正式タイトルは『NieR Replicant ver.1.22474487139...』

 『ニーア』シリーズの原点『ニーア レプリカント』が、PS4、Xbox One、Steamで発売されることが発表された。正式タイトルは『NieR Replicant ver.1.22474487139...』。

 スクウェア・エニックスの齊藤陽介氏いわく「リメイク、リマスターではなく、バージョンアップ」とのこと。開発はトイロジック(ニンテンドー3DS『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』などを担当』)。

 これは、『ニーア』シリーズ10周年を記念した10時間生放送内で発表されたもの(放送の詳細は下記の記事を参照)。

 放送内では、スクウェア・エニックスの齊藤陽介氏、進行・MCを担当する声優の安元洋貴さん、『ニーア レプリカント』から遊佐浩二さん、野中藍さんが登場。そのトーク内で『ニーア レプリカント』についても、新情報が明かされた。今回、放送内で明かされた内容を抜粋していく。

  • 齊藤陽介氏いわく、本作は「リメイク、リマスターではなくバージョンアップ」。タイトルは上記ロゴにあるように“1.22474487139...”が付く。
  • 池畑慎之介さんが声を担当された“白の書”は、池畑慎之介さんが芸能活動を休業されているため、今回は安元洋貴さんが担当。
  • オリジナル版からいろいろと要素が加わっている。
  • 今回はフルボイス。
  • 映像で公開されたのはコンセプトアート。
  • 違うエンディングがあるかもしれない? 齊藤陽介氏「俺もわかんない」。
  • 岡部啓一氏が全曲を収録し直し。新曲もある。
  • 花江夏樹さん、石川由依さん、あきやまかおるさんもちょい役がある?(石川由依さんは収録を終えたとのこと)

 また、スクウェア・エニックスから届いたリリース情報も下記に掲載する。

 『NieR Replicant ver.1.22474487139...』は、2010年4月に発売された『ニーア レプリカント』をベースとしたバージョンアップ作品。『ニーア オートマタ』の世界が形成されることとなった始まりの物語が描かれる。

 主人公は辺境の村に住む心優しい少年。不治の病“黒文病”にかかってしまった妹“ヨナ”を救うため、人の言葉を話す謎の書物“白の書”とともに、一握の希望である“失われた 言葉”を探す旅に出かける。

キャスト情報

主人公(少年):岡本信彦
主人公(青年):遊佐浩二
ヨナ:野中藍
白の書:安元洋貴
エミール:門脇舞以
※ほか順次公開
※フルボイス&再録にて制作中

商品情報

タイトル:NieR Replicant ver.1.22474487139...(ニーア レプリカント ver.1.22474487139...)
対応機種:プレイステーション4/Xbox One/Steam
発売日:未定
希望小売価格:未定
ジャンル:アクションRPG
CERO:審査予定
開発:株式会社トイロジック

※一部画像は映像をキャプチャーしたものです。