『モンスターハンター:ワールド』えっ、これがネルギガンテ!? 開発マル秘資料も公開された狩王決定戦2018・札幌大会リポート

2018年6月3日、北海道・サッポロファクトリーホールにて、カプコンが誇る世界的ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MH:W』)の公式タイムアタック大会、狩王決定戦2018・札幌大会が開催された。本記事では、地方大会のトリを飾る札幌大会の模様をリポートしていく。

 2018年6月3日、北海道・サッポロファクトリーホールにて、カプコンが誇る世界的ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MH:W』)の公式タイムアタック大会、狩王決定戦2018・札幌大会が開催された。全国7都市で開催される地方大会も本会場でフィナーレを迎え、大会は2018年7月15日に千葉県・幕張メッセで行われる決勝大会を残すのみとなる。本記事では、地方大会のトリを飾る札幌大会の模様をリポートしていく。

※これまでに行われた“狩王決定戦2018”各地方予選大会の結果はこちら↓
●『モンスターハンター:ワールド』最速のハンターを決めるガチンコ勝負が開幕! 狩王決定戦2018・東京大会リポート!!
●ハンターたちの激闘第2弾! 『MH:W』狩王決定戦2018・名古屋大会リポート
●『モンスターハンター:ワールド』ハンターの祭典が広島初上陸! “狩王決定戦2018 広島大会”リポート
●『モンスターハンター:ワールド』公式タイムアタック大会第4弾! 受付嬢の設定案も公開された狩王決定戦2018・仙台大会リポート
●『モンスターハンター:ワールド』公式タイムアタック“狩王決定戦2018”福岡大会! パオウルム―の尻尾は“肉叩き”?
●『モンスターハンター:ワールド』多頭クエストがナンボのもんじゃい! 狩王決定戦2018・大阪大会リポート

一時的に天候が崩れることもあったが、会場には非常に多くのハンターが来場!

『MH:W』プロデューサーの辻本良三氏ら開発陣が、来場者とともにクエストに挑み宝玉獲得を目指す“リアル集会所~宝玉を求めて~”。札幌大会では辻本氏がモンスターに乗ると拍手が起き、乗りに失敗しても応援の拍手が起きるといった、非常にあたたかなムードでイベントが進行。よほど居心地がよかったのか、辻本氏が「もう札幌に住もうかな(笑)」とつぶやく場面も。

リアル集会所~宝玉を求めて~の最中に、突然クイズ大会がスタート。『MH:W』以前にナナ・テスカトリが登場した作品(『MH2ndG』)、双剣が初めて登場した作品(『MHG』、正確には海外版『MH』)、『MH3G』の開発時の名称(『MH3Dワールド』)などの難問が出題された。

ステージイベントの幕間には、辻本氏らが会場で来場者と交流する姿も。大会も今年で10年目ということで、顔なじみのハンターも多い様子。談笑しつつ、多くの来場者の写真撮影やサイン要求に応じていた。

開発陣と観客の一体感は過去最高!? 札幌大会スペシャルステージ

 会場内に設置されたステージでは、『MH:W』のプロデューサー・辻本良三氏、エグゼクティブディレクター/アートディレクター・藤岡要氏、ディレクター・徳田優也氏が登壇してのスペシャルイベントが実施された。このスペシャルステージとその後に行われた狩王決定戦2018・札幌大会の模様は、動画配信されている。気になる人は狩王決定戦2018の公式ホームページなどから視聴してみてほしい。

<開発者による世界観講座>

 藤岡氏と徳田氏が『MH:W』の世界設定を深く掘り下げて解説する、本イベントの人気コーナー。会場によって扱うテーマが異なり、今回は物語の核心となるフィールド“龍結晶の地”が取り上げられた。龍結晶の地は瘴気の谷から流れてくるエネルギーがいちばん流れ込んでくる場所で、いろいろなものが活性化している場所。解説では龍結晶の地そのものに加えて、このフィールドに棲息するガジャブーやネルギガンテなどにも焦点が当てられた。

一見すると、生物がいない荒廃した土地にも見えるが、この地には古龍などの強大な力を持つモンスターが集まってくる。

開発最初期のコンセプトアート。強いモンスターがエネルギーに引き寄せられて集まる場所にしたいという構想があり、『MH:W』のどのモンスターを出すか決める前の段階だったので、過去作の強大なモンスターが描かれている。瘴気の谷で分解されたエネルギーがこの地に多く集まり、それが火山などの影響で結晶化(龍結晶)してさらに強いエネルギーを生むので、強大な力を持つ個体が集まるそうだ。

この地がどのようなエリアで構成されているかがひと目でわかる図。中央にあるのが龍結晶が異常に成長している場所、右側が玄武岩が多いエリア、左側が火山から流れ出すマグマ地帯というふうに分類されている。

深いエリアに住む原獣人、ガジャブー。青い仮面のガジャブーは眠り投げナイフを投げてくるなど、仮面の色によって攻撃属性が異なる。

奇面族の初期デザイン案。奇面族は自分の好みの仮面を見つけ、それを一生身につけて生活していくということで、いろいろな仮面がデザインされた。

<開発秘話・ネルギガンテが生まれるまで>

『MH:W』のメインモンスターであるネルギガンテ。古龍種はそれぞれ特徴を持っているが、ネルギガンテの場合は、特徴・モチーフを考えていた際に“破壊と再生”という案が出て、コンセプトが固まった。

非常に難航したというネルギガンテのデザイン。ヤモリのようなもの、SFチックなものなどが描かれており、その苦労がしのばれる。いろいろあった末に、現行のヤマアラシのようなデザインになった。

自分が傷つくことも厭わず、再生力を頼りに攻撃を仕掛けるネルギガンテ。トゲは1本1本が破壊されて再生するというゲーム表現の性質上、1本ずつ作り、体に植えて表現しているという。ネルギガンテ全体に生えているトゲの数はなんと1800本にも達する!

<オンライン開発者チャレンジクエスト>

 辻本氏と徳田氏に、生放送の視聴者2名を加えた計4名でクエストに挑む企画。今回のお題となるクエストはナナ・テスカトリ(歴戦の個体)討伐で、見事クエストクリアーできればRT数に応じてゲーム内でアイテムが配信されるTwitterキャンペーンの報酬に、金の竜人手形×1が追加される。

●クエスト成功時の報酬
金の竜人手形×1

 討伐対象となるナナ・テスカトリは2018年5月31日のアップデートで配信されたばかりのモンスター。ゲーム内ではテオ・テスカトルと対をなす古龍ということで非常に手強く、地面を燃え上がらせる青い炎をはじめ、威力の高い攻撃を多数使ってくる。そんな危険な相手にも関わらず、辻本氏は守りを捨てたかのように攻撃一辺倒。それに対し、徳田氏はライトボウガンの水冷弾で炎を消していくという冷静かつ息の合ったプレイを見せる。そのおかげで“ヘルフレア”という高威力の技も出されることなく、約6分30秒という短時間で討伐成功。金の竜人手形×1の配信が決定した。報酬は後日ゲーム内にて配信されるので、楽しみに待っていよう。