FPSジャンルを確立した金字塔『DOOM』シリーズの最新作である、『DOOM Eternal』のプレイステーション4/Xbox One/PC版の海外発売日が2020年3月20日に延期されることが発表された。

 なお国内版は12月5日発売とされていたが、新たな発売日は今後改めて発表される。またNintendo Switch版の発売日は上記プラットフォームでの発売以降になる見込み。

 告知文では延期について、「より高品質かつスピード感あふれる最高のゲーム体験を提供するため」と、クオリティアップを理由としている。

 E3でのプレイリポートでもお伝えした通り、『DOOM Eternal』は2016年版『DOOM』の作りをベースにしつつも、マップを高機動に動き回ってヘルス(体力)・弾薬・アーマーの3種類のリソースを回収しながら戦う、よりアクションと戦術が深く結びついた内容。今回の延期を契機に一層の磨き上げを期待したい。

 そして延期の発表に合わせて、他プレイヤーのゲームにデーモン(敵)として乱入できる“侵入モード”が発売後に配信される無料アップデートでの対応となったほか、全プラットフォームで旧作『DOOM 64』が予約特典として追加に。

 1997年にNINTENDO64向けに発売された『DOOM 64』については海外でNintendo Switchへの移植が発表されていたが、今回プレイステーション4/Xbox One/PC版も明かされた形となる。単独での発売も行われ、海外での発売日は全プラットフォームで『DOOM Eternal』と同日の2020年3月20日となっている。

同日発売の『DOOM 64』の現行機版が新たな予約特典として追加(画像はSwitch版のもの)。