2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の、東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。初日となる20日、コーエーテクモゲームスブースでは、『デッド オア アライブ 6』の紹介ステージが行われた。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の、東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。コーエーテクモゲームスブースでは、2019年2月15日発売の3D対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 6』(以下、『DOA6』)ステージを多数実施。開催初日の20日は、『DOA6』のプロデューサー兼ディレクターである、新堀洋平氏が登壇し、本作の魅力がたっぷりと語られた。

新堀洋平氏

 “激闘エンターテインメント”と銘打たれた『DOA6』は、魅力的なキャラクターたちが、ド派手なバトルをくり広げる対戦格闘ゲーム。本作より新たにゲージシステム“ブレイクゲージ”が導入され、ゲージを消費することで相手に強烈な一撃を放つ“ブレイクブロー”、または相手のどんな打撃技も回避する“ブレイクホールド”が使用可能に。

 さらに、ワンボタンで強力なコンボをくり出せる“フェイタルラッシュ”が導入。新堀氏は初心者ならばワンボタンだけでも戦えることを強くアピールしていた。また、“デンジャー”と呼ばれるギミック満載のステージも『DOA』シリーズの特徴。本作では巨大なタコのクラーケンや、ティラノサウルスが出現するなど、よりハチャメチャなデンジャーが用意されているようだ。

 さらに、『DOA』シリーズといえば個性的なキャラクターたちも見逃せない。先日参戦が発表されたばかりのマリー・ローズとほのかは、『DOA5』シリーズの途中から登場したため、ストーリーモードでは物語が描かれていない。先述でリンクしたインタビューでお聞きしたところ、本作ではマリー・ローズとほのかが仲良くなっていく過程などが描かれるほか、そこにあやねなどが絡んでいくのだとか。あやねはストーリーモードの中心的な立ち位置になるそうだ。ステージでは、よりドラマティックに描かれるストーリーにも注目してほしいと、新堀氏は語る。

 続いては国内公式では初となる、実機プレイの披露に。チュートアルでシステムをおさらいしたほか、司会のお姉さんと新堀氏がバトルをくり広げるシーンも! プテラノドンに持ち上げられたり、プテラノドンに今度は逆に乗って相手に攻撃するなど、多彩なステージデンジャーを見ることができた。

 また、バトルの勝利画面では今回のバージョンより、従来の『DOA』シリーズにもあったカメラの操作が可能に。視点を動かせば、敗北している相手が見られるなど新たな機能も追加されている。

 さて、本作にはさまざまな特典が付いたパッケージ(ダウンロードのみの場合もあり)も販売されている。とくに注目すべきはデラックスセットが含まれている場合、“フェーズ4”が使用可能になるほか、予約すると“女天狗”が使えることだろう。また、デラックスセットの特典コスチュームの一部も発表され、プロレス衣装のようなあやねのコスチュームが公開された。のこりのふたりはシルエットのみだが、TGS2018の各種『DOA6』ステージで公開していくとのことだ。

 最後に新堀氏は、対戦格闘ゲームを遊んだことがない人にこそ、まずは遊んでほしいとアピール。興味がある人は、ぜひコーエーテクモゲームスブースで試遊をしてみよう。