平成最後の年末年始を美人コスプレイヤーとともに過ごしたい! という皆様のためにお届けする7日間連続のSP企画“ゆくコスくるコス”。2018年最終日の大晦日を飾るのは“コミケ95”にも参加の伊織もえさん。

 “東京ゲームショウ”の企業ブースや、最新ゲームのリリース記念イベントなど、近年のゲーム関連イベントでは、人気キャラクターに扮して会場を盛り上げる公式コスプレイヤーの存在が大きく注目されている。そこでファミ通.comでは、各種ゲーム関連イベントを取材して見つけた、ハイレベルな美人コスプレイヤーにクローズアップ! 彼女たちの撮りおろし写真&インタビューを、全7回の年越し連載企画として順次アップしていく。

[関連記事]

 第4弾となるこちらの記事では、“コミックマーケット95”(2018年12月29日~31日、東京ビッグサイトにて開催)にも参加する人気コスプレイヤー・伊織もえさんが登場。コスプレへのこだわりや、ゲームに関するエピソードをたっぷり語ってもらった。

平成最後の大晦日を飾るゲストは伊織もえ(@moe_five)さん!

“現実世界にいてもおかしくない”コスプレを追及

――コスプレするキャラクターを選ぶ際、もっとも重視しているのは、どのようなポイントですか?

伊織 自分に似合うかどうかよりも、単純に好きなキャラクターだからやろう……ということが多いです。とはいえ、好みの幅がけっこう狭くて。どの作品でも、だいたいおなじようなタイプの女の子を好きになるんです。おしとやかで胸の大きい女の子がタイプです。

――まさに、伊織さんがコスプレすると似合うタイプですね。

伊織 子どものころから、好きなキャラクターを見つけては、話しかたや仕草を真似して、そのキャラクターになりきろうとするところがあって。本当に、そのキャラクターの髪型になるだけで毎日楽しかったんです。昔は『ファイナルファンタジーX』のユウナにハマって、髪型と言葉遣いも真似していました。もともとはおしとやかな女の子なのに、ティーダと出会って、少しずつ性格が変わっていくところがいいんですよ。

 そんな感じで、好きになるキャラクターにはおとなしい子や清楚系の子が多くて。そこに憧れがあるから、そういう子がしないようなことには、まったく手を出さなかったです。これが、思春期のころからの自分の行動だったので、性格の形成にも影響を及ぼしていると思います。だからもし、悪い系のキャラクターを好きになっていたら、いまとぜんぜん違う性格になっていたかもしれません(笑)。

――本日の衣装は、『Fate/stay night』の間桐桜ですが、衣装を製作される際、こだわられているポイントはありますか?

伊織 アニメやゲームのキャラクターって、基本的にみんな、すごくスタイルがよくて。それを再現するために、ボディラインには気をつけています。この衣装だとちょっとわかりにくいんですけど、コスプレをする際はいつも、衣装を着たうえで鏡を見て、細かい部分を絞ってから人前に出るようにしています。それと衣装製作のときは、そのキャラクターが暮らしている世界の時代背景や、なぜその色にしたのか?という根拠も調べて、いちばん適した素材を使うようにしています。

――具体的にいいますと?

伊織 たとえば、『狼と香辛料』のホロなら中世時代の行商人なので、実際に当時、どのような生地が使われていたのか……とか、旅に適合するように厚めの布を使うだろうな……とか、自分のなかで納得いくまで検討して、考えがまとまってから素材を探すようにしています。設定資料集が出ている作品の場合、「ユウナの衣装は、沖縄の民族衣装をモチーフにしている」とか、思いもしなかった情報が書いてあったりするので、ぜんぜん自分の知らない素材でも、がんばって探したりします。

――素材に対するこだわりがすごいですね。

伊織 それとメイクにも、自分なりのこだわりがあって。コスプレって、アニメやマンガのなかの1シーンを忠実に再現する方向性と、「そのキャラクターが現実世界にいたらどうなるか?」を考えて再現する方向性。大きくわけるとふたつの方向性があると思うんです。私の場合、どちらかというと後者のパターンでコスプレをしているので、衣装や立ち振る舞いで、そのキャラクターの雰囲気を再現することが目標なんです。

――現実世界にいても、違和感のないコスプレということですか?

伊織 そうかもしれません。たとえば、イラストで描かれた清楚な女子高生のキャラクターをコスプレする場合、二次元のイラストを忠実に再現するなら、アニメ目に近づけるためにメイクで目を大きくしたり、鼻の形が自分のものと違うなら、がんばって高く見せたり。かなり過剰に自分の顔を整えますが、現実でその状態の顔を見ると“清楚な女子高生”ではなくなってしまうジレンマがあります。女子高生で、しかもおしとやかな性格の女の子なら、化粧も控えめだと思うので、薄化粧にして、持ち物も学生洋品店で揃えたりして。より現実に近い雰囲気を出せるよう意識しています。

――今後、コスプレをしてみたいゲームキャラクターがいれば、教えてください。

伊織 衣装自体は、ゲームが発売されてから1ヶ月くらいで完成したのですが、『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)』のアーロイをやってみたいです。ゲームそのものも大好きで、じつは衣装が完成してから弓や槍も作っているんですけど、なかなか撮影のために、何日も外ロケに行けるタイミングがなくて……。「これだ!」と思えるロケ場所もまだ見つかっていないので、ずっとお蔵入りになっています。それと『ファイナルファンタジーX-2』に登場する、ユウナの全ドレスフィアもコスプレで再現してみたいですね。リュックとパインも集めて、3人で“併せ”もできたら楽しそう!

伊織さんお気に入りのカットもチェック!

(写真は過去に撮影されたもの。本企画の撮り下しではありません)

『伝説対決』から『ドラゴンクエストビルダーズ2』までプレイ中!

――もともと、ゲームはお好きでしたか?

伊織 家族が全員ゲーム好きだったので、父や兄が遊んでいるのを見ているうちに、自分でもプレイするようになりました。誰かがリビングでゲームをやり始めると、音が聞こえてくるので、自然とみんな集まってきて。子どものころは『ファイナルファンタジーIX』や『テイルズ オブ シンフォニア』をやり込みました。家族全員、『FFX』が大好きだったので、当然『FFX-2』も買ったんですけど、オープニングでユウナが踊り始めたときは、みんな呆然としていました(笑)。

――これまでに遊んだことがあるゲームの中で、思い出深いタイトルを教えてください。

伊織 ご存知の方は少ないかもしれませんが、『Ori and the Blind Forest(オリとくらやみの森)』という、横スクロールのアクションゲームの世界観が大好きです。最初から最後までとても素敵なストーリーなので、未プレイの方にはぜひ遊んでいただきたいです。ほかにも『大神』と『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS』が大好きで、ずっと遊んでいましたね。カラーリングがかわいいソードインパルスガンダムや、スターゲイザーを使っていました。『モンスターハンター』シリーズも、兄と弟といっしょによく遊びましたね。

 それと、『人喰いの大鷲トリコ』には特別な感情を持っています。発売されるまでの時間と、トリコと過ごした時間。すべてが一度しかない瞬間の連続で、とてもとても大好きになったゲームですが、初めてトリコと出会ったときの気持ちと、いっしょに過ごしたふたりの時間を大切にしたいから、ふたり目のトリコはいない……という意味で、2周目は絶対にしないって決めたゲームです。

――そんな伊織さんが、2018年にもっともハマったゲームは何でしょう?

伊織 いちばん印象に残っているのは『ゴッド・オブ・ウォー』です。シリーズ初挑戦でしたが、めちゃくちゃおもしろくてハマりました。ほかにも2018年は、おもしろいゲームがたくさんあって、いまは『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』や『Dead by Daylight』、『ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス』『伝説対決-Arena of Valor-』をプレイしています。それと、つい先日ですが『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』を両バージョンとも買ったので、ポケモンの育成も楽しんでいます。

――幅広く遊ばれていますね。ちなみに、今後遊んでみたいゲームはありますか?

伊織 『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』、『レッド・デッド・リデンプション2』、『Fallout 76』と、せっかく買ったのに、まだ遊べていないゲームがたくさんあるので、まずはそこからこなしていきたいです。これから発売されるタイトルだと、『キングダム ハーツIII』や『キャサリン・フルボディ』が楽しみですね。まだ発売日がわからないところでは『ファイナルファンタジーVII』のリメイク版や、『ルイージマンション3』、『どうぶつの森』の新作にも期待しています。それと、最近とくに気になっているのが、『コール・オブ・クトゥルフ(Call of Cthulhu)』です。ラヴクラフトの世界観が、どうやってゲームで表現されるのか? トレーラーを見るだけでもすごく楽しみな作品です。

――最近はお忙しく、なかなかお休みも取れないと思うのですが、休日はどのように過ごされていますか?

伊織 買い物に行くことが多いですね。両親がディスクドッグ競技をやっているので、よく母と大会用の衣装を見に行ったりしています。以前は私もやっていたんですけど、競技中は犬に飛びつかれるので、いろんなところにアザができてしまって……。最近はグラビアのお仕事も増えてきたので、ケガを避けるためにも、競技への参加は控えているんです。

――貴重なお話、ありがとうございます。それでは最後に、2019年の目標を教えてください。

伊織 2018年はほぼ毎月、中国のコスプレイベントにゲストとして呼んでいただいたので、本格的に中国語を勉強したいと思っています。せっかく参加するからには、自分の言葉でコスプレの魅力や、楽しさを伝えられたほうが絶対に楽しいはずですから。私自身も、中国のコスプレファンの方たちともっとコミュニケーションを取りたいので、がんばって覚えます。あと、最近「私がコスプレした写真を見て、原作のアニメやゲームも好きになりました」というコメントをいただく機会も増えてきたので、大好きなマンガ、アニメ、ゲーム業界に少しでも恩返しができるように、これからもクオリティにこだわって、コスプレを続けていきたいです。2019年も引き続き、よろしくお願いします!

[関連記事]