特殊な進化をする新ポケモンたち

 2019年11月15日、『ポケットモンスター ソード・シールド』が発売された。本作から新たに登場するポケモンたちが多数発見されており、つねに新たな出会いにワクワクしながら冒険を楽しめる。

 さて、成長を重ねると進化して姿を変えるのがポケモンのおもしろいところのひとつだが、進化をするタイミングはポケモンによって異なる。多くのポケモンは特定のレベルに達することで進化するが、中には特殊な進化条件を持つポケモンたちもいる。

 そこで本記事では、本作において序盤で仲間にできるポケモンたちを中心に、その特殊な進化方法について紹介していく。

ストーリー攻略情報はこちらをチェック

マホミル→マホイップ

 マホミルをマホイップに進化させるには、まず手持ちのマホミルに“○○アメざいく”を持たせる。そしてフィールド上でスティックをぐるぐると回し続け、主人公がクルクルとスピンを決めると、直後に進化する。

 このとき持たせたアメざいくの種類と、スティックを回し続けた時間によって進化後のマホイップのすがたが変化するようだ。なお、進化に必要なアメざいくは、エンジンシティ、ナックルシティ、シュートシティにあるバトルカフェにてバトルに勝利すると報酬としてもらえることがある。

ヤバチャ→ポットデス

 ヤバチャをポットデスに進化させるには、“われたポット”もしくは“かけたポット”を使う必要がある。これらはほりだしもの市に出品されることがあるほか、ラテラルタウンの街中では“われたポット”を入手可能だ。出品されるほりだしものは日替わりなので、毎日チェックしておこう。

カジッチュ→アップリュー・タルップル

 ヤバチャと同様に特定のどうぐによって進化するが、カジッチュは使うどうぐによって進化先が異なるポケモンだ。“すっぱいりんご”を使うとアップリューに、“あまーいりんご”を使うとタルップルに進化する。

 ナックルシティの6番道路側出入口付近にいる男性にカジッチュを見せると、『ポケモン ソード』では“すっぱいりんご”が、『ポケモン シールド』では“あまーいりんご”がもらえる。

進化に必要なりんごはワイルドエリアでも手に入れられる。

本作でもやっぱり特殊! これまでに発見されているポケモンたちの進化方法

マーイーカ→カラマネロ

 特殊進化の代表格のような存在。『ポケモン X・Y』で初登場したマーイーカの進化方法は、レベル30以上でかつ、ニンテンドー3DS本体を上下逆さまにした状態でレベルアップを行なうというものだった。

 本作でも、やはりニンテンドースイッチ本体を逆さまにする必要があるようだ。ただ筆者が確認した限りでは、携帯モードでの進化には成功したものの、TVモードでは進化させられなかった。TVモードでは進化させられないのか、やりかたが異なるのかは今のところ不明。

ドテッコツ→ローブシン

 こちらは逆に、王道とも言える特殊進化方法。通信交換を行なうことで、交換先のプレイヤーのもとで進化する。ほかにも、ゴーリキーやゴーストなどがおなじ方法で進化できる。

 なお、特定のどうぐを持たせて交換することが進化の条件になっているポケモンも複数存在している。たとえば、イワークにメタルコートを持たせて交換するとハガネールに、サイドンにプロテクターを持たせて交換するとドサイドンに進化する。

ロコン→キュウコン

 こちらも通信交換と同様に『ポケモン 赤・緑』のころから存在する進化方法。“ほのおのいし”や“かみなりのいし”といったどうぐを使うことで進化する。

ロコンは“ほのおのいし”を使うことでキュウコンに進化する。

 なお、進化に必要な石はワイルドエリアのハシノマ原っぱにいる穴掘り兄弟に500Wを支払うことで拾ってきてくれることがある。 

バルキー→エビワラー・サワムラー・カポエラー

 バルキーは、レベル20に上がったときの能力の高さによって進化先が3種類に分かれるユニークなポケモン。“ぼうぎょ”よりも“こうげき”のほうが高ければサワムラーに、“こうげき”よりも“ぼうぎょ”のほうかが高ければエビワラーに、“こうげき”と“ぼうぎょ”の高さが同じならカポエラーに進化する。

このバルキーは“こうげき”よりも“ぼうぎょ”のほうが高いので……。
エビワラーに進化した。

 バルキーを狙い通りに進化させたい場合は、“こうげき”のきそポイントを上げるタウリンか、“ぼうぎょ”のきそポイントを上げるブロムヘキシンを使うといいが、ストーリー序盤での入手が難しい。とはいえ、捕まえた時点での能力の高さを確認すれば、ある程度は進化先を想定することはできるだろう。

ヤンチャム→ゴロンダ

 ヤンチャムはレベル32以上でかつ、手持ちにあくタイプを持つポケモンを入れてレベルアップすることで進化する。

ヤンチャムといっしょに、あく・フェアリータイプのギモーを手持ちに入れてレベルアップさせると……。

 もともとはかくとうタイプだけを持っていたヤンチャムが、周囲のポケモンたちに影響されて新たにあくタイプを持つと想像すると、とてもおもしろい進化のしかただ。

 このように、進化の条件をただのゲームシステムだと思わずにそのバックボーンを想像すると、ポケモンの世界により深く入り込めるだろう。

 また、マーイーカのように「そんなのわからないよ!」と言いたくなる進化条件を持っているポケモンも、まれに存在している。レベルをひたすら上げてもなかなか進化しないポケモンがいたら、頭をやわらかくして図鑑説明や覚える技などとにらめっこすると答えが見つかるかも……? いや、それでも本体をひっくり返すなんて、なかなか思いつかないけれども。