『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』描き下ろしCGなど、PS Vita版の追加要素を紹介

プロトタイプは、2018年7月5日発売予定のプレイステーション Vita用恋愛アドベンチャーゲーム『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』について、PS Vita版で追加された要素として、描き下ろしのイベントCGや壁紙集などの最新情報を公開した。

 プロトタイプは、2018年7月5日発売予定のプレイステーション Vita用恋愛アドベンチャーゲーム『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』について、PS Vita版で追加された要素として、描き下ろしのイベントCGや壁紙集などの最新情報を公開した。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

Feature of PS Vita PS Vita版の特徴

魅力的な描き下ろしのイベントCGを多数追加!

 PS Vita版では、新たに描き下ろされた魅力的なイベントCGを多数追加。「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」の世界をより一層鮮やかに彩ります。

「壁紙集」を追加!

 PS Vitaのホーム画面およびスタート画面用にデザインされた「壁紙集」を追加。最初から使える壁紙もあれば、特定のストーリーを読むと使えるようになる壁紙もあります。

タッチスクリーン対応!

 従来のボタン操作に加え、メッセージ送り、選択肢の決定、早送り&巻き戻し、選択肢ジャンプなどのあらゆる機能がタッチスクリーンにも対応し、PS Vitaならではの直感的操作で快適にプレイできます。

PS Vita TV対応!

 PS Vita TVにも完全対応し、テレビにつなげば大画面でのプレイも可能です。

PC版の色味に近づける「色合い調整機能」付き!

 PS Vita用ソフト「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」の原作はPC用ソフトのため、グラフィックは一般的なPC用液晶モニターにあわせて彩色されています。
 一方、PS Vitaは構造そのものが液晶モニターとは大きく異なる「有機EL」を搭載した1000シリーズと、構造はPC用液晶モニターに近いものの黄色みがかった浅めの発色になる2000シリーズがあり、どちらも一般的なPC用モニターとはかなり違った色味になっていました。
 そこで、代表的なPC用ディスプレイメーカー「EIZO」のLEDバックライトディスプレイ「EV2736W-FS」を初期出荷状態で使用し、そこで表示される色合いとPS Vitaの色合いを比較。
 より「EV2736W-FS」の印象に近くなるように、PS Vitaで表示されるグラフィックの色変換を行う機能が「色合い調整機能」です。

 「色合い調整機能」には以下の3タイプがあり、「タイプA」もしくは「タイプB」に設定した際には、それぞれの色合い調整の「適用量」も調節でき、お好みにあわせての画面設定が行えます。

・「調整なし」…PS Vita TVでプレイする際や、各々のPS Vita固有の発色で楽しみたい方用です。
・「タイプA」…PS Vita 1000シリーズの有機EL表示のビビッドな発色をおさえてPC版に近づけます。
・「タイプB」…PS Vita 2000シリーズの液晶表示の色味を鮮やかにし、黄色みをおさえてPC版に近づけます。

株式会社プロトタイプ公式ウェブサイト内
「色合い調整機能」紹介ページ
http://www.prot.co.jp/vita_display/

System システム

 PS Vita用ソフト「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」は、ストーリー中の選択肢によりその後の展開が変化するアドベンチャーゲームです。チャプター形式になっており、ゲームの進行によりストーリーが解放されます。

 弊社タイトルにおいて定評のある早送り&巻き戻しはもちろんのこと、以下のような様々な機能を搭載しており、快適にお楽しみいただけます。

・選択肢の表示位置変更機能(中央 or 下)
・既読の選択肢へのジャンプ機能
・バックログで選択したメッセージからの再開機能
・ロード地点からの巻き戻しも可能
・クイックセーブ&クイックロード機能
・セーブ数最大200箇所

 その他、PS Vitaのホーム画面とスタート画面用にデザインされた「壁紙集」をはじめ、「CGモード」「Musicモード」といった鑑賞メニューも搭載しています。

▼ストーリーやキャラクターなど、ゲーム内容の紹介はコチラの記事へ!

『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』がPS Vitaで7月5日に発売決定

プロトタイプは、2017年にPC用ソフトとしてリリースされた恋愛アドベンチャーゲーム『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』を、PS Vitaで発売することを発表した。発売予定日は2018年7月5日。

最新のスクリーンショットを公開!



(c)2018 LIFE0/PROTOTYPE
※画面は開発中のものです。