【『MHF-Z』入門】グークの狩猟笛をゲットしてハンター生活を始めよう!<HR1~2編>

 これから『モンスターハンター フロンティアZ』(以下、『MHF-Z』)を始めようと思っている新人ハンターと復帰ハンターのために、HR1からG級昇格までの道のりを順を追って紹介! さらに、各ランク帯で覚えておきたい狩猟豆知識や解放されるコンテンツなども同時に解説していこう。

 第1回目となる今回は、HR1~2のギルド指定クエストに出現するモンスターの特徴や攻略アドバイスを紹介! 併せて、ギルド指定クエストの攻略に役立つ武具や、覚えておきたい豆知識、解放されるコンテンツにも触れていく。

 そして、週刊ファミ通2018年1月11・18日合併号(2017年12月27日発売)には、特典として“グァーグァーグークI&ぺたぺたグーク・白”がもらえるイベントコードが付属! 装備時にかわいいグークになりきれるだけでなく、性能もいいので、ぜひ手に入れてハンター生活をスタートさせてほしい!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER
※Kindle

 ちなみに、HR5までは無料でプレイが可能なので、ソフトをダウンロードすれば、気軽にハンター生活をスタートできるぞ。

<HR1> ゲームに慣れつつ狩猟の基本を学ぼう!

 HR1では、ゲーム開始時から装備している武具を使って3つの“ギルド指定クエスト”に挑戦していく。まずは基本的な立ち回りの練習がしやすいイャンクックから討伐していこう。ここで各種アイテムの使いかたや、モンスターの怒り状態、討伐後の剥ぎ取りなどを経験し、ハンターに必要な基礎知識を身につけるのだ。

 ギルド指定クエストをすべてクリアーすると、“緊急クエスト”が出現する。それをクリアーするとハンターランク(HR)が上がり、新たなモンスターの狩猟が許可される。さらに、HRが上がるごとに遊べるコンテンツが増え、ハンター生活をより楽しむことができる。ちなみにG級に昇格するには、HRを7まで上げ、G級昇格試験に合格する必要がある。自分のペースで少しずつギルド指定クエストをクリアーしていこう。

ギルド指定クエストには、画像のような星のマークがついている。

緊急クエストは、すべてのギルド指定クエストをクリアーすると出現。ログに緊急クエスト出現の文字が現れたら、総合クエストの受付から受注しよう。

緊急クエストをクリアーすると、HRが上昇。リザルト画面で狩猟解禁のモンスターや、解放コンテンツなどの情報を教えてくれる。

HR1のギルド指定クエスト&緊急クエストを攻略!

イャンクック

(クエスト:怪鳥のいななきを追って)

 密林や森丘などに生息する鳥竜種。怒り状態では口から炎を漏らすようになり、攻撃力と攻撃速度が上昇する。攻撃したら前転回避やステップで距離を取りながら、イャンクックにダメージを与えていこう。ちなみに怒っていないときに音爆弾を投げつけると、一定時間行動不能にできるぞ!

瀕死状態になると、頭のまわりの耳をたたんで足を引きずってエリア移動する。どのエリアに逃げたのかわからなくなってしまうので、飛び立つ前にペイントボールをぶつけて、マップ上でイャンクックの動きを確認できるようにしておこう。ペイントボールは、支給品ボックスから回収可能だ。

ヒプノック

(クエスト:樹海の眠鳥)

 樹海に生息している鳥竜種。突進や尻尾回転攻撃など、イャンクックと攻撃方法が似ているので、“怪鳥のいななきを追って”をクリアーしておけばヒプノックの動きに対応できるはずだ。ただし、ヒプノックはハンターを眠らせる睡眠ブレスを吐き出す。この攻撃は、ガードでは防げないので、必ず前転回避や緊急回避、ステップでかわすように心がけよう。

怒り状態になると口もとから白い息を漏らすようになるが、この息には睡眠効果はない。

タイクンザムザ

(クエスト:潮島の多殻蟹)

 全身が岩に覆われている甲殻種。動きが遅いものの一撃一撃の威力が高い。さらに、外殻に付着している苔は、緑色のモヤを発生させ、ハンターの視界を悪くする。タイクンザムザの攻撃を受けやすくなるので、早めに外殻を破壊しておきたい。

右爪はハンマーのように大きく、これを使った叩きつけは脅威。いくつかの攻撃には震動効果が付与されているので、たびたびハンターの攻撃が中断してしまうこともある。“耐震+1”スキルがあれば防げるが、この段階では発動が難しいので、粘り強く立ち回り、外殻の破壊を狙おう。

アビオルグ

(クエスト:【緊急】未知なる種、獰竜)

 密林や沼地などに生息する獣竜種。怒り状態が数段階あり、段階が増すごとに攻撃力が上昇していく。イャンクックやヒプノックと比べると、かなり手ごわいモンスターだ。ブレスや噛み付き、尻尾攻撃といった技があるため、正面と後方からの攻撃はなるべく避け、側面から足元を狙うようにしたい。

軽快な動きでハンターをジワジワと痛めつけてくる。最初は慣れず苦戦を強いられるかもしれない。思うようにダメージを与えられないときは、総合ショップでシビレ罠やシビレ生肉を購入し、アビオルグを麻痺状態にしてしまおう。

狩猟豆知識【HR1編】 ハンターナビを小まめにチェック

 ハンターナビとは、指定された目標を達成することで、アイテムや素材などを受け取れる機能。メニュー内の“ハンターナビ”という項目から目標を確認できる。しかもアイテムをもらえるだけではなく、目標をひとつずつ達成していけば、ハンター生活に必要な知識を身につけられるようになっている。とくに初心者用のハンターナビでは、クエストの受注方法から操作タイプの選択、マイハウスの活用方法など、ゲームを遊ぶうえで最低限必要な情報を得ることができる。ギルド指定クエスト攻略のあいまにハンターナビを確認して、知識を蓄えながらアイテムや素材を集めよう!

初心者用、HR用のハンターナビをクリアーしよう。ナビによっては、内容を確認するだけで報酬をもらえるものもある。

<HR2> 新たな装備を生産してハンターを強化せよ!

 緊急クエストをクリアーしてHR2に昇格すると、メゼポルタ広場の入り口にいる受付嬢からプレゼントがもらえる。受付嬢に話しかけ、“各種アイテムの受取→イベント報酬の受取→HR2用特典武具強化素材”を選択しよう。

 このままつぎのギルド指定クエストに……と、言いたいところだが、初期装備のままではやや火力不足。そこで簡単かつ高性能な武具を生産しておこう。総合クエストの受付嬢に話しかけ、“その他のクエスト→特殊素材クエスト”を選択し、“初心者武器生産【イニティ】”、“初心者武器生産【ククボ】”、“初心者武装飾品【4種】”を順番に受注し、クリアーしよう。これらのクエストをクリアーすれば、武具の生産に必要な素材や、防具に装着する装飾品をまとめてゲットできるぞ。

“初心者武器生産【イニティ】”はドスランポス、“初心者防具生産【ククボ】”はイャンクックが出現。“初心者装飾品【4種】”は 特産キノコを2個納品すればクリアーだ。モンスター討伐系のクエストは、いずれもエリア数が少なく狩猟しやすい闘技場というフィールドが舞台。しかも通常よりも弱く設定された、弱個体のモンスターが相手なので、簡単にクリアーできるはずだ。

 すべてのクエストをクリアーしたら武器は、イニティシリーズのいずれかを生産しよう。これは同ランク帯の武器のなかでも性能が高く、強化しやすいという特徴がある。防具はククボシリーズを生産し、強化素材を消費して防具レベルを上げ、ククボFシリーズにしておこう。防具をフル強化したら、“初心者武装飾品【4種】”でもらった装飾品を装着していく。ククボFシリーズの各部位には、装飾品を付けられるスロットが2つずつ用意されているので、怪力珠×5、防音珠×3、強情珠×1を装着しよう。ここまで準備できたらHR2のギルド指定クエストと緊急クエストに挑んでいこう!

ククボFシリーズに装飾品を詰めると発動スキルが一気にパワーアップ! “高級耳栓”スキルがあればモンスターの咆哮【大】を無効化できる。たいていのモンスターの咆哮では、耳を塞ぐこともなくなるだろう。

HR2のギルド指定クエスト&緊急クエストを攻略!

リオレイア

(クエスト:女王の棲まう土地)

 密林や樹海などに生息している飛竜種。射程距離の長い炎ブレスや狙ったハンター目掛けて突っ込む突進といった攻撃をくり出す。とくに厄介なのが、サマーソルト尻尾攻撃。当たってしまうと大ダメージとともに毒状態に陥る。体力によっては、回復する間もなく力尽きることも。早めに尻尾を切断してサマーソルト尻尾攻撃を弱体化させよう。ちなみに、尻尾はサマーソルトの着地時や、炎ブレス攻撃中に狙うと簡単に切断できるぞ。

毒状態に陥るとハンターの頭上に紫色のエフェクトが発生する。この間、ハンターの体力が徐々に減少していく。解毒薬などを使えば一瞬で毒状態を治療できる。

デュラガウア

(クエスト:凍れる塔)

 塔などに生息する飛竜種。氷ブレスや氷旋風といった氷属性攻撃を多用し、これらの攻撃に当たると凍傷状態に陥る。この状態ではダッシュや回避、ステップ時のスタミナ消費量が増えてしまう。ホットドリンクを飲むことで解除可能だ。

ハンター発見時と怒り時に咆哮を行うが、ククボFシリーズがあれば足を止められることはない。

ヴォルガノス

(クエスト:赤き海の支配者)

 火山に生息する魚竜種。火山は、非常に暑いエリアで、クーラードリンクがないと徐々に体力が減少していく。クエスト開始直後のヴォルガノスは、溶岩の海に潜っており、なかなかで地上に上ってこない。ヴォルガノスのいるエリアについたら閃光玉を使って地上におびき出そう。体が大きく、胴体への攻撃が届きづらいので足元を攻撃して転倒を狙うと討伐しやすい。

通常時は体全体にヌメリがあり、瀕死になるとこのヌメリがなくなる。

グレンゼブル

(クエスト:高地の蛮竜)

 高地に生息している飛竜種。怒り状態になると肉質が柔らかくなる代わりに、攻撃力が非常に高くなる。ククボFシリーズがあれば被ダメージをある程度抑えられるが、どうしても攻撃に当たってしまう場合は、ヒット&アウェイの要領で戦うのが無難だ。

麻痺状態にしてダメージを稼ぐのもひとつの手だが、麻痺が解けると必ず麻痺ガスを放出する。これに触れるとハンターが麻痺状態となり、行動不能となる点に注意。グレンゼブルの麻痺が解けたら急いで距離を取ってかわそう。

エスピナス

(クエスト:【緊急】目覚める樹海の主)

 通常時は緩慢でおとなしいモンスターだが、怒ると攻撃力や移動速度が上昇。一気に凶暴なモンスターへと変貌する。一度突進し出すと手がつけられなくなるため、走り出したら閃光玉でエスピナスの動きを止めておきたい。また、攻撃を受けると毒状態に陥るので、解毒薬を忘れずに持っていこう。

閃光玉によるめまい状態時に多用する角振り上げは、左足元後方が安全。頭以外を狙うなら左足元で立ち回りろう。

狩猟豆知識【HR2編】パローネ=キャラバンで狩人珠をもらおう!

 パローネ=キャラバンにいるNPCのカシラに話しかけると、狩人珠というアイテムをもらえる。狩人珠は、はクエストをクリアーすると獲得できる狩人珠ポイントを貯めることで成長していく。一定のポイントが蓄積されると、ハンターの行動をサポートしてくれる狩人珠スキルが発動するぞ。最初のうちは“医療術”(薬草・回復薬・回復薬G・生命の粉塵の回復量が10%UPげどく草・にが虫の解毒確率が100%になる)と、“胆力”(モンスターと遭遇しても怯まなくなる)、“着地術”(高いところから落下しても姿勢を崩さず、卵も割れなくなる)の3種を発動させておこう。

パローネ=キャラバンは、メゼポルタ広場の北側に入り口がある。

この女性が狩人珠をくれるカシラと呼ばれているキャラクターだ。

狩人珠スキルの装備は、武具工房やマイハウスのアイテムボックスから行える。“装備を変更する→狩人珠スキル装着”で変更可能だ。装備できる狩人珠スキルは最大3つ。各スキルにはコストがあり、装備可能コストの最大値は10。装備コストが0のものは装備しなくても効果が発動するぞ。

HR1~2で解放されるおもなコンテンツ

猟団(HR1)

 猟団とは、ほかのハンターたちと組むチームのことだ。猟団員とは専用のチャットやメールでコミュニケーションがとれ、多くの仲間と触れ合うことができる。さらに、専用のクエストや施設を利用することができ、入団しておけばより快適なハンター生活を送れる。猟団への加入は、メゼポルタ広場の北側にいる、猟団受付官が担当している。まずは彼に話しかけて入りたい猟団を探そう。

パートニャー・ホルク(HR1)

 パートニャーは、ハンターとともにモンスターの狩猟や素材の採取を手伝ってくれるかわいらしい相棒。訓練や装備変更でパートニャーを強化し、クエストを有利に進めよう。

 ホルクは、上空からハンターの狩猟をサポートする頼もしい存在。モンスターの素材をエサとして与えて属性を付与したり、クエスト達成後にホルクが落とす学びの書を装備させることで、クエスト中の行動を変化させられる。いずれもマイサポートで育成や各種設定が行える。

ラスタ(HR2)

 クエストに参加し狩りを助けてくれるノンプレイヤーキャラクター(NPC)。ラスタは自分の分身のような存在で、ほかのハンターに同行させることが出来る。自分のラスタは自分に同行させられないが、ほかのハンターから借りたラスタを同行させること が可能だ。入門区、または自由区にあるラスタ酒場のカウンターで「ラスタ受付」に話しかけるとハンターナイフを渡され、自分のラスタ登録が完了する。

パートナー(HR2)

 ラスタ同様、狩りを助けてくれるNPCだが、こちらは自分のクエストに同行させられる。HRが2以上かつマイハウスの改築が終わった状態でラスタ酒場にいるレジェンドラスタに話しかけると、パートナーの契約を結べる。パートナーのスキルはハンターのスキルとは異なり、ギルド貢献ポイントを消費することで、新しいスキルを習得でき、そのスキルを装備することによって効果が発動する。

パローネ=キャラバン(HR2)

 規格外の大きさを誇るモンスター“ラヴィエンテ”に挑む大討伐クエストや、連続したクエストに挑戦する“★ランククエスト”などを受注できる。“大討伐クエスト”は、ランド全体で1体のラヴィエンテの討伐を目指すイベントで、4人から最大8人のハンターとともに挑める(ちなみにG級に昇格すると、最大32名で挑戦できるG級大討伐クエストが受注可能となる)。ラヴィエンテの素材から生産可能な進化武器は、強化することで武器のLVが上がり、性能が上昇していくという特徴がある。

グァーグァーグークIとぺたぺたグーク・白を手に入れよう!

 週刊ファミ通2018年1月11・18日合併号(2017年12月27日発売)を購入すると、本作の人気キャラクター“グーク”をモチーフにした武具がゲットできる! 狩猟笛の“グァーグァーグーク”が胴体、脚防具の“ぺたぺたグーク・白”が脚になっていて、両方装備することで巨大グークになりきれるのだ。

白くてかわいらしいグークがクエストに出陣! 仲間を癒しながら狩猟を徹底的にサポート!

 狩猟笛は、仲間のサポートがおもな仕事。演奏を行い、仲間の能力を強化し、狩猟を有利に進めることができる武器種だ。演奏では、3種類の音色を特定の順番で奏でることで、同エリアにいるハンター全員に特別な効果を付与できる。グァーグァーグークIの場合は、“自分の移動速度強化”、“攻撃が弾かれない”、“攻撃力強化【大】”、“防御力強化【大】”などの演奏が可能。これらの効果は一定時間が経過すると消えてしまうので、小まめに演奏を行い、効果を維持するといい。

白色の音符2個で、“自分の移動速度強化”。重ねがけすると“攻撃が弾かれない”。

白色、赤色の音符を続けて演奏すれば“攻撃力強化【小】”。 重ねがけすると“さらに攻撃力強化 ”。

赤色、緑色、赤色の音符を順番に演奏して“防御力強化【大】”。重ねがけすると“さらに防御力強化”。

白色、緑色で“体力回復【小】&解毒”または“体力回復【微】&解毒”。

 狩猟笛は演奏だけではなく、モンスターへの攻撃でも活躍することができる。とくにグァーグァーグークには、高い麻痺属性値が備わっており、何度も攻撃することでモンスターを麻痺させられる。麻痺状態になると、モンスターはしばらく行動できず、攻撃のチャンスが生まれる。さらに、グァーグァーグークには特性として防御+100の効果が付与されているので、ハンターの生存性も高められる。この特典装備を活用して、G級ハンターを目指そう!



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.