日本相撲協会はNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』(以下、あつ森)を使った遊びとして“相撲の取組”を提案。公式Twitterにて動画を公開している。

 その方法に必要なのは、地面に埋めると落とし穴を作成できる“おとしあなのタネ”(20個以上を推奨)。土俵に見立てた場所の周囲におとしあなのタネを撒いたら準備オーケー。友だちと押し合い、穴に落としたほうの勝ちとなる。

 『あつ森』に相撲的なミニゲームが用意されているわけではない。だが、工夫しだいでいろいろな遊びかたができるのが本作の魅力。今回の件で言うと、土俵の高低差を落とし穴で表現したわけだ。

 日本相撲協会は2020年5月24日から15日間にわたり、相撲関連のマイデザインを公開している。5月24日~6月7日は、本来であれば夏場所が開催されるはずだったが、新型コロナウイルスの影響で残念ながら中止に。アピールの場を『あつ森』に移してファンを楽しませている。

『あつ森』の完全攻略本が発売中

 『あつまれ どうぶつの森』の完全攻略本“あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド”が、電撃から発売中。ページ数は1072ページ! 快適な無人島生活に必要な情報&重要データを見たい人はチェックしよう。

完全攻略本“あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド”の購入はこちら (Amazon.co.jp)

『あつ森』注目記事