カプコンは、発売中の『バイオハザード7 レジデント イービル』について、サウンドアップデートを実施した。これにより、立体音響技術“ViReal”が実装された。

 カプコンは、発売中のサバイバルホラーゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』について、サウンドアップデートを実施した。これにより、立体音響技術“ViReal(バイリアル)”が実装。サラウンドヘッドホンなどの特別な機器ではない、“ふつうの”ヘッドホンで迫力の立体音響を味わうことができる。

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

「バイオハザード7」サウンドアップデート実施!“聴く”VR 「ViReal」が生み出す迫力の立体音響を体感せよ。

 「エンド オブ ゾイ」、「ノット ア ヒーロー」の配信が始まり、ベイカー家の悲劇に幕を下ろした「バイオハザード7」。新たなDLCの配信に先んじてサウンドのアップデートが行われていたのにお気づきだろうか?過日のタイトルアップデートでヤマハ株式会社の立体音響技術「ViReal(バイリアル)」を採り入れたサウンドにアップデートを遂げている。

 実装にあたってはカプコンとの共同研究によってゲームへの最適化が図られており、サラウンドヘッドフォンなどの特別な機器ではない、“普通の”ヘッドフォンで迫力の立体音響を味わうことができるのだ。

 『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』なら、先進のサウンド技術をいち早く、たっぷりと体験することができる。2017年のゲームアワードの“VR部門”で数々のプライズに輝いた本作なら、VRモード×ViRealと言った究極の没入感も存分に味わうことが可能だ。

大人だけの、そしてホラー上級者だけの「グロテスクバージョン」にもゴールド エディションが登場。このバージョンに限りパッケージ版(PlayStation4向けのみ)も発売される。

ViRealの実装で更なる没入感を手に入れた「バイオハザード7」

 いち早く「ViReal」が実装された「バイオハザード7」。サウンドがVR化されたことで更なる没入感で楽しむことができる。様々な方向から音が聴こえてくることで激しいバトルシーンの迫力が増すことはもちろん、静寂の中で演出される恐怖も倍増している。先進の3Dヘッドフォン再生技術のViRealだが「バイオハザード7」のゲーム性に合わせて、ヤマハ株式会社とカプコンの共同研究によってさらなるチューニングが施されている。そしてVRモードでのプレイならその没入感はMaxに!

ViRealとは?

 「ViReal(バイリアル)」はヤマハの研究所で開発された立体音響技術。録音・編集・再生、立体音響制作までをサポートするが、今回はその中でも特にゲームに適した技術として「ViReal Headphone」が、カプコンの『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』、『モンスターハンター:ワールド』に先行採用されている。「ViReal Headphone」は、前後・上下・左右のあらゆる方向からの音を“従来のヘッドフォン(イヤフォン)で再現できる”のが最大の特徴。手軽な再生環境で“聴く”VRを実現できる3Dヘッドフォン再生技術となっている。サウンド開発用ミドルウェア「Wwise」のプラグインになっており、既存のゲームサウンド開発環境にもすぐに導入が可能。『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』、『モンスターハンター:ワールド』への先行採用を経て、2018年1月より本格的な外部提供が開始される予定だ。

通常のヘッドフォンで、まるで多チャンネルスピーカーでプレイしているかのような臨場感が味わえる。

「バイオハザード7」時間軸の最後に位置する後日譚「エンド オブ ゾイ」

 イーサンが狂気へと巻き込まれてゆく事件を描いた「バイオハザード7」本編。クリスが事件の収束へと挑む『ノット ア ヒーロー』。『エンドオブ ゾイ』は、更に後の時系列、「バイオハザード7」世界で最後尾に位置する物語だ。イーサンを導く謎めいた女性“ゾイ”。彼女の運命の行きつく先は…。このエピソードもPS VRで楽しむことができる。

DLC:エンド オブ ゾイ
配信予定日:好評配信中!
販売価格:PS4、PC(STEAM版、Windows store版】1,389円+税 Xbox One 1,400円+税
※既販売中の「シーズンパス」に本コンテンツは含まれておりません。お楽しみいただくには別途購入が必要となります。

クリス・レッドフィールドが事件の収束に挑むエピソード「ノット ア ヒーロー」好評無料配信中!

 新たな生物兵器の開発計画、そしてバイオテロの情報を察知した新生アンブレラ。彼らは速やかに事件を収束させるため、ある作戦を立案した。指揮を執るのはBSAAより招かれた歴戦の勇士、クリス・レッドフィールド…「ノット ア ヒーロー」の物語は「バイオハザード7」本編のクライマックスから幕を開ける。一般人が事件に巻き込まれてゆくイーサンの悪夢とは異なり、プロフェッショナルが危地に挑む本作では、本編とは異なる恐ろしさ、そしてSTGのテイストも併せ持ったサバイバルホラーが描かれる。本作は無料配信。全ての「バイオハザード7」プレイヤーに事件の結末を見届けて欲しい。