『LIMBO』、『INSIDE』を手掛けたPlaydeadが、GDCに合わせて新作ビジュアルを公開。スタッフも募集中【GDC 2018】

アクションアドベンチャーゲーム『LIMBO』、『INSIDE』を手掛けてきたPlaydeadが、GDC Expoにブースを出展。新作のスタッフを募集している。

 デンマーク・コペンハーゲンに拠点を置くゲームスタジオ、Playdead。アクションアドベンチャーゲーム『LIMBO』、『INSIDE』を手掛けてきた同社が、ゲーム開発者向けカンファレンス“GDC 2018”の開催に合わせ、新作のビジュアルを公開した。

 また、GDC 2018会場内で行われているGDC Expoに、ブースを出展。新作の開発に携わるスタッフを募集している。

独特の静寂に包まれたブース。1台のモニターと、名刺が入った箱、新作のビジュアルをあしらったカードのみが置かれている。潔いくらい、ほかに何もない。

 なおPlaydeadは、2017年1月にも新作のビジュアルを公開している(下記のツイートを参照のこと)。いまはスタッフを募集している段階ということで、発売はまだまだ先だと思われるが、どのようなタイトルになるのか、楽しみに待ちたい。