『モンスターハンター:ワールド』公式タイムアタック大会第4弾! 受付嬢の設定案も公開された狩王決定戦2018・仙台大会リポート

2018年5月13日、宮城県仙台市にあるサンフェスタにて大人気ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MH:W』)の公式タイムアタック大会、狩王決定戦2018・仙台大会が開催された。その模様をリポート。

 2018年5月13日、宮城県仙台市にあるサンフェスタにて大人気ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』(以下、『MH:W』)の公式タイムアタック大会、狩王決定戦2018・仙台大会が開催された。この記事では全国7都市で開催される地方大会の4会場目となる、本イベントの模様をリポートしていく。

【関連記事】
最速のハンターを決めるガチンコ勝負が開幕! 狩王決定戦2018・東京大会リポート!!
ハンターたちの激闘第2弾! 『MH:W』狩王決定戦2018・名古屋大会リポート
ハンターの祭典が広島初上陸! “狩王決定戦2018 広島大会”リポート

会場内の催しに参加するとスタンプがもらえる。このスタンプを集めると肉焼き抽選会に参加でき、肉を焼いて出たくじの結果に応じて『モンハン』グッズがもらえるのだ。

来場者はステージで行われるイベントを自由に楽しめる。スペシャルステージ以降のイベントの様子は、動画配信もされているので気になる人は公式Webサイトなどから確認してみてほしい。

開発陣が来場者とともにクエストに挑み、宝玉入手を目指す“リアル集会所~宝玉を求めて~”。動画配信されないとあって、開発陣(おもに『HM:W』プロデューサーの辻本良三氏)が、生放送では言えないようなのびのび発言をしつつ、自由奔放にハンティングを楽しんでいた。 

イベント中、突然発動した罰ゲームにより、辻本氏のプレイヤーキャラクターの肌の色を白くすることが決定。自身に似せて色黒にキャラメイクされたというハンターは、身だしなみチケットを消費して驚きの美白肌を手に入れた(写真左が罰ゲーム前、右が罰ゲーム後)。気軽に修正できない項目なので、辻本氏は相当ショックだった模様。

開発陣とともに盛り上がる! 仙台大会スペシャルステージ

 会場内に設置されたステージでは、『MH:W』のプロデューサー・辻本良三氏、エグゼクティブディレクター/アートディレクター・藤岡 要氏、ディレクター・徳田優也氏が登壇してのスペシャルステージを実施。開発陣ならではの深い話や、生放送の視聴者を巻き込んだクエストなど、さまざまなイベントが行われた。

“陽気な推薦組”は『MH4G』の“筆頭ルーキー”だった!

 藤岡氏と徳田氏が『MH:W』の世界設定を深く掘り下げて解説する、本イベントの人気コーナー。会場によって扱うテーマが異なるのが特徴で、今回取り上げるのはハンターたちの活動の礎となる“調査拠点アステラ”。プレイヤーにとってもなじみ深いこのエリアを、意外な新事実とともに解説していった。かなりの情報量があるので、より詳しく知りたいなら公式Webサイトのアーカイブでチェックしてほしい。

アステラのいちばん上に位置しているのが1期団の船。中央を流れる滝の水流で動く水車を、さまざまなものの動力に活用している。

開発中のアステラのイメージ図。これらをベースに少しずつ現在のアステラが構築されていった。

1期団は開拓のためのエキスパート集団。なので、個人でいきなりふらりとどこかに出かけてしまうこともある。

料理長はもともと大団長のオトモで、引退後にコックの道へと進んだ。包丁代わりの剣はオトモ時代の武器。

2期団の面々。加工屋は武具作成時に火を見すぎたために目を悪くした。狩りに欠かせないスリンガーはこの面々が開発したそうだ。

3期団は研究に対する熱意はすごいが、それ以外は……? 期団長は匂いフェチで船の内部には、いたるところに香が焚かれている。

4期団は物資の扱いに長けている。中央左の物資班リーダーは物資の扱いを見込まれて、引き抜かれた。総司令の孫である調査班リーダーは正確には4期団ではないが、いちばん近しいということでここに組み込まれている。

5期団はハンター集団。ふたりひと組のバディ制で行動し、自分たちの判断でどんどん調査を進めていくために集められた精鋭たち。それぞれのメンバーに裏設定があり、何気ない会話からいろいろなバックボーンがわかる。たとえば、左から2番目の“陽気な推薦組”は、じつは『MH4G』に登場した“筆頭ルーキー”その人。自分で志願して5期団に入ったという。

『MH4G』時代の“陽気な推薦組”(イラストでは右端で双剣を構えている人物)。昔からの『モンハン』プレイヤーには、感慨深いものがあるだろう。

「今回の受付嬢はアクティブにしたい」ということで、開発名称は“アクティブ受付嬢”だったそうだ。

<オンライン開発者チャレンジクエスト>

 辻本氏と徳田氏に、生放送の視聴者2名を加えた計4名でクエストに挑む企画。クエストはバゼルギウス(歴戦の個体)討伐で行われ、チャレンジに成功するとRT数に応じて報酬が配信されるTwitterキャンペーンの報酬の数が倍増する。なお、徳田氏は前回の広島大会での罰ゲームにより、ギルドカードのコメントが「俺、徳田」になっており、いっしょに集会所に入ったハンターたちにそのカードを配っていた。

チャレンジ成功時のキャンペーン報酬

  • 生命の粉塵×30
  • 漢方の粉塵×20
  • 鬼人の粉塵×20
  • 硬化の粉塵×20

 肝心のクエストは、ただでさえ手強いバゼルギウスが相手ということに加えて、2回力尽きたら失敗となるきびしい条件付き。本来なら一瞬も気を抜けないのだが、辻本氏は開幕から間もない段階で「(ハンマーでジャンプ攻撃を出しつつ)ここから溜めると移動距離を稼げるんですよ」と言いながら盛大に被弾し、ふっとばされていた。その後も果敢にジャンプ攻撃を狙うが、バゼルギウスにはあまり有効打を与えられず、チャレンジ成功に黄色信号が点灯する。しかし、そんな辻本氏の行動が残りの3人に火をつけたのか、鬼神のごとき立ち回りでバゼルギウスを圧倒。辻本氏へのサポートも的確で、ひとりも力尽きることなくチャレンジをクリアーした!