追加ヒーローなどのアップデート予定も発表

 現地時間2019年8月21日〜24日に、ドイツ・ケルンで開催された、ヨーロッパ最大級のゲームショウ“gamescom 2019”。このイベント内で、スクウェア・エニックスから2020年5月15日に発売予定の『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』(対応機種はPS4、Xbox One、Stadia、PC)のメディア向けプレゼンテーションが開催された。本記事では、そのプレゼンテーションの模様をお届けする。なお、プレゼンでは、前半に本作の試遊の機会もあった。その試遊版のレビューについてはこちらの記事をチェックしてほしい。

 本作の開発は、近年の『トゥームレイダー』シリーズを手掛けるクリスタル・ダイナミクスとアイドス・モントリオールが担当。プレゼンもクリスタル・ダイナミクスのスタジオヘッド、スコット・エイモス氏みずから説明してくれた。

 アベンジャーズは言わずもがな、世界中で有名なフランチャイズであり、キャラクター群だ。そのアベンジャーズを生み出したマーベルには80年の歴史があるが、ここ10年であまりマーベルに詳しくなかった層をもファンとして取り込み、さらにそういったライトユーザーと言うべきファンがどういうものを望んでいるかを把握している。まさに“本物”と言える存在。開発者のスコット・エイモス氏は、マーベルのことをそう語る。

 そして、本作のプロジェクトが動き始めたとき、スコット・エイモス氏はマーベルから新たなチャレンジへ向けて、つぎの言葉を贈られたという。「君たちが作るゲームには、新たな見た目、新たなパワー、新たなストーリーを盛り込むといい」。

 上記の記事でお届けしたように、今回のプレゼンの前に記者は本作のチュートリアルをプレイさせてもらった(スコット・エイモス氏いわく「アベンジャーズらしいシネマティック・コンバットだけでなく、新しい部分も感じてもらえるようにした」)。そのチュートリアルで描かれたストーリーは、A-Dayの最中、突如、マーベルのヴィランでおなじみ“タスクマスター”率いる部隊が出現。アベンジャーズは敵を返り討ちにするも、空母ヘリキャリアとサンフランシスコのほぼ全域が破壊され、さらにはキャプテン・アメリカが行方不明になってしまい、世間からアベンジャーズの責任を問う声が浴びせられる……というものだ。

 このチュートリアルの後、ゲームでは一気に5年の時が過ぎ、ワールドマップからミッションを選択する形式になる。選択肢は一気に増え、なかには高難度のミッションも登場。そういったミッションを達成していくため、プレイヤーは、アベンジャーズたちを再集結させ、ヒーローたちをより強化していく必要がある。

 A-Dayから5年後、アベンジャーズの代わりに、世界の平和を保つ主導権を握っているのは、新しい組織“AIM (Advanced Idea Mechanics)”だった。彼らは科学が世界を救ったとし、アンドロイドAIがスーパーヒーローに取って代わり社会を監視している。AIによる軍団は、敵の脅威から平和を守っているものの、一方で、このまま“AIM”の進化が進めば、彼らが目指す科学によって支配されたユートピアとなり、さらには、いままで地球が直面したことのない脅威にさらされることになるという。プレイヤーは、そんな最悪の状態になる前にアベンジャーズを再集結させ、AIMの野望を止めることが目標となる。

AIMのビル。

 このストーリーラインはゲーム用に作ったオリジナルのものであり、設定なども独自のものになっているという。その大きな違いのひとつが、アイアンマンことトニー・スターク。彼は5年前の事件をきっかけに財産、テクノロジー、ガジェット、すべてを失い、いまでは髪も伸ばしっぱなしのような状況に。あらゆる面で完璧だった男が、いまは何もできない状態で引きこもっているという。

 そのほかのアベンジャーズメンバーを説明すると、ブルース・バナー(ハルク)は、A-Dayでの責任を感じ、アベンジャーズはスーパーヒーローなのか、ただの自警団にすぎないのか、アベンジャーズという存在に疑問を持つように。ブラック・ウィドウはキャプテン・アメリカを失った罪悪感から元の孤独な生活に逆戻り。ソーもアベンジャーズ全員を落胆させたのは自分の責任だと感じ、大人しく過ごしているという。そしてキャプテン・アメリカは、5年前の事件でヘリキャリアとともに落下して、行方不明に。

 このようにオリジナルの設定になってはいるが、ヒーローそれぞれが悩みを抱え、簡単に一丸にならないという点などは、映画『アベンジャーズ』に近いと言えるだろう。ただし、映画と異なるのは、プレイヤーがアベンジャーズに本来の実力を取り戻させ、世界だけでなく、アベンジャーズすらも救わなくてはいけないという点だ。

ミッションは2種類

 本作に登場するミッションは、ヒーローミッションとウォーゾーン・ミッションの2種類。プレイヤーは新たなヘリキャリアをハブとし、ミッションを選んでゲームを進めていく。ヒーローミッションは特定のヒーローを選んで挑む、シングルプレイ専用のメインキャンペーン。このヒーローミッションをクリアーしていくと、新たなミッションが開放されていく。ヒーローミッションは、各ヒーローの特性に合わせた内容になっており、ヒーローごとのストーリーも堪能できるという。

 一方、ウォーゾーン・ミッションは、アンロックしたヒーローならば誰でも挑めるもの。シングルだけでなく、最大4人の協力プレイでも挑戦可能。チュートリアルでも体験できたように、ミッション内容もさまざまなタイプのゲームが堪能できるようにバラエティーに溢れており、敵と戦うだけでなく、キャンペーンとは異なるサイドストーリーも楽しめるようになっているそうだ。クリアーすれば選べるミッションが増えるほか、カスタマイズ時に使うポイントなども獲得できる。なお、カスタマイズした容姿(コスチューム)、能力は、ヒーローミッション、ウォーゾーン・ミッションどちらにも適用されるとのこと。

 ミッションを選択できるワールドはアメリカ南西部といった複数のリージョンに分けられていて、ヒーローミッションをクリアーしていくと、新たなリージョンが開放されていくというシステム。

カスタマイズ要素もたっぷり

 本作ではヒーローたちのカスタマイズが可能。カスタマイズ要素の代表的な例が、ヒーローたちのコスチュームだ。コスチュームは、マーベル80年の歴史があるため、モチーフとなる資料は膨大にあり、ゲーム内でも非常に多くのコスチュームを入れているという。ただし、マーベル作品でこれまでに登場したものだけでなく、各キャラクターに合わせた、ゲームならではの新しい衣装も用意されているとのこと。また、コスチュームはミッションの進行度に応じて増加するほか、アップデートでの追加なども検討しているそうだ。ちなみに、コスチューム自体は、各キャラクターのパラメーター、スキルなどには影響しない。

 ミッション内では、ヒーローが装備するギアが手に入ることがある。ギアはヒーローごとに異なるほか、エピック、レジェンダリーといったレアリティーもあるため、よりレア度の高いギアを求めて何度もミッションに挑むことになりそうだ。スコット・エイモス氏いわく、まだ開発段階ではあるが、ギアにはパーク(スキル)があり、このパークによってプレイヤーごとの異なるプレイスタイルを作り出せるようになる予定とのこと。もちろん、レアなギアほど、いいパーク、多くのパークが入っているそうで、レアなギア、レアなパークを求めれば、非常に長く楽しめるのかもしれない。

 なお、ギアにはブランド名がついた特別なものがあり、たとえば“スターク・インダストリーズ”ブランドのギアならば、テクノロジーのスペシャルボーナスなどがつくという。ただし、ギアの中でもとくにレア度の高いギアは、ヒーローをレベルアップ、パワーアップさせて挑むような高難度ミッション、ボス戦じゃないと手に入らない。

 各ヒーローは、溜まったスキルポイントを使ってスキルツリーから好きなアビリティや、新たなアクションを選択して獲得・レベルアップが可能。スキルツリーはヒーローごとに異なるものになっており、たとえば、アイアンマンのスキルツリーにあるのはリパルサー、レーザー、ロケットなど。この3つを開放すれば、攻撃方法を随時切り換えながら、もしくはそれらをコンボでつなぎながら戦えるようになる。

 スキルの中には、ヒロイックスというヒーローごとに異なる特殊スキルがある。アイアンマンの胸から出るビーム“ユニ・ビーム”や、ハルクの“サンダー・クラップ”などのその例。この“ヒロイックス”にもスキルツリーがあり、獲得・レベルアップが可能だ。

 本作は発売後も、ストーリーなどの追加アップデートを予定。ヒーローや選べるリージョンも追加される予定で、現状の想定しているアップデートはすべて無料になるそうだ。そのほか、気になるCo-opマルチプレイについては、来年の早い時期に発表予定で、またPS4先行でベータテストも行う予定だという。

 プレゼンのラストには、わずかながらQ&Aの時間が設けられた。その中でも気になる部分をピックアップしてお届けしよう。

Q:Co-opマルチプレイでは、複数人で同じヒーローを選ぶことはできますか?
A:同じヒーローは選択できません。ハルクは複数同時にいませんから。マルチプレイをする場合は、ヒーローそれぞれの長所短所を考えながらバランスを取るといいと思います。

Q:キャンペーンで選べるミッションの内容をもう少し詳しくお聞きできますか。
A:広大なワールドではあちこちを探索していろいろなものにチャレンジできます。あるミッションでは特定のヒーロー専用の“ウィドウ・ミッション”、“アイアンマン・ミッション”などがあるため、ヒーローは満遍なく強化させてチャレンジさせたほうがいいでしょう。

Q:ヒーロー、リージョンの追加以外のアップデートの予定は?
A:私たちがこれまで作ってきた『トゥームレイダー』が、ひとりのヒーローを擁するゲームだと考えてもらえれば、それが複数ヒーローではどうなるのか。想像してみてください。