スクウェア・エニックスは、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数が、450万本を突破したことを発表。

 『ニーア』シリーズ10周年を記念した10時間の生放送内では、プロデューサーの齊藤陽介氏が450万本達成について、「近いうちにそのつぎも発表できるかも」(齊藤陽介氏)と話していた。また、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』がマイクロソフトの定額サービス“Xboxゲームパス”(Xbox Game Pass)に2020年4月2日から対応することも発表(日本は未定)。

画面は映像をキャプチャーしたものです。

以下、リリースを引用

NieR:Automata世界累計出荷・ダウンロード販売本数450万本突破のお知らせ

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、 以下スクウェア・エニックス)は、PlayStation4*/Steam*/Xbox One**向け に販売中のアクションRPG『NieR:Automata』(ニーア オートマタ)について、世界累計出荷・ダウンロード販売本数が450万本を突破したことをお知らせいたします。2017年2月の発売以降パッケージ出荷とダウンロード販売を伸ばし、2019年2月には2周年記念の特別版となる『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』を発売、2020年2月には 3 周年を迎え、このたび(※2020年3月時点)世界累計出荷・ダウンロード販売本数が450万本を突破たしました。

『NieR:Automata』について

これは呪いか。それとも罰か。

『NieR:Automata』は、スクウェア・エニックスがプロデュース、プラチナゲームズが開発を手掛けるアクションRPGです。

舞台は、宇宙人が繰り出す「機械生命体」の圧倒的戦力を前に、人類が月へと敗走している遥か未来。プレイヤーは、新たに組織されたアンドロイド部隊「ヨルハ」所属の「2B」となり、地球奪還のための熾烈な戦いに身を投じることになります。

単なるエンターテインメント作品にとどまらない、さまざまな感情をかき立てる物語を、滑らかな 60fpsのオープンワールドで体験できる本作は、PlayStation 4*/Steam*/Xbox One**向けに好評販売中です。

※『NieR:Automata』及び『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』
※※『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition

商品情報『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』

タイトル: NieR:Automata Game of the YoRHa Edition(ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション)
対応機種: PlayStation 4/Steam
発売日: 2019年2月21日(木)-PS4版、2019年2月27日(水)-Steam版
価格: 4,800円+税
ジャンル: アクションRPG
プレイ人数: 1人
CERO: D(17才以上対象)
開発: PlatinumGames Inc.

商品情報『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』

タイトル: NieR:Automata BECOME AS GODS Edition(ニーア オートマタ ビカム アズ ゴッズ エディション)
対応機種: Xbox One(ダウンロード販売のみ)
発売日: 2018年6月26日(火)
価格: 4,800円+税
ジャンル: アクションRPG
プレイ人数: 1人
CERO: D(17才以上対象)
開発: PlatinumGames Inc.

・『NieR:Automata』公式サイト
・「NieR」10周年記念サイト
・「NieR」シリーズ公式ツイッター