2018年8月3日、中国・上海新国際博覧中心にて、中国最大規模のエンターテインメントの一大祭典ChinaJoy 2018が開幕した。ここでは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント上海ブースの模様をお届けしよう。

 2018年8月3日、中国・上海新国際博覧中心にて、中国最大規模のエンターテインメントの一大祭典ChinaJoy 2018が開幕した。折からの台風12号の影響により、天候が心配された当日の上海は、朝からけっこうな雨脚。そこまで風がひどくはなかったものの、これはちょっとお客さんの出足も鈍るかな……というのが、会場までの地下鉄に揺られながらの記者の率直な予想だった。

 で、取るものもとりあえず、例年ソニー・インタラクティブエンタテインメントやマイクロソフト、ユービーアイソフトなどが出展しているE7ホールに足を運んでみると、それはけっこうな人々が。「雨降っていくところなかったら、とりあえずここに来たのでは……」という冗談が頭に浮かんでしまうくらいの盛況ぶりだった。ちょっとした台風はものともしない熱心さいったところだ。

 そんなわけで、あいにくの雨の中開幕したChinaJoy 2018だが、5年連続の出展となるソニー・インタラクティブエンタテインメント上海(SIE上海)ブースは例年にも増しての盛況ぶり。ソニーピクチャーとの共同出展となる今回のChinaJoyでの中心となったのは、先日行われた、“2018 PlayStation Press Conference in China”でフィーチャーされた、『Monkey King Hero is Back』、『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』、そして参考出展となる『モンスターハンター:ワールド』の3タイトル。世界初プレイアブル出展となる『Monkey King Hero is Back』を始め、いずれも高い人気となっていた。

ソニー・ピクチャーズと共同出展となった今年のChinaJoy。ブースの反対側には、新作の公開が決定している『メン・イン・ブラック』が展開されていた。
『Monkey King Hero is Back』が大盛況。
マーベルは中国でも人気が高い。
さすがの人気を誇る『モンスターハンター:ワールド』。

 負けずに注目を集めていたのが、China Hero Projectの6タイトル。とくに、プレイステーション VR対応の『Kill X』は試遊を希望する来場者が多い印象。神秘的な無人島を舞台に謎を解き明かしていくFPSとなる本作。2018年冬リリースということで、ひと足早く遊んでみたいというゲームファンが多かったようだ。

China Hero Projectのタイトルも注目度高し。
『JUMP FORCE』(左)や先日のカンファレンスで発表されたパーフェクトワールドの『Farside: An Athletic Game』も出展された。
プレイステーション VR用も6タイトル出展されていた。

 SIE上海ブースでは、例年通りステージイベントを実施。オープニングセレモニーでは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント シニアバイスプレジデント 兼 日本ビジネスオペレーション部門 部門長 織田博之氏とソニー・インタラクティブエンタテインメント上海 プレジデントの添田武人氏が顔を揃えたほか、『Monkey King Hero is Back』の主人公・大聖(アジアでは孫悟空はこう呼ばれいているようです)も登場。大見得を切って来場者から拍手を浴びた。

会場で撮影を求められる添田氏。中国でゲームファンへの知名度は高い。

 その後、『Monkey King Hero is Back』や『モンスターハンター:ワールド』のステージイベントが実施。どちらも中国のイベントではポピュラーな、来場者から参加者を募ってのゲーム大会がメインとなったが、参加を希望するゲームファンの声がとにかくアツかった。ちなみに、『モンスターハンター:ワールド』では、簡体字版での試遊が確認でき、ローカライズはけっこう進んでいるんだな……ということがうかがえた。

『Monkey King Hero is Back』のステージイベントにゲスト出演した女性。有名な方のようです。
実際にゲームを試遊して腕を奮うひとこまも。
その後、一般の方がプレイ。楽しそうでした。
最後は恒例の記念撮影。
『モンスターハンター:ワールド』のステージイベントでは、まずはエキスパートがデモプレイを披露。相当な手練でかなりやりこんでいる模様。会場からも要所で拍手がわきあがっていた。
簡体字化もされているので、相当ローカライズは進んでいる模様。
来場者から募った4名でプレイ。皆さんお上手で、他国版をやりこんでいるんだろうなあと思わせた。
ちなみに会場ではE3 2018で公開された『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』の最新映像も参考出展という形で流された。簡体字版がリリースされる日が来るのか、期待したい。