ついに発売となった『どうぶつの森』シリーズ最新作『あつまれ どうぶつの森』(Nintendo Switch)。“無人島”が舞台となる本作では、豊富な自然を調査したり、DIY(Do It Yourself)で家具を作ることもできる。本記事では、そんな無人島生活に役立つ、プレイガイドとなるような暮らしの知恵をお届け!

『あつまれ どうぶつの森』パッケージ版の購入はこちら(Amazon.co.jp)『あつまれ どうぶつの森』ダウンロード版の購入はこちら(Amazon.co.jp)

無人島生活の序盤の生活について

たぬき開発のお願いを叶えてあげる

 島に移住した直後は、島の施設の充実度はまだまだ。島の生活に必要な情報は、たぬきちが教えてくれます。生活の中で迷ったことがあれば、たぬきちに相談をしてみましょう。また、彼らのお願いを叶えてあげれば、島の発展にもつながります。ゆっくり気ままにスローライフを送りつつ、たぬき開発の面々の話を聞いてみてはいかがでしょうか。

DIYをしてみよう

 無人島での生活で必要なものは“DIY”で作成することになります。島の中にある“きのえだ”や“いし”などの素材を集め、案内所などに置いてある“DIYさぎょうだい”でDIYをします。“つりざお”や“スコップ”などおなじみの道具から、家具などさまざまなものが作れるようになります。無人島にきたばかりのあなたは“ベル”を所持していないため、DIYで道具を作ることが重要になりますね。

無人島の生態調査を

 まずは島を探索して、ムシ捕りやサカナ釣りをして、生態調査をしてみましょう。手にした生き物は“いきもの図鑑”に登録されるので、やりがいにもつながります。たぬきちから、島の生物を捕まえてきてほしいとお願いされるので、たぬきちに渡してみるといいでしょう。たぬきちの知り合いである博物館の館長・フータもこの島の生態には興味があるようで……? とある条件を満たした後、フータが来島した折には博物館を建てて寄贈できるようになるので、生き物を集めておくといいかもしれませんね。

マイルを貯める

 移住した初日に、無人島での生活の中で必要な“スマホ”をたぬきちがくれます。その中にある“たぬきマイレージ”というアプリ。このサービスでは、無人島生活の中で、あなたが一定の目標を達成すると“マイル”という通貨が貯まるようになっています。

 マイルで交換できるアイテムには、生活を快適にするものから、たぬき開発のノベルティまで、さまざまなものがそろっています。まずは最初の移住費用として5000マイルが必要となるので、“たぬきマイレージ”アプリを確認して、5000マイル獲得を目指してみましょう。ムシ捕りやサカナ釣り、DIYの回数といった累積される行動が狙い目です。そのほか、掲示板への書き込みやカメラ撮影、パスポートの更新など、記念となる行動ですぐに獲得できるものもありますよ。こまめにアプリを確認しましょう。

レシピを手に入れてDIYで必要なものを作成

 無人島生活では、必要なものは基本的にDIYで作ることになります。ただし、DIYをするには、レシピが必要。たぬきちから教えてもらえるもの以外に、下記のようなさまざまなシーンで覚えることができます。レシピを直接覚えることもあれば、レシピが書かれたアイテムが手に入ることも。後者の場合、レシピアイテムを使うことで覚えられます。一度覚えてしまえば、いつでも作成できますよ。

アイテム入手でひらめく

 ゴミを釣り上げるなど、 特定のアイテムを手に入れるとレシピをひらめきます。ゴミに見えてもうまく再利用していくのが無人島スタイルです。ちなみに、 同じアイテムを手に入れたときでも別のレシピをひらめくこともありますよ。

住民から教わる

 無人島に移住してきたどうぶつたちが、レシピを教えてくれることもあります。家の中でDIYをしている住民がいたら話しかけてみましょう。すると、彼らがいま作っている家具のレシピがもらえます。そのほか、外を歩いている住民に話しかけるとレシピがもらえるケースも。たとえば、ハチに刺されて目が腫れている状態で住民に話しかけると、おくすりのレシピを教えてくれるといったもの。悲しくも、ハチに刺されてしまった際には、治す前に住民に話しかけてみましょうね。

ショップやタヌポートで入手

 お店やマイル交換でレシピを購入する方法。複数のレシピをまとめて覚えられるレシピセットもあります。タヌキ商店がオープンするなど、島が発展すると新たなレシピが増えているケースもあるので、 こまめにチェックするのがオススメです。

最初からDIYで作れるどうぐは、“ショボい”シリーズで、数回使ったらすぐに壊れてしまいます。“フツーに使える!どうぐレシピ”は、これより壊れにくくなっているため、素材をたくさん取ったり、サカナ釣りやムシ捕りをたくさんしたい方は、早めに取得しておくことをオススメします。

メッセージボトルを読む

 島の海岸には、 メッセージボトルが流れ着いていることがあります。どうぶつたちからのメッセージと、レシピが同封されています。すでに覚えているレシピの場合もありますが、まだ見ぬアイテムのレシピを覚えられるチャンスです。ボトルを見つけたら、拾って中身を確認しましょう。

島の訪問者から聞く

 島に遊びに来ている訪問者から特別なレシピを教わることもあります。 たとえば、 夜に島に訪れるフーコからは、ひと振りで着替えが完了するスターなステッキのレシピを教えてもらえたり。島に訪問者がいる場合は積極的に話しかけるといいでしょう。

道具の使いかたと素材集め

 DIYで使う素材集めや、たぬき開発のお願いを叶えるためには、さまざまなアイテムが必要になります。道具の使いかたとともに、素材集めのコツをお届けします。まず覚えているとおトクな、テクニックをお教えします。道具を持ち替えるときは方向キーの左右ボタンを押すと、ポケットを開かずとも、道具を素早く切り替えられます。持ち替えの順番はポケット内の道具の並びと同じなので、あらかじめ使いやすい順に並べておきましょう。また、下ボタンを押すと瞬時に道具をしまうことができます。そのほか、マイル交換で“ おきにリング” を手に入れると、好きな道具に持ち替えするのが楽になりますよ。

“おきにリング”を手に入れたあとに、上矢印ボタンを押すと、画像のような画面になります。左スティックで道具を選んで、すぐに手に持つことができますよ。

生活の中で必要な素材と使う道具

 DIYをする中で、たくさんの素材が必要になってくることでしょう。そこでまずは、各種素材を入手できる場所と、道具をご紹介します。また、木や岩などからは、1日1度だけ素材が入手できるようです。1日にたくさんの素材が必要になった場合には、少したいへんですが、2000マイルで引き換えられる“マイルりょこうけん”を使用し、ほかの島に行ける“離島ツアー”に参加するのひとつの手ですね。

  • きのえだ⇒木の下に落ちているものを拾う・木を揺する
  • もくざい・やわらかいもくざい・かたいもくざい⇒ショボいオノ・いしのオノで木を叩く
  • いし・ねんど・てっこうせき・きんこうせき⇒ショボいスコップ・スコップで岩を叩く

あみ

 ムシを捕まえるために使う道具。多くのムシはいきなり近づくと逃げ出すため、Aボタンを押したままにしてあみを構え、ジリジリと近づくと逃げられにくくなります。そして、あみが届く距離まで接近したら、ボタンを離して振り下ろしましょう。

つりざお

 魚影が見えている場所では、つりざおを使ってサカナ釣りができます。サカナがウキに食いついた瞬間にタイミングよくAボタンを押せば、釣り上げられます。ただし、ウキが完全に沈む前にボタンを押してしまったり、ボタンを押すタイミングが遅いと失敗になるので注意しましょう。サカナの種類によって魚影の大きさが違うので、 狙いたいサカナがいるときはよく見てみるといいですね。

オノ

 木から素材を切り出す道具。ショボいオノやいしのオノの場合、木を切り倒すことなく素材だけを手に入れらます。対して、オノを使うと切り倒して切り株になってしまいます。素材を集めたい場合は、いしのオノを使うのがオススメです。

ジョウロ

 花に水をあげる道具。“ショボいジョウロ”であれば目の前の花のみに、“ジョウロ”であれば自分の周囲の花にまとめて水をあげられます。水をあげることで花が増えたり、同種の花が隣接していれば交配されて、新しい色の花が咲くこともあります。どんな色の花が咲くのか、いろいろと試してみましょう。

パチンコ

 上空に向かって石を飛ばす道具。弾は打ってもなくならないので、当たらなかった場合でも何度か挑戦できます。風船が付いたプレゼントボックスが上空を飛んでいたら、パチンコを使って落としてみましょう。落としたアイテムを手に入れられますよ。風船が飛んできたときには「ヒュー」と音がするので、視界に入っていなくても、音が聞こえたら周辺を探してみてはいかがでしょうか?

スコップ

 穴を掘ったり、モノを埋めるための道具。かせきなど、埋まっているものを掘り出したり、花の植え替えや切り株を除去できるほか、岩を叩くためにも使います。また、フルーツを食べると、岩を破壊したり、木を根っこから抜いてほかの場所に移動させることも可能になりました。

 フルーツなどを食べると、画面左上に食べた個数がストックされます。最大10個まで貯めておけるので、一度に木の植え替えなどをする場合は、たくさんフルーツを食べましょう。ただし、フルーツを食べている状態で岩を叩くと壊してしまうため、いしなどの素材を集めたい際にはご注意を。

たかとびぼう

 川を跳び越えるために使う道具。川の近くでAボタンを押せば、棒を支点にして対岸へと跳び移れます。壊れることなく何度でも使えて、対岸で立ち往生することはないので、ご安心を!

はしご

 崖にかけることで上段と下段を行き来できる道具。島のインフラ工事が進むまでは、崖上に行くために必須の道具で、これにより島のすべての場所に移動ができるようになります。

ベルを貯めよう

 たぬきちに移住費用5000マイルを支払い終えた後は、マイホームを建てることができます。ただし、そのローンはマイルではなくベルで返済することになります。そのほか、島の整備やタヌキ商店で家具を買ったり、仕立て屋で洋服や帽子を買ってオシャレを楽しむなど、ベルが必要になることが徐々に増えてきます。そこで、ベルを入手する方法をいくつかご紹介。無人島といえども、先立つものは必要ですもんね。

サカナを釣る

 豊富な水産資源を活用して、釣りでサカナを手に入れる方法。3月はタナゴやクリオネなどが釣れる小さい魚影を狙うのがオススメです。釣ったことがあるサカナは“いきもの図鑑”に登録されるので、どんな季節や時間帯に釣れるのか確認しておきましょう。

貝がらを拾う

 海岸に落ちているサンゴやシャコガイはまめきちやタヌキ商店が高く買い取ってくれます。また、貝がらを拾おうとしたら、突然動き出すことも! その正体はヤドカリ。ヤドカリは、あみを使えば捕まえることができるので、すぐさまあみを取り出して捕まえてみましょう。

ムシを捕まえる

 島にやって来るムシは、季節によって大きく変化します。3月の場合、夜の時間帯に見つかる青い羽のモルフォチョウがとくにオススメです。ただし、夜には怖いタランチュラと遭遇することもあります。不用意に近づくと襲われるので注意してくださいね。

ほかの島の特産フルーツ

 無人島移住パッケージで訪れる島には、それぞれ特産となるフルーツの木がたくさん生えています。収穫して売ると1個につき100ベルですが、ほかの島の特産フルーツであれば500ベルになるんです! まずは、移住のお祝いとして母親から送られてきたフルーツを植えて育ててみるのもよいでしょう。実になったフルーツをさらに増やしていくのもひとつの手かもしれませんね。離島ツアーで行く先の島でも、ふだん見ることができないフルーツがなっているかもしれません。

ベルが飛び出す岩

 島にある岩は、スコップで叩けば鉱石系の資源が手に入ります。連続で叩くことで最大8個のアイテムが飛び出しますが、途中で叩く間隔が空くとアイテムが出なくなってしまいます。1回叩くたびに反動で後ずさりしてしまうので、後ろに3ヵ所穴を掘って下がらなくすることで、連続で叩きやすくなります。なお、毎日1ヵ所の岩は、資源の代わりにベルが飛び出すので、8連続で叩くことができれば大量のベルを入手できますよ。

埋蔵金(?)を掘り出す

 地面から光が漏れている場所を見つけたら、スコップで掘り返してみましょう。すると、地面から1000ベルが見つかるはずです。1日1ヵ所しか見つからないですが、臨時収入としてありがたくいただいておきましょう。……ところで、ベルを掘り出した後も、なぜか穴が光り続けているようですが、なにか理由があるのでしょうか? 気になりますね。

タヌキ商店で高価買取商品を売る

 島での生活を過ごす中で、まめきちとつぶきちのお願いを聞く機会があります。それを叶えたあとは、島にタヌキ商店を迎えられます。タヌキ商店では、家具や道具を売ってくれるほか、アイテムの買取、カブの買取もしてくれます。さらに、1日に1点高額買取商品が設けられており、これはふだんの2倍のベルで買い取りしてくれます。なかには、DIYで作れるものもあるので、作れそうなものなら、売ってみるといいでしょう。