旅を彩るユニークな新ポケモンたち

 2019年11月15日に発売された『ポケットモンスター ソード・シールド』。新たな舞台・ガラル地方では、いままでに見たことのない新ポケモンたちがたくさん登場する。そんな新ポケモンの中から、ファミ通の編集者&ライターがお気に入りの新ポケモンを紹介。気になるポケモンがいたら、捕まえてみてほしい。

おすすめ記事

ストーリー攻略旅パにおすすめの新ポケモン8選 マックスレイドバトル入門講座マホイップなど特殊な進化条件を持つポケモンたち

ライター・竹内白州のお気に入り

 本作ではシンボルエンカウントシステムが採用されているため、初めて見るポケモンがいると「なんだあのポケモン!?」と気になって、こちらからぶつかりに行ってしまいます(笑)。

 見た目のインパクトが強いポケモンはとくに気になる! ということで、ユニークなすがたをしているポケモンたちをご紹介します。

タイレーツ

 8番道路で初めて出会ったとき、むしタイプのポケモンかと思ったのは僕だけではないはず(笑)。

 最初はおもしろい見た目に惹かれて仲間にしたけれど、徐々にそのかわいさに気付いていきます。

 バトルの待機中に足並みを揃えて足踏みしている姿や、やられてしまったときに目がぐるぐる回っちゃうところがめちゃくちゃかわいい! それでいて、バトルでも大活躍してくれる強さも兼ね備えているんです。タイレーツ、イチオシですよ!

マッギョ(ガラルのすがた)

 フィールドにどうぐが落ちていると思ったら、ビリリダマだった! というベテラントレーナーたちにはおなじみのギミックが、グラフィックの向上によって進化してしまいました……。

 確かに、「モンスターボールがすこし小さいな?」とは思いました。でも、まさかポケモンが擬態しているなんて思わないじゃないですか! えぇ、綺麗に引っかかりましたとも。

ホシガリス(ヨクバリス)

 きのみを集めていると、木の上から降ってくる。それまでに集めたきのみを持っていかれてしまうので、あまり出会いたくないというのがトレーナーとしての本音かも……?

 それでも、なんとなく憎めないんですよね。理由は……表情でしょうか(笑)。

 すごく個人的な感想なのですが、関西弁が似合うと思うんですよ(進化するとより似合う気がする)。「すまんな、もらってくで!」みたいな。憎めないのは、僕が関西人だからかもしれません。

編集者・ゆーみん17のお気に入り

 私が選んだのは、とにかくかわいくてかわいくて仕方がないポケモンたち。いっしょにキャンプをするだけで、ほんっっっと~に! 癒されるんです! 仕事が終わったらみんなといっしょにキャンプをするのを日課にしています。

 編集者にあるまじき語彙力不足を感じられるほど、かわいいしかいえないポケモンたち……。みてくださいこのかわいさを。そして、ぜひ仲間にして、いっしょにキャンプしてみてください!

タタッコ

 大きい頭とまるっこい手がかわいい。はじめてバトルをして、倒してしまった際に、動作と目が><ってなるのが超かわいくてひとめ惚れしました。

 図鑑を見ると、“3さいじ くらいの かしこさ。”って書いているんです。字面がかわいい。捕まえたときに、図鑑説明を見て衝撃を受けました。

いや、でもポケモン界の中では賢いほうなのかなぁ……? うーんかわいい。タタッコの生息地は9ばんどうろです。

><
^^

エレズン

 とにかくいっしょにキャンプしてみてほしいナンバーワン。遠くにいるエレズンを呼んだときに、こちらへよちよち歩いてくるかわいさといったら!! モニターの前で「がんばれー! もうちょっとよ!」と手拍子しています。おもちゃのボールを投げたら、一生懸命によちよちして取ってきてくれるので、申し訳ないんだけど、何回も投げちゃう。

 おむつを履いているような後姿もあまりにもプリティー。ママになった気分ですね。けっこうレベルを上げたのですが、かわいすぎて進化させられない……。5ばんどうろの預かり屋で譲ってもらえるので、気になった方はぜひに。 

ユキハミ

 つぶらなひとみがかわいらしいユキハミ。ユキハミも歩くのが遅くて、キャンプで呼んだ際にはちょこちょこと歩いてくるんですが、ずっと見ていられる。こういうキーホルダーほしいですよね。

 お口? がむにむに動くのもベリーキュート。ユキハミは8ばんどうろ(ゆけむりこみち)や10ばんどうろで出会えます。

マホミル

 初めて出会ったのは、バトルカフェの店員さんのお隣り。「なんだこのかわいいポケモンは!?」と思っていると、どうやら発売前から話題だったマホイップの進化前のすがただったようです。ぷるっぷるなボディーがおいしそう。少し変わった進化をするみたいです。

 私はいまでも進化させずに、プルプル具合を見つめています。触ってみたい!! マホミルには、4ばんどうろで出会えますよ。

かわいそうだけれど、怯えてる顔がかわいい。

テブリム

 色合いも、お顔もプリティーなテブリム。ルミナスメイズのもりで出会いました。こんなにかわいいお姿をしておきながら、図鑑説明が「あたまのフサで あいてを なぐり だまらせる。 プロボクサーさえ いっぱつ KOの はかいりょく」。私もこの最高な説明文に一瞬でKOされ、テブリムは見事“旅パ”入りしましたおめでとう。

 いっしょに旅をしていて、バトルでも活躍してくれました。進化後のすがたのブリムオンも非常に麗しく、これからもお世話になる所存です。

編集者・北口徒歩2分のお気に入り

 連れて行くなら、愛らしいポケモンがいい! ということで、旅パでもゆるい&かわいいやつらをおもにチョイス。新ポケモン、なんだか“ゆる系”が多くないですか?

ワタシラガ

 ヒメンカからレベルアップで進化。おばあちゃんになっちゃったよ! って感じですが、頭がデカくて、ゆらゆら揺れているのがかわいいくさタイプ。

 とくぼうとぼうぎょが高いのと、HPを回復する“こうごうせい”を覚えるので、ゴツゴツメットを持たせて、持久戦をやらせていました。高威力の“リーフストーム”を覚えるので、火力もいい感じ。

 ランクマッチのような対人戦では、攻撃を受けると自分以外すべてのポケモンのすばやさを下げる特性“わたげ”に可能性ありかも?

ポットデス

 ヤバチャに“われたポット”、もしくは“かけたポット”(ラテラルタウンの街中か、掘り出し物屋で入手)を使って進化。

 ティーカップからティーポットになってパワーアップ。でも相変わらず割れてるし、今度は底も抜けてる。そこは直したほうがいいのでは? と思うが、かわいいので許す。

 レベルアップで“まもる”を覚えるので、わざマシンで覚えられる“おにび”と併用して、じわじわダメージを与えるような戦いかたをしていました。しかし、とくこうが高いという能力的特徴と、特性の“くだけるよろい”(物理技でダメージを受けるとぼうぎょが下がり、すばやさがぐーんと上がる)にマッチしていたとは思えず。素直に“シャドーボール”を活かしたアタッカーをやってもらったほうがよかったかなあ。

 ゴーストタイプなので、ノーマルタイプ&かくとうタイプの技が無効なのがうれしいですね。

オーロンゲ

 ギモーからレベルアップで進化。伸びた髪の毛を全身に巻き付かせて筋力をアップさせているらしいです。なんでムキムキになる方向性を選んだんだろう。タイプはあくとフェアリーの複合。フェアリー要素あるか?

 見た目の通りこうげきの値が高く、“じゃれつく”や“ソウルクラッシュ(相手のとくこうを下げる効果を持つ)”でドラゴンタイプをバシバシ倒してくれました。僕はとくせい“おみとおし”のオーロンゲを使っていましたが、“いたずらごころ(変化技を先制で放てる効果)”のほうも育ててみたいですね。

 お気づきかと思いますが、こいつだけ“かわいい枠”じゃありません。

編集者・メタボIKEDAのお気に入り

 ガラル地方の冒険ではさまざまなポケモンたちと出会いますが、どれもユニークなものばかり。あえてピックアップするポケモンは大いに迷うところですが、とくに「ストレートなかわいさではないかもしれないけど、愛嬌があるなあ」と感じる3匹を挙げてみました。

ニャース(ガラルのすがた)

 なんだか佇まいが好きなのがニャース(ガラルのすがた)。ほかの地域に暮らすニャースとはずいぶん雰囲気が違いますが、それは戦闘的な海洋民族と暮らすうちに鍛えられ、体のあちこちが黒鉄に変化したからなのだとか。

とはいえ、はがねタイプになっているのは予想外!

たまらないモジャモジャ感。いまめちゃくちゃグッズが欲しいと思っている1匹です。

イシヘンジン

 『ポケモン ソード』の10ばんどうろの一部で、草むらの「!」マーク出現場所を探すとたまに遭遇できるイシヘンジン。図鑑によるとダイナミックな蹴り技が得意との記載が。

 そのせいなのか、ポケモンキャンプでおもちゃを使って遊んであげると、するどい蹴り(?)をくり出してきます。……それ、遊び!?(笑)

パッチルドン

 ラテラルタウンのポケモンセンターにいる男性や、ワイルドエリアの穴掘り兄弟などから入手できる“カセキの〇〇”というどうぐ。これを2種類以上を集めて6番どうろのウカッツに見せると、カセキ復元をしてくれます。ちなみに、カセキのトリ+カセキのクビナガをわたして復元されるのはパッチルドン。

 鼻水っぽいもの垂らしながらプルプルと震える姿がインパクト大です。カセキは組み合わせによって復元されるポケモンが変わるので、いろいろ試してください!