キュートなローポリ風キャラと物理ベースの美しい描写が印象的な『Little Devil Inside』の、ゲームシステムがうかがえる新映像が公開

インディースタジオNeostreamが、開発中の『Little Devil Inside』の新映像を公開。そこから察せられるゲームシステムやユーザーインターフェースなどを紹介する。

 韓国のインディースタジオNeostreamが、開発中のアクションアドベンチャーゲーム『Little Devil Inside』の新映像を公開していたのでご紹介しよう。

 本作はスチームパンクやファンタジーがミックスされた世界を舞台にしたアクションアドベンチャーゲーム。ローポリゴン気味のキャラクターや3Dモデルと、物理ベースレンダリングによるリアルな影や地面などの質感が融合したアートスタイルも注目だ。

 2015年にクラウドファンディングが行われた後、リリース予定などを修正しながらじっくり開発が進められてきた。現在は2018年のアーリーアクセス開始が予告されており、日本語対応も予定。プラットフォームとしてはPC/Mac/Linux/PS4/Xbox One/Wii Uとされている(Wii U分がSwitchに変更される可能性もあると思うが)。

『Little Devil Inside』かわいくて、叙情的。とてつもないセンスを感じる3Dアクションアドベンチャーがクラウドファンディング開始

3Dアクションアドベンチャー『Little Devil Inside』がクラウドファンディング開始。

 今回公開された動画は2017年度の開発のまとめとして開発ビルドの映像を収録したもので、いくつかのプレイ要素やユーザーインターフェース(UI)などを見て取ることができる。というわけで気付いた内容をピックアップしてみよう。

サバイバル&アイテム系

 動画の冒頭では、砂漠地帯に生えているサボテンらしき植物を伐採して水分を補給するシーンが描かれる。まずここで気になるのが画面のシンプルさ。これは全般に言えることなのだが、全体的な画面構成の方向性としては、常時表示するUIを廃した設計になりそうだ。

 もちろん何も表示されないわけではなくて、伐採可能なサボテンに近付いた際や、切り株から水分を補給する際には対応するボタンが表示され、補給時や飲んでいる際は増加/減少するビンへの充填率を表示。インベントリーシステムを表示する際なども、細身のスラッとしたデザインで必要十分な情報をサッと表示している(荷物の重量らしき数値も見える)。

 また「水分を補給する」という行為があること自体、サバイバル的な要素があるのが伺える。クラウドファンディングでのアップデートでは、食料や料理の要素も存在し、猪を狩った際に皮を剥いで肉を切り分けるといったことができることが語られている(ただし複雑すぎるものにはならないとのこと)。そしてベジタリアンとして過ごすこともできるらしい。空腹や渇きがどれほど影響してくるのかも気になるところだ。

水分を補給するためにサボテンらしきものを伐り倒しているシーン。

インベントリーシステムもスタイリッシュに。

インベントリーからビンを選び、中に溜めた水分を補給。

 また別のシーンでは、倒木から薪(Firewood)をゲットしたり、焚き火をして時間を潰すとか、キャンプで寝るといった様子を見ることができる。焚き火では数字(恐らくそこでやり過ごす時間)を選ぶと早送りで一気に夜に。

 そのほか、海底か川底に落ちていた宝箱からアイテムをゲットしたり、コンパスを出して方角を表示するシーンも収録されている。方角表示も、出している間はキャラの周囲にリング状のUIが表示され、方向(恐らく北側)が示されるだけというミニマルなデザイン。どういったマップシステムになっているのかも気になる。

倒木から薪をゲット。何に使うかと言えば……。

焚き火で時間を潰す。過ごす時間を選べるようだ。実行後は早送りされる。

キャンプで睡眠。

海に潜って宝箱からアイテムをゲット。

インベントリーシステムからコンパスを取り出すと、キャラの周囲にリング状に方角UIが示される。

旅商人などのNPCとの会話

 今回の映像は荒野を進んでいくシーンが多めに収録されているが、ずっと孤独というわけではなく、本作には文明的な場所もあるし、もちろん他のキャラクターも登場する。映像ではNPCとの会話シーンや、旅商人のものと思われる“Mephistore”(恐らくメフィストフェレスがモチーフ)での買い物シーンなどが存在。こちらも会話や売買を開始するとそれ用のUIがサッとオーバーレイで出てくる感じ。

NPCとの会話シーン。

ブタちゃん&戦闘

 戦闘シーンも入っていて剣と銃で戦うシーンが見られる。初期の映像では寄りの画面で戦っていることもあったが、今回は引きのままの戦闘。銃でロックオンすると命中率らしきものが表示されていて、敵の距離によって変動している様子。馬かロバのような生物に騎乗しながらの銃撃だが、命中率を見ながらなら間合いの調整もやりやすそう。

 さらに、ブタを走って捕まえたかと思えば、抱えながら襲撃を食らっているコミカルなシーンも。最後は逃したかと思ったら絆でも芽生えたのか、バックパックに入れて一緒に冒険するようになった模様。果たしてペットなのか、特殊なキャラなのか、それともまさか緊急食料なのか?

近接武器での戦闘。

銃をロックオンすると命中率らしきUIが。

ブタちゃんを抱えながら襲撃されるの巻。

ブタちゃんを背中のバッグに入れて砂漠を進む主人公。