おすすめ“旅パ”をチェック

 2019年11月15日、待ちに待った『ポケットモンスター ソード・シールド』がついに発売! 世界中のポケモントレーナーたちが冒険に出発した。

 プレイすればすぐに実感することになるが、本作は序盤からとにかく新たなポケモンたちが続々と登場する。あまりの数の多さに、どのポケモンを旅の仲間にしようか目移りしてしまうほどだ。

 そこで本記事では、“冒険をよりスムーズに進められる”という観点から、筆者の独断と偏見によっておすすめのポケモンたちを紹介していく。

 なお、本作にはこれまでに発見されているポケモンたちも多数登場するが、あまりにもキリがなくなるので、ここではガラル地方にて新たに発見されたポケモンたちに絞って紹介することとする。

※記事の性質上、作品のネタバレとなる要素を大いに含みますのでご注意ください。

ストーリーで活躍してくれるガラル地方の新ポケモン8選

ココガラ

タイプ:ひこう
生息地:1番道路など

 最序盤から出会えるココガラはレベルアップによってアオガラス(ひこうタイプ)、そしてアーマーガア(ひこう・はがねタイプ)へと進化する。序盤から終盤までつねに活躍し続けてくれるので、とりあえず仲間にしておくといいだろう。

 攻撃面のステータスはそこまで高くないものの、“ついばむ”や“ドリルくちばし”といった比較的優秀なタイプ一致技を覚えるほか、“つめとぎ”で攻撃ランクを上げられる点が優秀。

後半に挑戦することとなるフェアリータイプのジムでは、弱点を突けるアーマーガアが大活躍!

クスネ

タイプ:あく
生息地:1番道路など

 進化後のフォクスライ(あくタイプ)ともども、野生ポケモンとのバトルから確実に離脱できる“にげあし”という特性を持っている。本作ではおもにワイルドエリアにて自身のポケモンたちよりもかなりレベルの離れたポケモンに出会ってしまうことがままあるため、この特性が活きる場面があるかもしれない。

 またバトルの面でも、攻撃・特攻のステータスこそそこまで高くないものの、“イカサマ”や“ふいうち”、“すてゼリフ”に“バークアウト”など、便利な効果を持つ技をいくつも覚えるため、器用な立ち回りが得意。

カムカメ

タイプ:みず
生息地:2番道路など

 物理系のステータスが優秀。進化形のカジリガメ(みず・いわタイプ)はみずタイプのジムリーダーであるルリナの主力ポケモンにもなっている。最初のポケモンにヒバニーを選んだ筆者はルリナのカジリガメにひどい目に合わされたが、そのぶん仲間にするとかなり心強いのでおすすめ。

ワンパチ

タイプ:でんき
生息地:2番道路など

 本作から新たに追加された特性“たまひろい”を持っており、捕獲に失敗したモンスターボールを拾ってくれる。“ほっぺすりすり”で相手をまひにできるので、野生のポケモンを捕まえる際に頼りになる。

 パルスワン(でんきタイプ)に進化すると、特性が“がんじょうあご”に変化。攻撃力も高まって、バトルでも大いに活躍できるようになる。

タンドン

タイプ:いわ
生息地:3番道路など

 進化形のトロッゴンおよびセキタンザンは、いわ・ほのおタイプに変化。ほのおタイプのポケモンに滅法強いので、ほのおタイプのジムリーダー・カブのいるエンジンシティでのジム戦までに育てておくと、かなり楽に勝てるようになる。

エレズン

タイプ:でんき・どく
生息地:7番道路など

 野生では後半以降での出現なのだが、最初のジムがあるターフタウンの先にある預かり屋さんでレベル1のエレズンがもらえる。

 最初のうちこそ頼りないが、レベル30でストリンダー(でんき・どくタイプ)に進化すると徐々に頭角を現し始める。ストリンダーの特性“パンクロック”は、自身の使う音技の威力が上がり、受ける音技のダメージは半分になるというもの。

 でんきタイプの音技“オーバードライブ”を覚えるレベル44からがこのポケモンの真骨頂。やや遅咲きではあるが、それを補って余りある強さがある。さらに、この“オーバードライブ”は相手全体を攻撃する技。ストーリー終盤ではダブルバトルを行うことが多々あるので、そこでも大いに活躍してくれる。

タイレーツ

タイプ:かくとう
生息地:8番道路など

 バトルから逃げたり交代したりできなくなる代わりに、すべての能力が1段階ずつ上がるというユニークな技“はいすいのじん”を覚える。ジム戦などでは、“はいすいのじん”を使ってからダイマックスして“ダイナックル(※)”で攻撃しているだけで大暴れできることも。

※かくとうタイプのダイマックスワザ。相手にダメージを与えつつ、自分や味方の攻撃を1段階上昇させる。

見た目のおもしろさに惹かれて仲間にしたのだが、おもしろいだけでなくめちゃくちゃ強かった。

バリヤード(ガラルのすがた)

タイプ:こおり・エスパー
生息地:10番道路など

 かなり終盤の登場だが、ここからでもこおり・エスパーというタイプは活躍の機会が多い(かくとうタイプのジムリーダー・サイトウがいる『ポケモン ソード』ではとくに)。バリコオル(こおり・エスパータイプ)へと進化することで特攻のステータスが高まるうえ、“さいみんじゅつ”や“ミラーコート”などの絡め手も扱える器用さも合せ持つ。

特別なポケモンといっしょに旅しよう!

 2019年11月15日(金)~2020年1月15日(水)の期間中、ふしぎなおくりものの“インターネットでうけとる”を選択すると、キョダイマックスできる特別なニャースがもらえる。忘れないうちに受け取っておこう。

ここで受け取れるニャースの特性は“ものひろい”。手持ちに入れておくだけで役に立つどうぐを拾ってきてくれる可能性がある、お得な特性だ。

 ワイルドエリア駅に着いたら、キョダイマックスできる特別なピカチュウとイーブイを仲間にするチャンス! 『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』のプレイ記録があるNintendo Switchならピカチュウを、『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』のプレイ記録があるNintendo Switchならイーブイを受け取ることができる。

 さて、ここまでオススメしてきてこんなことを言うのもなんだが、本記事の内容はあくまでも参考程度にとどめて欲しい。“どのポケモンを手持ちに入れるかで悩む”という行為もまた、『ポケットモンスター』というゲームの醍醐味のひとつだと思うから。

 本記事が、楽しく悩むための一助になっていたら幸いです。