平成最後の年末年始を美人コスプレイヤーとともに過ごしたい!という皆様のためにお届けする7日間連続のSP企画“ゆくコスくるコス”。最終日を飾るのは、“コミケ95”にも参加のくろねこさん。

 “東京ゲームショウ”の企業ブースや、最新ゲームのリリース記念イベントなど、近年のゲーム関連イベントでは、人気キャラクターに扮して会場を盛り上げる公式コスプレイヤーの存在が大きく注目されている。そこでファミ通.comでは、各種ゲーム関連イベントを取材して見つけた、ハイレベルな美人コスプレイヤーにクローズアップ! 彼女たちの撮りおろし写真&インタビューを、全7回の年越し連載企画として順次アップしていく。

[関連記事]

 第7弾となるこちらの記事では、“コミックマーケット95”(2018年12月29日~31日、東京ビッグサイトにて開催)にも参加し、会場を沸かせた人気コスプレイヤー・くろねこさんに直撃インタビューを実施。コスプレへのこだわりや、ゲームに関するエピソードをたっぷり語ってもらった。

7日連続企画最終日のゲストはくろねこ(@kuroneko_cos)さん!

『#コンパス』輝龍院きららのコスプレを初披露!

――今回、コスプレをされたキャラクターの詳細を教えてください。

くろねこ 『#コンパス 戦闘摂理解析システム』に登場する、輝龍院きららというヒーローです。本作では、ジャンヌダルクの公式コスプレイヤーも務めさせていただいていますが、こちらの衣装は趣味で製作しました。服のイメージはライダースーツだとお聞きしたので、体のラインが出るように、サイズもぴったりになるよう調整してあります。

――きららといえば、武器も特徴的なキャラクターですよね。

くろねこ 刀を2本持っているんですけど、鞘は腰の横に電磁波で固定している設定なので、“空中に浮かんでいる感”を出すことにこだわりました。手で押さえなくても、ちゃんといい位置で固定されるので気に入っています。それと刀身も、公式資料を拝見したところ、通常の刃物とは違ってカーボンのような質感になっていたので、造形師さんにお願いして、それに近い素材で作っていただきました。

――これまでに挑戦してきたコスプレの中で、いちばん印象に残っているキャラクターは誰ですか?

くろねこ やはり、『#コンパス』のジャンヌダルクですね。約2年間、ジャンヌとしてさまざまなイベントに出演させていただいていますが、こんなに長い期間、ひとりのキャラクターのコスプレを続けることはなかったので、思い入れも強いです。

――公式コスプレイヤーということは、メーカー側から直接、オファーがあったということですよね?

くろねこ 『#コンパス』の場合、ちょっと経緯が変わっていて……。もともとは公式ニコニコ生放送で、MCをさせていただいていたんですけど、その中で、くろねこがコスプレをするならどのヒーローか? という企画があり、視聴者の皆さんに決めてもらう流れになったんです。そうしてアンケートの結果、ジャンヌの公式レイヤーに選んで頂いた……という次第です。

――同作のイベントでは、ファンといっしょにゲームで対決するコーナーや撮影会などもありますが、それらに出演する際は、やはりくろねこさんとしてではなく、ジャンヌとして対応されているのですか?

くろねこ 公式のイベントである以上、出演時はそのキャラクターになりきるよう心がけています。ただ私の場合、MCを担当させていただくこともあるので、そこでもジャンヌに徹してしまうと、ステージが回らなくなっちゃうんですよ。ですので、そういうときは意識を切り換えて、コスプレイヤーのくろねことして対応させていただいています。

――お仕事とはべつに趣味でコスプレをする際は、どういった基準でキャラクターを選ばれているのでしょう?

くろねこ ゲームをしたり、アニメを観ていて、「この子かわいいな!」と思ったキャラクターの中から、自分のルックスに合いそうな子を選んでいます。メイクや衣装次第でなりきれると思ったら、けっこうチャレンジすることが多いですね。

――くろねこさんといえば、『魔女の宅急便』のキキのコスプレも有名ですが、好きなキャラクターであれば、作品の新旧は関係なく挑戦される感じですか?

くろねこ そうですね。子どものころからジブリ作品が好きだったので、ずっとコスプレをしたくて。『耳をすませば』の月島雫もかわいいので、どちらにしようか迷いましたが、雫ひとりだと何のキャラクターかわからないかも……と思い、キキにしました(笑)。あの衣装は、素材にもこだわりがあって。キキは旅をしてきた女の子だから、長旅にも耐えられるように、衣装には丈夫な素材を使っているんじゃないかと思ったんです。なので、ちょっとざらざらした質感の生地で製作しました。

――今後、コスプレをしてみたいゲームのキャラクターはいますか?

くろねこ ゲームだと『アイドルマスター シンデレラガールズ』が好きなので、白坂小梅や小日向美穂、一ノ瀬志希、輿水幸子のコスプレをしたことがあります。昨年の夏コミでは、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の三峰結華にも挑戦しました。同シリーズには、ほかにもかわいい女の子が大勢いるので、どんどんコスプレしたいですね。

くろねこさんお気に入りのカットもチェック!

(写真は過去に撮影されたもの。本企画の撮り下しではありません)

『スマブラSP』&『明治東亰恋伽』にドハマり!

――もともと、ゲームはお好きでしたか?

 大好きです! 手軽にサクサク遊べるゲームが好きなので、『無双』シリーズはほぼプレイしています。小学生のころは、プレイステーション2ごと友だちの家に持ち込んで、みんなで交代しながら遊んでいました。

――本体ごと持ち込んでいたのですか?

くろねこ 女の子だと、ゲーム機を持っていない子が多いんですよ。「もっとかわいらしいゲームで遊びたい」と言われても、「『真・三國無双』やろうよ!」のひと言で押し通していました(笑)。ほかにも、NINTENDO64で『ニンテンドーオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』をやり込みましたね。もちろん、最新作の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』も買いました。全キャラクターを解放したので、あとはひたすら練習あるのみです!

――シリーズ第1作から遊ばれているんですね。よく使うキャラクターはいますか?

くろねこ サムスやWii Fit トレーナーを使っていましたが、ふっ飛ばされてから復帰するまでの立ちまわりが苦手なので、『スマブラSP』では多段ジャンプが使えるカービィに切り換えました。オンライン対戦はまだちょっと怖いので、いまはCPU戦で腕を磨いています。

――2018年に、もっともハマったゲームを教えてください。

くろねこ いちばんやり込んだのは『#コンパス』ですが、『明治東亰恋伽~ハヰカラデヱト~』にもハマりました。もともと乙女ゲームが好きで、PSPやPS Vitaで発売されたバージョンもプレイしていて。配信スタートと同時にダウンロードして、毎日遊んでいます。ゲーム内イベントでランキング20位以内に入ると、報酬としてキャラクターが名前を呼んでくれる“録り下ろしボイス”がもらえるので、めちゃくちゃがんばりました! 結果発表で10位にランクインしていたので、いまは録り下ろしボイスが届くのを楽しみに待っているところです(笑)。

――10位とはすごいですね! ちなみに、2019年に遊んでみたいゲームはありますか?

くろねこ すでに遊んでいるタイトルですけど、もっと本格的に『スマブラSP』の練習をしたいですね。それと、ずっと興味はあったものの、まだ遊べていない『うたわれるもの斬』も、時間を見つけてプレイしたいです。

――最近はお忙しく、なかなかお休みも取れないと思うのですが、休日はどのように過ごされていますか?

くろねこ 両極端なんですけど、キャンプなどアウトドアでの活動を楽しむか、家にこもってひとりで過ごすかのどちらかですね。引きこもるときは、ひたすらゲームをしたり、小説を読んだりしています。

――アウトドアが趣味とは意外ですね!

くろねこ 友だちといっしょにキャンプをしたり、冬ならスノーボードも楽しんでいます。体を動かすことが好きなので、いろいろ出かけたいんですけど、コスプレ活動を始めてからは、なかなか時間の都合がつかなくて……。

――小説も読まれているとのことですが、オススメの作品はありますか?

くろねこ ジャンルでいうと“異世界転生モノ”が好きですね。『オーバーロード』や『転生したらスライムだった件』は全巻持っています。ほかにも、こまめに小説投稿サイトをチェックして、気になる作品があれば、片っ端から読むようにしています。年間で100作以上は読んでいますね。アニメ化されている作品なら、まず小説を読んで、アニメを観て、コミックスを読んで。一巡したらまた小説を……と、何周もループしながら世界観を楽しんでいます。

――貴重なお話、ありがとうございます。それでは最後に、2019年の目標を教えてください。

くろねこ ここ数年で、コスプレイヤーの人口はものすごく増えてきたので、そうした環境の中でも光る“私ならではの個性”みたいなものを、もっと掘り下げていきたいと考えています。「おなじキャラクターでも、くろねこのコスプレはここが特徴的だね」と言っていただけるように、突き抜けられる部分を見つけたいですね。そのためにも、今年はいままでやったことがない分野に、どんどん挑戦していこうと思います。2019年も引き続き、よろしくお願いします!

[関連記事]