全世界のゲームメディアが選ぶゲームアワード“The Game Awards 2019”が2019年12月12日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスにて開催。ここでは、同アワードにて発表された各賞をお届けする。

 2019年のもっともすぐれたタイトルに贈られるGame of The Yearに輝いたのは、フロム・ソフトウェアの『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。同作は、Best Action/Adventure Gameも受賞している。小島秀夫監督の『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』は、Best Game DirectionやBest Score/Music、Best Performance(マッツ・ミケルセン)などを受賞した。

 さらに日本タイトルでは、Best Fighting Gameを『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が、Best Strategy Gameを『ファイアーエムブレム 風花雪月』が、Best Action Gameを『デビル メイ クライ 5』が、Best Family Gameを『ルイージマンション3』がそれぞれ受賞している。

 あわせて、イベントで明らかにされた新作や新情報をまとめてお届けする。

ホストのジェフ・キーリー氏。
Best Action Gameのプレゼンターはノーマン・リーダスが務めた。かっこいい……。
会場にはリンゼイ・ワグナーさんも姿を見せていた。
イベントでは、CHVRCHESさんが『デス・ストランディング』のエンディング曲を歌い上げた。
(2019年12月18日14時45分:お名前の記載に誤りがありました。お詫びして修正します。
グリーン・デイがスペシャルライブを披露!で大盛りあがり。
Game of The Yearのプレゼンターを務めたのは『ワイルド・スピード』シリーズなどでおなじみのヴィン・ディーゼル。超豪華!

Best Score/Music

DEATH STRANDING(デス・ストランディング)

Best Fighting Game

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

Best Narrative

Disco Elysium

Best Esports Player

Kyle ‘Bugha’ Giersdorf (Immortals, フォートナイト)

Best Esports Playerを受賞した『フォートナイト』のKyle ‘Bugha’ Giersdorfさん。

Best Audio Design

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

Best Strategy Game

ファイアーエムブレム 風花雪月

Content Creator of the Year

Shroud - Michael Grzesiek

Best Art Direction

CONTROL(コントロール)

7部門にノミネートされたRemedy Entertainmentの『CONTROL(コントロール)』はBest Art Directionを受賞。

Best Action Game

デビル メイ クライ 5

Best Action Gameを受賞して本当にうれしそうだったカプコンの伊津野英昭氏。

Games for Impact

GRIS

話題の『GRIS』はGames for Impactに輝いた。

Best Family Game

ルイージマンション3

Best Sports/Racing Game

クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!

Best Mobile Game

Call of Duty: Mobile

Best Multiplayer Game

エーペックスレジェンズ

Best Ongoing Game

フォートナイト

『スター・ウォーズ』とのコラボが会場を沸かせた『フォートナイト』は、“The Game Awards 2019”でも大きな存在感を放った。

Best Esports Game

リーグ・オブ・レジェンド

Best VR/AR Game

Beat Saber

Best Performance

マッツ・ミケルセン(DEATH STRANDING)

Best Community Support

Destiny 2

Best Independent Game

Disco Elysium

Best RPG

Disco Elysium

Fresh Indie Game

ZA/UM (Disco Elysium)

Fresh Indie Gameなど4冠に輝いたオープンワールドRPGの『Disco Elysium』。日本語化を期待したいところ。

Best Game Direction

DEATH STRANDING(デス・ストランディング)

Best Action/Adventure Game

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

Game of The Year

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

受賞後のフロム・ソフトウェアの宮崎英高氏をパチリ。おめでとうございます!

宮崎英高氏(フロム・ソフトウェア ディレクター)コメント

 正直、いますごく驚いています。(ゲーム・オブ・ザ・イヤーを)まさか取れるとは思っていなかったし、結構尖ったシングルプレイのアクションゲームを作って、まさかこんなに大きな賞をもらえるなんて夢にも思っていなかったので、すごく感激しています。

 フロム・ソフトウェアのスタッフ、(海外でのパブリッシャーである)アクティビジョンのメンバーも、みんな真剣に作った結果だと思っているので、帰国してからまたみんなと喜びを分かち合いたいと思います。

 リリースしたのはもう結構前になりますが、またこういう「良かったね」といえる機会ができて、本当に良いプロジェクトだったなと。嬉しいです。

 これは日本のゲーマーの皆さんにお伝え頂きたいのですが、皆さんがすごく支援してくれたこと、遊んでくれて評価してくれた結果がこの賞だと思っているので、本当に感謝しています。次もまた面白いものを作ろうと思っていますし、それに向けて努力しますので、よろしくお願いします。

※一部の画像は配信番組をキャプチャーしたものです。

新作や新情報も続々発表

 The Game Awards 2019に合わせて発表された新作や新情報は以下の通り。