“2018 PlayStation Press Conference in China”が開催。『Monkey King Hero is Back』など中国独自の展開が際立つ、『モンスターハンター:ワールド』も存在感を見せる【ChinaJoy 2018】

2018年8月2日、“2018 PlayStation Press Conference in China”が、上海商城劇場(Shanghai Centre Theatre)にて行われた。

 2018年8月2日、“2018 PlayStation Press Conference in China”が、上海商城劇場(Shanghai Centre Theatre)にて行われた。中国市場におけるプレイステーションフォーマットの戦略を関係者に向けてお披露目する本カンファレンスが、毎年ChinaJoyの開催前日に行われるのもすっかりおなじみ。中国市場でプレイステーションフォーマットが解禁されてから4年。中国でのコンソールビジネスの展開をうかがうには、絶好の定点観測の場と言えるだろう。

会場となった上海商城劇場(Shanghai Centre Theatre)。

 カンファレンスは、『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』の映像からスタート。まるで、「ショウの始まりだ!」とばかりにド派手な映像で来場者の心を掴んだあとは、『モンスターハンター:ワールド』のお披露目へ。登壇した辻本良三氏からは、全世界で830万本を販売したことに触れたうえで、「中国のファンのために簡体字版に向けての取り組みを検討しています」と語った。現時点では、『モンスターハンター:ワールド』の中国発売は正式決定しておらず、今回のChinaJoyでは“参考出展”に留まるが、「喜んでいただける情報をお届けできるようになったらお伝えします」(辻本氏)とのことで、中国での『モンスターハンター:ワールド』に対する期待値の高さがうかがえる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント上海 プレジデントの添田武人氏も『Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)』に期待を寄せる。

登壇した辻元良三氏。

中国でも高い人気を誇る『モンスターハンター:ワールド』。中国タイトルは『怪物猎人-世界-』。猎は狩猟という意味らしい。

がっちり握手をする添田氏と辻本氏。要所で撮影タイムが設けられるのが中国流。

 おつぎは、2K 『NBA 2K』シリーズのバイス・プレジデント・オブ・マーケティングのアルフィ・ブロディ氏が登壇し、昨年に引き続き今年もシリーズ最新作である『NBA 2K19』を中国で発売することをアナウンス。会場は歓声に包まれた。さらに、中国での発売元であるGamepoch CEO ステファニー・チェン氏からは、ローカルサーバーでのマルチプレイも好調であることが明かされた。

2K 『NBA 2K』シリーズのバイス・プレジデント・オブ・マーケティングのアルフィ・ブロディ氏。

『NBA 2K』シリーズの開発を担当するビジュアル・コンセプトのジェフ・トーマス氏がビデオ出演。中国での発売にあたっての抱負を語った。

Gamepoch CEO ステファニー・チェン氏。

中国市場のためにPVまで制作されたらしい。中国でのバスケットボール人気は高い。

ちなみに、右端はNBAのコメンタリーの方。

中国産の期待作も続々と紹介された。

 と、期待作が続々と紹介された今年のカンファレンスだが、冒頭で挙げた“定点観測”という見地から言えば、中国市場独自の取り組みがより増えたというのが印象。それをより強烈に印象づけたのが、China Hero Projectと中国発のIPのゲーム化した『Monkey King Hero is Back』だ。いずれもここ数年の取り組みが成果を上げ始めているということになるのだが、ちょっぴりおさらいしておくと、China Hero Projectはミドルウェアメーカーなどと協力して行う、中国クリエイター支援のプロジェクト。2016年に10タイトルが発表され話題を集めた。一方の『Monkey King Hero is Back』は、2015年に公開され、中国で大ヒットを記録したアニメ映画のゲーム化タイトル。こちらは2017年に発表され、“中国IPの大型ゲーム化”ということで、中国での期待値も極めて高い1作だ。

China Hero Projectに大きな期待を寄せる、ソニー・インタラクティブエンタテインメント シニアバイスプレジデント 兼 日本ビジネスオペレーション部門 部門長 織田博之氏。

 カンファレンスでは、China Hero Projectのタイトルのうちから、進捗が見えてきた5タイトルが紹介された。ゾンビと戦うFPSの『Kill X』(2018年冬発売)、宇宙を舞台にしたFPS『Project Boundary』(2019年発売)、ロボットアニメタッチで、影山ヒロノブがオープニングテーマ曲を担当することも発表された『Hardcore Mecha』、新トレーラーが公開されたサバイバルホラーの『Pervader』、そして『Lost Soul Aside』だ。同作は、クリエイターが『ファイナルファンタジーXV』の影響を受けたと明言しているビジュアルが日本でも注目を集めるアクションゲームだ。

吉田修平SIE WWSプレジデントに聞く!「プレイステーション VRに対するデベロッパーさんの取り組みは、私の想定以上のペース」

2018年5月12日、13日に京都で開催され、つつがなく終了したインディーゲームの一大祭典、BitSummit Volume 6。ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏にインディーゲームへの取り組みなどを中心にお話をうかがっていたので、その模様をお届けしよう。

宇宙空間を舞台にしたFPS『Project Boundary』。宇宙好きの記者はなんとなく惹かれてしまった。チーム戦があるようだ。

『Hardcore Mecha』はオープニング曲を影山ヒロノブが担当することに。カタカタでわかるのか?

『ファイナルファンタジーXV』ファンならずとも、「おおお」と思ってしまう『Lost Soul Aside』。

中国発の注目作ばかりのChina Hero Project。

そして第2期のChina Hero Projectが始まる。今度はどんなタイトルが?

 カンファレンスのトリを飾ったのは、『Monkey King Hero is Back』。原作のアニメを手掛けるのが十月文化、パブリッシングをOasis Games、開発をソニー・インタラクティブエンタテインメントとヘキサドライブという、日中の叡智が結集したとも言える本作は、いま中国でもっとも期待を集めるコンソール向けゲームの1本。会場では最新動画が流され、2019年初頭にもリリースされる予定であることが明らかにされた。なお、さまざまなコラボレーションが予定されている『Monkey King Hero is Back』では、日本絡みだとGARNiDELiAのtokuが楽曲の作曲・編曲を担当することが発表されている。

 欧米や日本のタイトルは控えめにして、中国発のタイトルの充実ぶりを披露した、今回のソニー・インタラクティブエンタテインメント上海のカンファレンスだったと言えるだろう。

『Monkey King Hero is Back』の紹介に先駆け、同作に協力している舞踏家の方がパフォーマンスを披露。素人目にもわかる見事な所作で、ときに幻想的な動きをするので、カメラを撮りながら、度々戸惑ってしまった。

GARNiDELiAのtokuが楽曲の作曲・編曲を担当。

“2015 PlayStation Press Conference in China”に見る、中国市場におけるプレイステーションフォーマットの可能性 カギを握るのは日本のビッグタイトル

2015年7月29日、中国・上海InterContinental Shanghai Expo Hotelにて、ソニー・コンピュータエンタテインメント主催による“2015 PlayStation Press Conference in China”が開催された。

中国ではSIEがVRの時代の到来を創り出す! “2016 PlayStation Press Conference in China”詳細リポート【ChinaJoy 2016】

アジアでも最大規模、中国随一のゲームに関する国際総合展示会、ChinaJoyが開催される前日にあたる2016年7月27日、SIEによる“2016 PlayStation Press Conference in China”が開催された。ここでは、立命館大学の中村彰憲氏によるリポート記事をお届けする。

“2017 PlayStation Press Conference in China”で見えた、中国市場が歩み始めたPSプラットフォームの独自の道【ChinaJoy 2017】

2017年7月26日にソニー・インタラクティブエンタテインメント上海(SIESH)主催による“2017 PlayStation Press Conference in China”が、上海 メルセデスベンツアリーナで行われた。