2019年9月12日~15日の期間(12、13日はビジネスデイ)、千葉県・幕張メッセにて行われている東京ゲームショウ2019。カプコンブースでは『バイオハザード』の世界を舞台にした“非対称対戦サバイバルホラー”『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』が発表された。プレイヤーは、状況を操り策略を巡らすマスターマインド、仲間と協力して活路を開くサバイバーというパートに分かれての対戦が特徴。

 まずは開発の際に制作されたイメージボード数点を公開する。舞台はラクーンシティで、さまざまなシークエンスを検討したことがうかがえるだろう。さらに、本作は東京ゲームショウ2019にも出展されるので、本作のゲーム概要に加えて各パートの操作方法などを紹介する。テスターに当選した方はもちろん、興味あるの方は皆さんは、ぜひ一読してほしい。なお、この作品は“ワーキングタイトル”の位置づけとされており発売は未確定。タイトル名も仮称と考えてよいだろう。今後の続報にも注目したい。

・ファミ通.com”TGS 2019情報まとめ“特設サイト

本作のイメージボード

ひとりvs4人の非対称対戦形式

 本作はマスターマインド側がひとり、サバイバー側が4人という対戦形式になっている。1ステージは3エリアで構成されていて、マスターマインドがエリア内につぎつぎトラップを仕掛けていくのに対し、4人のサバイバーたちはマスターマインドのトラップをかいくぐり脱出するというのが目的だ。

 画面中央上部にはタイムカウントが表示されており、このタイムがゼロとなる前にエリアを脱出できればサバイバー側の勝利。タイムカウントをゼロにしてサバイバーの脱出の妨害に成功すれば、マスターマインド側の勝利となる。

 タイムカウントは時間経過とともに減っていくが、プレイ内容で増減する。たとえばマスターマインド側は、サバイバーを攻撃することで残りタイムを減らせ、サバイバー側はキーアイテムの入手やクリーチャーの撃退などで残りタイムがプラスされる。各自の行動により、タイムカウントがつねに変動する仕組みだ。

“オーバータイム”は、いわゆるロスタイムのようなもの。マスターマインドの勝利が目前でもある目安だ。

 ここからは、マスターマインド側、サバイバー側それぞれの進めかたを解説していこう。

マスターマインド

 マスターマインドとは、秘密裏に拉致された若者たちを極限状況下に置き、“恐怖”への対処や行動など、さまざまなデータを採取する存在。マスターマインドは、エリアの各所に設置されている監視カメラを通してサバイバーの状況を把握したりトラップを設置できる。サバイバー側に監視カメラの機能を妨害される場合もあり、そのときは妨害された監視カメラを使用できない。

 トラップを設置するときには、画面下部に表示されているカードのようなものに注目してほしい。ここには4つのトラップが表示され、この中から自由に選んで監視カメラで視認できる範囲内に設置が可能。トラップは使うごとに、新しいものが補充されていく。また、トラップにはコストがあり、強力なトラップほど高コストになる。画面左下の赤い数字が現在のコストで、ゼロになるとトラップが設置不可に。とはいえ、コストは時間経過でどんどん回復していくので、よほどの高コストトラップを置きまくらない限り、つねに何かしらのトラップは設置できるという印象だ。

 トラップの設置はリアルタイムで行っていくので、サバイバーたちの目の前にゾンビを配置して襲わせることも。この場合、サバイバー側の視点では、急にゾンビが目の前に現れて襲い掛かってくることになる。

 トラップにはゾンビやゾンビ犬、リッカーなどの配置に加え、トラバサミでサバイバーの動きを拘束したり、閃光弾のようなものでサバイバーの視界を奪うほか、監視カメラに機関銃を設置して攻撃するなど数多く存在する。さらに、配置したゾンビの精神をマスターマインドが支配し、直接操ることも可能。支配されたゾンビは眼が赤く光り、通常とは比較にならない動きでサバイバーを攻撃できる。

 そして、マスターマインドの切り札とも言えるのがタイラントだ。タイラントは、マスターマインドが直接操作できるクリーチャーで、ほぼ無敵といっても過言ではない強さ。サバイバーを一撃で死にいたらしめるアイアンクローやダッシュしてからの殴りなど、サバイバーを追い込みつぎつぎと仕留めていく快感に笑いが止まらなくなるはず。ただし、タイラントは行動時間が決まっている。一定時間が経過するとタイラントは行動を停止して動かなくなるので、ここぞというタイミングで効果的に使っていこう。

サバイバー4人がかりでも足止めすら困難! サバイバー側は逃げまくるのが正解か?

 これらのトラップを、エリア内にいるサバイバーの位置を確認しながら効果的に使い、タイムカウントをゼロにするのがマスターマインド側が勝利する条件となる。

『プロジェクト レジスタンス』マスターマインド側プレイ動画

サバイバー

 アンブレラ社に連れ去られてきた、さまざまな境遇の若者たち。見知らぬエリアで意識を取り戻した後、そこから脱出するのが目的となる。まずは、プレイヤーが操作する4人のキャラクターと操作方法を紹介。ちなみに、プレイ時は同じキャラクターは選択できない。早い者勝ちで決めるか、プレイヤーどうしで相談して決めよう。

Samuel Jordan
サミュエル・ジョーダン(アタッカー/通称:サム)

  • パーソナルスキル:ダッシュパンチ……付近にいる敵にダッシュしてパンチをくり出す。
  • フィーバースキル:鋼の拳……敵にボクシング仕込みのワンツー攻撃をくり出せる。ただし、このスキルが発動中は素手による攻撃しかできない。

 将来を嘱望されたボクサーだったが、試合中に引退せざるを得ないほどの重傷を負ってしまう。その入院中に治験中の薬品が自分をリングに戻してくれるかもしれないと聞いた彼は、新薬の被験者に志願した。しかしそれを最後に消息を絶つ――。体力に優れ近接戦、とくに拳による格闘戦を得意とする。

January Van Sant
ジャニアリー・ヴァン・サント(ハッカー/通称:ジャン)

  • パーソナルスキル:オーバーロード……干渉装置を使って監視カメラを無効化し、マスターマインドの行動を妨害できる。
  • フィーバースキル:EMP……EMPで監視カメラの機能を弱め、マスターマインドの行動を妨害できる。

 優秀なハッカーである彼女は仲間へ情報を提供したり、調査依頼を受けたりしている。タブロイド紙の依頼でアンブレラ社と癒着したラクーン警察の違法事実を調査していたが、調査結果を誰にも渡すことなく姿を消した――。カメラをハッキングし、監視を妨害する事が可能だ。

Valerie Harmon
ヴァレリー・ハーモン(サポート)

  • パーソナルスキル:生存本能……仲間が見つけやすいよう、付近のアイテムや脅威を強調表示することができる。
  • フィーバースキル:スプレーヒーリング……効果時間限定の救急スプレーを使い、付近の仲間を治療したり強化を与えたりできる。

 ラクーンシティでの就学中、優秀な成績からアンブレラ社の研究施設“NEST2”でのインターンが決まった彼女だったが、ルームメイトが記憶障害を発症し、その原因を調査し始めた矢先に拉致されてしまう――。優秀な化学研究者である彼女は仲間の体力回復を得意とする。

Tyrone Henry
タイローン・ヘンリー(タンク)

  • パーソナルスキル:突き蹴り……強力なキックで目の前の敵を攻撃できる。
  • フィーバースキル:サバイバル・エール……仲間の士気を上げ、一定時間のあいだ受けるダメージを軽減する。

 ラクーン消防局の一員だった彼は若くして消防司令補に抜擢されていた。アンブレラ社工場の火災現場へ入っていったのを最後に連絡を断った。遺体が発見されていないにも関わらず、市の消防局は殉職として処理している――。タイローンは防御力が高く、近接戦に優れる。

操作解説

  • L2ボタン・・・武器を構える
  • R2ボタン・・・(構え後)攻撃
  • R1ボタン長押し・・・パーソナルスキル発動
  • L1+R1ボタン・・・フィーバースキル発動
  • △ボタン・・・アイテム画面を開く
  • □ボタン・・・リロード
  • 〇ボタン・・・インタラクト、決定
  • ×ボタン・・・キャンセル
  • 左スティック・・・移動
  • 右スティック・・・カメラ操作
  • +字キー・・・ショートカット使用
  • タッチパッド・・・マップ画面を開く

※本記事では、プレイステーション4版の操作で解説しています。

協力プレイが生還のカギ!

 サバイバー側のプレイでもっとも重要なのが“協力”だ。マスターマインドはリアルタイムでトラップを仕掛けてくるので、単独で行動していると思わぬトラップに対処できない場合もある。協力してクリーチャーを倒すのはもちろん、仲間の体力を回復させることもできる。また、サバイバーは瀕死になると這いずり状態でしか移動できなくなる。仲間が助けることで瀕死状態から回復できるが、瀕死状態で一定時間経過するとリスポーンとなり、残りタイムが大きく減らされる。脱出が困難になるので、可能な限り助け合える距離を維持しながら行動しよう。

 各エリアの最後の扉を開けるには、エリア内に隠されているキーアイテムをすべて発見する必要がある。キーアイテムの種類や場所はプレイごとに変化するため、ヴァレリーのパーソナルスキル“生存本能”を使うなど協力しながら見つけていこう。マップ画面にはキーポイントや仲間の位置が表示されるので、マップ画面は常時表示した状態のほうが状況を把握しやすい。なお、マップは画面が切り替わるのではなくHUD状に表示されるため、マップを開いたままでもプレイヤーキャラクターの周囲が見えなくなるということはない。

 マスターマインド側はサバイバーの行動を監視しながらトラップを仕掛けられるので、つねに不利な状況という意識をもって仲間と連携していこう。状況によって単独行動を余儀なくされる場合もあるが、そのときもマップで仲間の位置をお互い確認したり声を掛け合うことがだいじだ。無事に生還できるかどうかは、サバイバー4人の仲間意識にかかっている!

『プロジェクト レジスタンス』サバイバー側プレイ動画

マスターマインドは手のひらで転がしている感が楽しく、サバイバーは協力プレイが盛り上がりまくり!

 筆者がプレイしていちばん衝撃を受けたのは、マスターマインド側のプレイ。やることが多くて難しそうな先入観があったが、実際は自由度が高くとっつきやすいです。トラップを仕掛けるだけでサバイバー側がオロオロしたりパニックになるのを見て、思わずニヤリ。キーアイテムがある部屋にゾンビを大量に設置するなど、意地悪な考えを巡らせるのが楽しいですね。極めつけは、マスターマインドみずからが操作するタイラント! 圧倒的な力でサバイバーを蹴散らす快感に、笑いが止まりません。

 対してサバイバー側は『バイオハザード アウトブレイク』を彷彿させる協力型の遊びで、マスターマインドの思考を読みつつ脱出を図ることに。サバイバー側をプレイするときは、ファミ通編集部のででおと俺でサミュエルとタイローンを選択。ふたりでガンガン突き進むという、いわゆる脳筋プレイをしていました。それが原因なのか(※原因です)、なかなか脱出できずマスターマインドにやられっぱなし(いっしょにプレイした方、すみません)。何回か挑戦した結果、協力プレイなくして脱出は不可能と判断。徐々にサバイバー4人の連係が取れてきて、ついに脱出に成功したときは4人総立ちで大喜びでした。この達成感はプレイした人にしかわからないはず! ぜひサバイバー側でプレイするときは脱出を成功させ、この達成感を感じてみてください!

クローズドβテスト開催決定!

 本作のクローズドβテストが、以下の日程で行われることが決定した。TGS2019には行けない人や、テストプレイヤー抽選に外れてしまったという人は、ぜひ応募してみよう。

応募受付期間

2019年9月12日10時~19日0時まで

開催日時

2019年10月4日16時~7日16時まで(JST)

※クローズドβテストは、プレイステーション4、Xbox Oneで行われます。