ついに発売された、スクウェア・エニックスのプレイステーション4用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク』。1997年にプレイステーションで発売された『ファイナルファンタジーVII』からさまざまな要素がパワーアップ。とくにバトルシステムは、コマンドバトルをベースにアクション要素が融合し大幅な変更が加えられている。本記事では、そんなバトルのコツを解説していこう。

 なお、本作のゲームシステムの紹介やレビューについては以下の関連記事をチェックしてほしい。

『ファイナルファンタジーVII リメイク』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

戦闘が開始されたら状況を確認

 戦闘が開始されたら、まずはタッチパッドを押し込んで敵をチェック。敵の数や配置などがわかるので、状況をしっかり確認して戦略を練ると安全だ。

“みやぶる”で敵の詳細をチェック

 物語を進めると“みやぶる”のマテリアが手に入り、武器や防具にセットすることで戦闘中に“みやぶる”を発動可能。

 “みやぶる”を敵に対して行うと、タッチバッドで確認できる敵の情報に特性や弱点属性などが追加で表示されるようになる。一度“みやぶる”を行った敵の特性などは、今後も表示されたままになるので、新しい敵に遭遇したときは、“みやぶる”の発動を忘れずに!

こちらは“みやぶる”使用前。
こちらが“みやぶる”使用後。スイーパーは雷属性の攻撃に弱いことがわかる。

状況に合わせて操作キャラクターを切り替える

 本作では戦闘中に操作キャラクターを変更できるのもポイント。キャラクターによって特徴が異なるので、敵や状況に合わせて使い分けることで戦闘が有利になる。例えば、敵がクラウドの攻撃が届かないような高所にいる場合は、操作キャラクターをバレットに変更して、銃による遠距離攻撃で倒そう。

 また、自身が操作しているキャラクターが相手の弱点となる属性の攻撃を持っていない場合は、L2またはR2ボタンで仲間に指示を出せば(仲間のコマンドを自身で選択)、キャラクターを切り替えずに敵の弱点を突くこともできる。

クラウドでは攻撃が届かない敵でも……。
バレットなら攻撃可能。

敵の攻撃表示を見逃すな

 敵が強力な攻撃を行う前には技名が表示される。一度その攻撃を覚えれば、相手がどんな攻撃を行ってくるのかが事前に把握できるので、見逃さないようにして、ガードするのか、回避するのかを判断しよう。

ガードスコーピオンが使用する“電磁フィールド”は、一定範囲内にいるキャラクターにダメージを与える範囲攻撃。表示を確認してから、すぐに距離を取れば……。
ノーダメージで回避可能。

 また、クラウドを操作している場合、ブレイブモード中に敵の近接攻撃をガードすればカウンターが発動するため、この表示を合図にガードする(※技が近接攻撃の場合)ことを意識すれば、カウンターの成功率が上昇するはずだ。

戦闘員の“ドロップキック”は近接攻撃。
操作キャラクターがクラウドかつ、ブレイブモード中の場合は、この表示を見てからガードすれば、簡単にカウンターを発動できる。

ピンチになったらコマンドを開くという選択も

 本作の戦闘中はつねに時間が経過する。ただし、コマンドメニューを開いているときは、時間の経過がスローになるのが特徴。ピンチな状況に陥ったときには、慌てずコマンドメニューを開いて、じっくり考えるという選択もあり。ただし、あくまで時間経過がスローになるだけで、停止するわけではないので注意が必要。

 また、本作ではアビリティや魔法の発動、アイテムを使用する際にATBゲージを消費する。HPを回復するにもATBゲージが必要となるので、ピンチになったときのことも考えて、ATBゲージを管理することが大切だ。

コマンドメニューを開いている間は、時間がゆっくりと経過する。
しかし、時間が停止するわけではないので、コマンドメニューを開いたタイミングによってはダメージを受けてしまうことも。過信は禁物。

戦闘前にしっかり準備を整える

 戦闘中以外でフィールドを移動しているときでも、○ボタンを押してコマンドメニューから回復魔法やアイテムを使用可能。前述の通り、戦闘で魔法を発動したり、アイテムを使用するときにはATBゲージが必要となる。しかし、フィールドの移動中はATBゲージが存在せず、自由にHPの回復を行えるため、戦闘前にしっかり準備を整えておこう。

フィールドの神羅ボックスは必ず破壊する

 フィールドに設置されている神羅ボックスは□ボタンで攻撃することで破壊可能。破壊するとアイテムを獲得できるほか、MPが回復することもあるため、見かけたら必ず破壊しよう。