、最初から2周目を描く作品は、現在は割とありふれているからです。最新のトレンドに触れてきたいまのユーザーは、いきなり『オルタ』をプレイしても十分に楽しめるはずですし、あとで『マブラヴ』をプレイするという、もともとのファンにはない体験を得られるという利点もあります。

 事前に前作を履修しておきたい人は、公式で新人声優が『マブラヴ』を最初からプレイする実況動画が配信されているので、それを観るのもオススメです。

『マブラヴ オルタネイティヴ』は令和になったいまでも色あせない美少女ゲームの大傑作【推しゲーレビュー】_02
いまでは珍しくないですが、テキストウィンドウがない点も画期的でした。
『マブラヴ オルタネイティヴ』(Steam)の購入はこちら 『âgeアーカイブス~20thBOX Edition~』の購入はこちら (Amazon.co.jp)