2018年9月17日、神奈川県にあるパシフィコ横浜国立大ホールにて、『NieR』シリーズ初のオーケストラコンサート“NieR Orchestra Concert 12018”が開催された。本稿では、その夜公演の模様をリポート。

 2018年9月17日、神奈川県にあるパシフィコ横浜国立大ホールにて、『NieR』シリーズ初のオーケストラコンサート“NieR Orchestra Concert 12018”が開催された。本稿では、その夜公演の模様をリポート。

日時:9月17日(月・祝)
場所:パシフィコ横浜 国立大ホール
指揮:大井剛史
演奏:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
コーラス:東京アートアカデミーシンガーズ
主催:キョードー東京
協力:スクウェア・エニックス

おなじみ、幸田和磨氏によるコンサートのキーアート。
物販は終始大行列でした。
Photo by Shinjiro Yamada
『NieR』ファンから凝った祝花も。

 開演前は、前回のコンサート『人形達ノ記憶』でも好評だったキャストによる影アナウンスは今回も行われ、ナビゲーターとして参加する門脇舞以さんによるエミールが開演前、石川由依さんによる2Bが終演後の影アナを担当。

 そして演奏前には、『NieR』シリーズの作曲を担当した岡部啓一氏と、今回のコンサートのナビゲーターを務める門脇舞以さんと石川由依さんが登場。「皆様の心にいろいろな思いが伝わるように、がんばらせていただきますので、よろしくお願いします」(門脇)、「いつかフルのオーケストラで聴けたらいいねと話していたのが現実となって、皆さんに聴いてもらえるのがすごくうれしいです」(石川)、「いつかは、と言い続けたオーケストラコンサートが現実のものになったのも応援してくださった皆さんのお陰です。ありがとうございます」とそれぞれ来場者へ挨拶と意気込みを語りました。

Photo by Shinjiro Yamada

  岡部氏、門脇さん、石川さんと入れ替わりで指揮者の大井剛史が登場し、いよいよオーケストラコンサートがスタート!

 本公演は第一部が『NieR Replicant/Gestalt』、休憩を挟んで第二部が『NieR:Automata』の楽曲を演奏するという二部構成。まず、第一部の1曲目は『夏ノ雪』。ゲームでもオープニングにも使われた曲ですけど、壮大なオーケストラの演奏に迫力あるコーラスが合わさり、いきなり『NieR』の世界……『NieR』のオーケストラコンサートの世界に引き込まれる。というか、生のオーケストラの破壊力がすさまじすぎて、一曲目から心にグッとくるものがありました。。。背筋も10センチくらい伸びた。

Photo by Shinjiro Yamada

 『夏ノ雪』が終わると、ステージ下手から門脇さんが登場。『NieR Replicant/Gestalt』の思い出をエミールが振り返るという形で朗読が行われました。今回のコンサートでは、ナビゲーターのおふたりによるモノローグが要所で挟まれる演出になっていました。※第一部は門脇さんによるエミール、第二部は石川さんによる2B

Photo by Shinjiro Yamada

 2曲目はよりドラマチックにアレンジされた『イニシエノウタ』。3曲目はフィールドの草木の香りさえ漂ってきそうなほどのスケール感を感じる『光ノ風吹ク丘』。続いて『エミール』、そして今回のオーケストラで筆者が個人的により好きになった、コンサート初演奏の『掟ニ囚ワレシ神』。スピード感があってコーラスも美しく、そして後半の高揚感……。最高でした。続く『愚カシイ機械』は出だしの旋律に重厚感のあるアレンジも楽しい一曲。『オバアチャン』、『魔王』、『Ashes of Dreams』と名曲が続き、一部の最後は門脇さんの朗読から始まる『カイネ』!

Photo by Shinjiro Yamada

 ここまで感情を抑え気味だったエミール(門脇さん)が「あのころの記憶も壊れてあまり残っていません。僕は……皆さんに会いたいんです! 会いたいんです……」と嗚咽を漏らしたあと、エミ・エヴァンスさんの歌声が! サプライズゲストとして登場したエミさんがオーケストラアレンジをバックに『カイネ』を優しくも情熱的に歌い上げる。ここでは映像と映像に添えられるテキストも泣かせるものばかりズルイ。目から熱いものがブワッと出てくる感じ。ジワッとじゃなくブワッと。『カイネ』演奏後の第一部の休憩直後は、目を真っ赤にしている人が多数でした。

 正直、パンチのある名曲&アレンジ揃いで第一部でかなりHPを削れた筆者ですが、休憩時間にある程度回復。なんとか平静を保ちつつ、第二部『NieR:Automata』へ。

 第二部は『遺サレタ場所』から。ゲーム中ではもっともよく聴く曲ですが、オーケストラアレンジではビオラソロもあって、もの悲しさにさらに拍車がかかった印象。2曲目の前に、今度は石川由依さんによる2Bのモノローグが入ります。

Photo by Shinjiro Yamada

遊園施設』、『美シキ歌』という遊園地施設関連の曲が演奏された後、妖しさと美しいメロディーが奏でられる『顕現シタ異物』が続きます。さらに『「塔」』、『依存スル弱者』、そして出だしの金管楽器からカッコいい『双極ノ悪夢』と、激しいバトルが思い出される曲の数々が。それら激しいバトル曲からと一転して静かな『追悼』(映像のアダムとイブ関連のテキストが泣ける。にいちゃん……)、コンサートも終盤に差し掛かった寂寥感も感じさせる『終ワリノ音』(ポッド視点のテキストがグッとくる……)へ。

Photo by Shinjiro Yamada

 そして最後はやはりゲームのエンディング曲『Weight of the world』。石川さん演じる2Bのモノローグの最後のひと言「ナインズ……」の余韻ととに第一部のエミさん同様、サプライズゲストとして登場したジュニーク・ニコールさんのパワフルも切ない歌声が会場に響く。

Photo by Shinjiro Yamada

 『Weight of the world』の演奏が終わって万雷の拍手の中、岡部さん、門脇さん、石川さんが再び登壇。

「今日、エミールが言っていたように、私もこれからも皆さん会いたいです。これからもエミールで居続けたいです。そんな想いがずっとずっと続いていて、こんな形になりました。また必ず、お会いしましょう。今日は、本当に、本当にありがとうございました」(門脇)

「音楽を聴くだけで、収録やイベントなどの思い出や、ぐちゃぐちゃになった感情を思い出して、音楽によってこんなに感動したり、泣きそうになったりして、すごく音楽の力を感じました。音楽は人生に必ずしも必要なものではないかもしれないけれど、聴くことによってこんなにも満たされた気持ちになる。心のサプリメントみたいなものだなと、今日聴いていて思いました」(石川)と挨拶した。

 続いてエミ・エヴァンスさん、ジュニーク・ニコールさんもステージに呼ばれ、次のようにコメント。

「皆さん、ずっと『NieR』の世界を愛してくださって、ありがとうございます。大好きな曲をオーケストラアレンジで聴けて、自分も大事に思っている『カイネ』の歌を歌えて、本当にうれしかったです。『NieR』の世界、そして『NieR』の音楽に出会えて、自分はなんて恵まれているんだろうと思っています。これからも『NieR』の歌を届けたいと思っていますので、応援してください」(エミさん)

「皆様のサポート、本当にありがとうございます。皆さん、愛している!」(ジュニークさん)

 最後に岡部氏は「『NieR』というタイトルは皆さんに応援していただき、育てていただき、支えていただいたおかげで、これまで続けてこれたタイトルだと思っています。今回のコンサートも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べ、本公演最後のアンコールの曲へ。

Photo by Shinjiro Yamada

 アンコールはエミールと2Bふたりのモノローグ(!)からの『全テヲ破壊スル黒キ巨人』。力強いコーラスからの激しいティンパニ。オーケストラのポテンシャルをすべて出し尽くすかのような大迫力の終始クライマックス感。演奏が終わったあとは放心状態になりそうなほどでした(いや、なった)。

Photo by Shinjiro Yamada

 今回のオーケストラコンサートは、コンサートに先駆けて発売されたオーストラアレンジCD『NieR Orchestral Arrangement Special Box Edition』、『NieR Gestalt & Replicant Orchestral Arrangement Album』 、『NieR:Automata Orchestral Arrangement Album』の全曲を演奏(特典ディスクは除く)。セットリストもおおよそゲームの順番通り、いいシーンばかりのフェティシズム溢れる映像とテキストも、門脇さん、石川さんによるモノローグも、『NieR Replicant/Gestalt』と『NieR:Automata』を追体験させる構成になっており、まさに『NieR』シリーズの8年間を凝縮した集大成のコンサートとなっていました。これは、『NieR』ウイルスに一度でも感染したことがある人なら、ぜひ観ていただきたいコンサート。心震えまくること間違いなしです。

 あと、コンサート後にニコ生を観たんですが、さまざまな角度からオーケストラの迫真の演奏っぷりを観ることができて、臨場感もハンパなかったので、コンサートを観に行った方もぜひオススメです(タイムシフトでどうぞ)。では最後に、コンサート後のカコミ取材の模様をお届けして、本リポートを終わります。

NieR Orchestra Concert』9月17日夜公演 ニコニコ生放送
※番組ページ
※ネットチケット購入ページ

セットリスト

<第一部> NieR Replicant / NieR Gestalt
1.夏ノ雪
 ・エミール モノローグ[1] (朗読:門脇舞以)
2.イニシエノウタ
3.光ノ風吹ク丘
 ・エミール モノローグ[2] (朗読:門脇舞以)
4.エミール
5.掟ニ囚ワレシ神
6.愚カシイ機械
 ・エミール モノローグ[3] (朗読:門脇舞以)
7.オバアチャン
8.魔王
9.Ashes of Dreams
 ・エミール モノローグ[4] (朗読:門脇舞以)
10.カイネ (歌唱:エミ・エヴァンス)

<第二部> NieR:Automata
11.遺サレタ場所
 ・2B モノローグ[1] (朗読:石川由依)
12.遊園施設
13.美シキ歌
14.顕現シタ異物
 ・2B モノローグ[2] (朗読:石川由依)
15.「塔」
16.依存スル弱者
17.双極ノ悪夢
 ・2B モノローグ[3] (朗読:石川由依)
18.追悼
19.終ワリノ音
 ・2B モノローグ[4] (朗読:石川由依)
20.Weight of the world (歌唱:ジュニーク・ニコール)
 ・エミール、2B モノローグ(門脇舞以、石川由依)
アンコール:全テヲ破壊スル黒キ巨人

今後の目標は海外公演!? 「オーケストラコンサートをもっと多くの人に聴いてもらいたい」(岡部)

ヨコオ 今日は、岡部さんが1時間半遅刻した話からスタートします!

スタッフ とりあえず、それはさておき(苦笑)、オーケストラコンサートを終えた感想をお願いします。

齊藤 昼公演と夜公演を連続で聴くと、さすがに音圧で疲れるなと思いました(笑)。ただ、やりたいと思っていたオーケストラコンサートが『NieR』の10周年(2020年)を迎える前にできたので、あとはこの3人のうち、“誰が先に死ぬかレース”になるのかなと(笑)。2020年まで生きていたら、また何かやりたいなと思っています。

ヨコオ 岡部さんがオーケストラコンサートをやりたがっていて、今回、映像演出は主従で表現すると音楽が“主”で演出は“従”。なので映像演出は音楽に合わせる形にしていたんですが、これがすごくたいへんで。岡部さんが大遅刻しているあいだ、僕は朝7時半からずっと映像の合わせを現場のスタッフさんとやっていました。本っ当にたいへんでしたけど、いい冥土の土産ができなと思いました。

齊藤 岡部さんが遅刻したのも、台本を読み込んだ結果です。これまで、そんなに台本を読み込むなんてことなかったですから。

岡部 寝るまえに台本を読んでいたら、だんだん緊張してきて(笑)。ドキドキしてぜんぜん寝れなくなったんですよ。

ヨコオ 遠足前の小学生か!(笑)

岡部 ようやく眠くなって、ウトウトし始めたころに気づいたら電話が鳴っていて。電話に出たらスクウェア・エニックスの音楽出版の方で。

齊藤 その電話は集合時間の30分後にしたやつですからね(笑)。

ヨコオ しかも岡部さん、朝は不機嫌なので。

岡部 「はぁ? 何か?」的な対応をしてしまい(苦笑)。

ヨコオ こちらとしては、もう、ふざけんなという感じでした(笑)。

岡部 だんだん意識が戻ってきて「あれ? あれ!?」と……。本当に、申し訳ありませんでした! 本当に、いろいろな方々のお力があって、今回のコンサートは成功したなと。僕の夢でもあり、『NieR』に関わってくださった方々の夢でもあったので感無量です。

――コンサートを振り返ってみていかがでしたか?

岡部 コンサートでは、最初と最後に挨拶させていただいた以外は、僕も客席で拝見していたんですけど、『NieR Replicant/Gestalt』からの『NieR』の成長を感慨深く見れて、泣きそうになりました。

――お気に入りのオーケストラアレンジ曲を1曲ずつ挙げていただけますか?

ヨコオ 今回は文字の演出をつけさせていただいたんですけど、第一部の『NieR Replicant/Gestalt』はオーソドックスに悲しい感じでまとめて、第二部の『NieR:Automata』では第一部とは方向性を変えて、パワフルな感じにしました。なかでも『双極ノ悪夢』では盛り上げたいなと思って、構成通りに音楽もハマっていいものになったなと感じています。

岡部 あの曲は帆足(帆足圭吾氏)の曲なんですけど、スクウェア・エニックス作品っぽい曲にしようと話し合って作った曲だったんです。今回、オーケストラアレンジになって、よりスクウェア・エニックス作品っぽい曲になったなと感じました。

齊藤 コンサートの中でのベストワンという意味では、『カイネ』ですね。昼公演で泣いて、夜公演では我慢できるんじゃないかと思いましたけど、やっぱり泣きました。あと、岡部さんばかり褒めるとあれなので、演出部分では『終ワリノ音』のポッド042と153の合わせ技のテキストで泣きました。改めて、このふたりは天才だなと感じましたね。

ヨコオ 岡部さんが、オーケストラを立てたいから、今回はあまり動画は使わない方向でって言うから、静止画とテキストでがんばる、という方向になりました。

岡部 僕としては、映像の制作が少ないほうが、ヨコオさんが楽になるのかなというのも含めて、そうリクエストしたんですけど(笑)。

ヨコオ 逆に、ただただたいへんでした……。

岡部 僕はオケの収録、コーラスの収録、そのあとミックス作業と各工程のものを聴いていて、そして今日のコンサートと、そのときどきで違う印象があって、どの曲も甲乙つけ難いんですよね。今日のコンサートで聴いた個人的な印象で選ぶと『「塔」』です。

ヨコオ 誰が作った曲?

岡部 もちろん、僕です(笑)。もともと『「塔」』は原曲より違う感じにアレンジしてもらって、すごくよくしていただいた曲だなと思っていました。人のお力を借りて、すごくいい曲に仕上げてもらったなと。

――演出映像を作るプロセスはどのように?

ヨコオ 話すとすごく長くなるんですけど……。コーラスが入った音源があがってきてから制作を始めました。いろいろな会社の方にも手伝っていただいて、コンサート当日の朝に最終データを納品するという、それくらいギリギリまでがんばって作ったので、3人くらい死にました、あまりにもたいへんで。

岡部 音楽に映像をつけるときって、オケでもメトロノームのようなクリックを聞きながら合わせることが多いんですけど、先ほどヨコオさんも言った通り、今回はオーケストラの方々に自由に演奏していただきたいと言った結果、映像はリアルタイムで合わせるということになりました。

齊藤 映像を出すタイミングは手動ですからね。

ヨコオ 動画は1本になっていて、音楽のテンポに合わせて手動でスピードコントールしながらリアルタイムで合わせていました。なので、オーケストラが盛り上がってゆったりめのテンポになったりすると、もうハラハラでした。最後、アンコールの曲だけは映像がないので、そこだけは気楽に聴けましたね。喜んでいただけたのなら、スタッフの皆さんのがんばりのおかげです。

――岡部さんの遅刻以外のハプニングなどはありましたか?

岡部 大きなハプニングは僕の遅刻以外はなかったですけど(笑)、いまの映像の話ではないですが、今日も朝に最終リハをやって、昼公演、夜公演があったんですけど、それぞれでテンポ感もやっぱり違うし、演奏のダイナミクスの付けかたも変わるので、オケって本当に生き物だなと実感しました。それをおもしろく聴かせてもらったんですけど、映像演出はたいへんだろうなと、僕でさえ感じながら観てました(笑)。

――さまざまな形で広がってきた『NieR』のコンテンツですが、つぎの野望は? (※質問はVジャンプのサイトーブイ氏)

ヨコオ Vジャンプで連載ですかね(笑)

サイトーブイ 皆さん、書いておいてくださいね(笑)。(※書きました)

――音楽的な野望は?

岡部 オケコンはいままでずっと言い続けてきたので、それが叶って気持ち的にはひと段落しているんですけど、これからは夢だったオケコンをどれだけ多くの方々に聴いていただけるかなと……(チラッ)。

齊藤 世界の岡部ですから。

ヨコオ 最近、海外公演を口にするようになって、超感じ悪い。

一同 (爆笑)。

岡部 でも、もうそれくらいしかないじゃない。

ヨコオ 盆踊りとかあるじゃん。

岡部 盆踊り!? ま、まあ、それはそれでね。演歌バージョンとかね(笑)。

ヨコオ 海外公演は夢を見過ぎでしょう。

岡部 オケコンも夢だと思ってたのに言い続けていたら実現したので。あくまで夢ですけどね。

――では、最後にひと言お願いします。

ヨコオ まず、長く愛してくださってコンサートに来てくださった方、ありがとうございました。これまでも高いチケットやグッズなどを購入してくださったことが、今日のコンサートに結びついていると思います。皆さんが支えてくださった結果が今日に結実しているので、感謝しています。ありがとうございました。

齊藤 今日のコンサートはかなり大きな会場で、埋まるかどうかわからなかったんですけど、昼公演、夜公演ともに満席で本当にありがとうございます。しかも、このキャパでも来れなかった人がいるという話なので、世界は言い過ぎかもしれませんが、東京だけではなく、プラチナゲームズさんのお膝元の大阪とか、東京以外でも公演ができればいいなと思っています。それが難しければ、きっといろんな形でお手元に届けられる可能性もあると思うので、それも含めて、期待していただければと思います。

岡部 本当におふたりの仰る通りだなと。今日の公演は手前味噌ですが、とてもいい公演だったのではと思いますので、今日のコンサートを知らなかったり、リポート記事を読んで興味を持った方は、ニコ生の配信を見ていただければ、楽しんでいただけるんじゃないかなと。本当にいろいろな方々のご協力が積み重なって実現した集大成だと思っているので、ひとりでも多くの方に観ていただければうれしいです。そしてすでに観てくださった方、会場にお越しの方、本当にありがとうございました。

Photo by Shinjiro Yamada

※ニコニコ生放送では夜公演の模様のタイムシフト視聴が可能です(2018/10/16(火) 23:59までご視聴いただけます)
販売期間:2018年10月10日(水)23時59分まで
2500ニコニコポイント(税込 2500円) 
放送ページ→http://live.nicovideo.jp/watch/lv314491280

 ちなみに、コンサートに合わせて、新たなグッズも多数発表、会場に展示されていました。