2019年9月12日~15日(12日、13日はビジネスデイ)、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2019。本日9月12日(木)にカプコンブースで行われた『バイオハザード』の世界を舞台にした非対称対戦サバイバルホラー『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』のスペシャルステージで発表された新情報をまとめてお届けする。

ファミ通.com”TGS 2019情報まとめ“特設サイト
『プロジェクト レジスタンス』はオンライン対戦型のゲーム。
マスターマインド1人とサバイバー4人にわかれて対戦を行うのがオンラインモードの特徴だ。

『プロジェクト レジスタンス』にはオフラインのキャンペーンモードも存在

 本作は『バイオハザード7 レジデント イービル』や『バイオハザード RE:2』で使用された“RE ENGINE”をさらに進化させて開発を進めているそうだ。また、台湾のゲーム開発会社・NeoBards Entertainmentとの共同開発であることも明らかになった。

 現時点では非対称対戦サバイバルホラーとなるオンラインモードのみが公開されているが、ステージに登壇した川田将央プロデューサーによると、本作には『バイオハザード』ファンが期待するようなオフラインのキャンペーンモードも存在するという。

 ステージでは、このほかにも登場キャラクターやサバイバー&マスターマインド、ゲームシステムなどが改めて紹介された。ファミ通.comではプレイインプレッションやプレイ動画で作品の魅力を紹介しているので、興味がある人はチェックしてほしい。