アクティブゲーミングメディアが運営する“PLAYISM”は、2020年2月13日に、Nintendo Switch、プレイステーション4およびPC(Steam)用ソフト『Everything(エブリシング)』の日本語版を配信開始すると発表した。なお、Nintendo Switch版は本日(2020年2月6日)よりあらかじめダウンロードがスタート。

以下、リリースを引用

何にでもなれるシミュレーションゲーム 『Everything(エブリシング)』 日本語版、Nintendo Switch、PlayStation4、Steam版 2月13日配信決定!

 株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイ アメストイ 本社:大阪市西区)が運営するインディーゲームパブリッシングブランド『PLAYISM』は、『Everything(エブリシング)』 日本語版の Nintendo Switch、PlayStation4、Steam版を2020年2月13日に配信開始することを発表いたします。

世界を魅了した実験作、待望の日本語化

 本作はアイルランド出身の映像クリエイター、デイビッド・オライリーが2017年4月21日にSteamで発売したタイトルです。ゲーム史上初のアカデミー賞ノミネート作品の候補にも挙がり、日本語化を切望されながら、長らく実現していなかった、この『Everything』を日本語でお届けできる日がようやくやってまいりました。

 前作『Mountain』は「山シミュレータ」という、インタラクティブアートに近いものでした。

 本作『Everything』では1次元の点から元素、微生物、動物、植物、岩、大地、そして宇宙に浮かぶ銀河までまさに「すべてのモノになれる」というゲーム性と、そのモノになった目線で世界を見るという唯一無二のゲーム体験から圧倒的評価を得ております。

 その『Everything』の日本語ローカライズをPLAYISMが対応し、すべてのユーザの皆様にお届けできることを嬉しく思います。Nintendo Switchでは本日2月6日よりあらかじめDLが開始しております。PlayStation4やSteamでは、2月13日の発売日まで少しお待ち下さい。

何にでもなれることで無限に広がる環世界を体験

 『あなたがいま、誰であろうと、何であろうと、どこにいようと、世界の中心で観測するのはあなた、これはそんなゲームです

 Everythingは、目に入る全てのモノ、動物、惑星、銀河から何から何までがプレイアブルキャラクターとなるインタラクティブな体験ツールのようなゲームです。この世界に存在する全てのモノは、それぞれ別の視点があります。

 Everythingはその世界を自動生成且つAIでシミュレートしているのです。あなたは外宇宙と内宇宙を行き来し、無限の広がりを持つ環世界を旅することになりますが、そこでは達成しなければならない目的やスコアなどはありません。

 歌をうたい、踊り、色々なモノと語らい、別のモノに姿を変えられるようになったあとは、位相間を移動し、世界の中にある世界の中にある世界、そしてその先までを体験しましょう。それとも、一切操作もせず、あなたが存在するこの世界に関する、終わりのないドキュメンタリーを見続けることも出来ます。

 哲学者アラン・ワッツのナレーションとBen Lukas Boysen作曲の楽曲に導かれ、Everythingはあなたの生命観に新しい視点を与えてくれるでしょう。

ゲーム概要

『Everything(エブリシング)』

※Nintendo Switchは2月6日からあらかじめDL及び購入が可能。Steam は同日に日本語追加アップデート予定。

  • 希望小売価格:1480円(税込)
  • プレイヤー数: 1人