『メタルギア サヴァイブ』、『ANUBIS』を発売前に体験! KONAMI新作の全国体験会 東京会場の模様をリポート

017年11月11日(土)、12日(日)に行われた、『METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイブ)』、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』の東京体験会の模様をお届け。

 2017年11月11日(土)、12日(日)の2日間、東京ミッドタウン コナミホールにて、『METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイブ)』(2018年2月21日発売予定)、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』(2018年春発売予定。以下、『ANUBIS』)の体験会が開催された。

 本稿では多くのユーザーが訪れた同イベントの模様をリポートする。なお、体験会は11月18日(土)、19(日)に大阪、12月2日(土)には名古屋でも開催される。Twitterでの事前抽選で選ばれた人が特定の時間帯で優先的にプレイできるが、10:00~14:00の時間帯は予約などは必要なく、現地に行くことで誰でも参加可能だ。本記事を読んで興味を持ったという人は、ぜひ大阪・名古屋会場に足を運んでもらいたい。

『メタルギア サヴァイブ』の予約が開始――東京、名古屋、大阪で先行体験会の開催も決定

KONAMIは、2018年2月21日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用、PC(Steam)用ソフト『METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイブ)』について、予約を開始した。また、2017年11月より東京、名古屋、大阪にて先行体験会を実施することを発表。

 今回の体験会は誰でも参加できるということもあり、2作品の発売を待ちわびる多くのファンが会場に足を運んでいた。また、片方のタイトルがお目当てだったが、せっかくだからともう1作プレイし、興味を持ったというユーザーの姿も。

 『メタルギア サヴァイブ』の試遊コーナーで体験できたのは、オンラインで世界中のプレイヤーと協力しさまざまなミッションに挑める“CO-OPプレイ”。今回は会場に居合わせた4人の参加者と協力し、押し寄せるクリーチャーからワームホール採掘機を守る“サルベージミッション”行った。そんな本作はサバイバル要素が強く、アイテムを集めてバリケードを設置するなど、いままでのシリーズとは一味違ったプレイスタイルを楽しめるのが大きな魅力。そのほか水分の摂取や大けがを負った際の治療と、やることも多いのだが、そのぶんアイテム回収係、バリケード設置係といった役割分担など、仲間との連携がかっちりとハマるととても気持ちがいい。ちなみに、筆者がプレイした際は、他の参加者がとてもうまく、ちょうどいいところに足止めのトラップを仕掛けてくれていたおかげで、クリーチャーの群れを迫撃砲で一網打尽にできた。

 また、CO-OPプレイでは仲間と協力しつつスコアを競っていくのだが、スコアはクリーチャーを倒したとき以外にもアイテム回収時など、さまざまな条件で加算されていく。そのため、もし戦闘が得意ではなくても、行動次第で高いスコアを狙うことは十分可能だ。実際、筆者がプレイした際はアイテムを片っ端から回収していたおかげで高いスコアを獲得でき、チームで2位の順位につくことができた。

 なお、今回の体験会ではプレイ前にリアルでのブリーフィングも行われ、教官がプレイのしかたを丁寧に指導してくれる。シリーズ初心者でも楽しめるので、安心してほしい。

プレイ中にもわからないことがあったら、スタッフや教官がわかりやすくレクチャーしてくれる。

Twitterでの抽選に選ばれたプレイヤーは、より難易度の高いミッションにも挑戦可能。スコアが高かった上位3名には、なんと金、銀、銅のバイオニックアームが贈呈される。

会場には本作中で製作可能な武器のレプリカも展示されている。

 『ANUBIS』のコーナーでは、プレイステーション VRを装着し、主人公・ディンゴの視点で主人公機ジェフティを操作しながら敵艦隊と交戦。本シリーズの魅力のひとつである爽快感はVRでも変わらず、素早い動きで敵を翻弄できたりと、過去作をプレイしたことがある筆者でもストレスなくプレイできた。とくに、コックピット視点からベクターキャノンで敵艦を内側から吹き飛ばしたときの快感は過去作以上だ。

 加えて、本作は自分がコックピットで操縦しているような感覚でプレイできるので、従来の『ANUBIS』よりも臨場感がパワーアップ。そのため、首を動かして敵の位置を把握したり、死角から攻撃を受けて驚いてしまったりと、爽快感と緊張感のバランスがほどよい作品へと進化していた。また、体験会での試遊台はコックピットを模したモノが用意されており、プレイ前からオービタルフレームに搭乗したような気分を味わえる。シリーズ初プレイの方はもちろん、すでに過去作をプレイしたことがあるという人も、新鮮な気持ちでプレイできるはず。

『ANUBIS』はテレビ画面での試遊も可能。4K対応となった本作の美麗なグラフィックを確認できる。

 以上、今回は東京で開催された体験会の模様をリポートしたが、先述の通り、体験会は11月18日(土)、19日(日)に大阪、12月2日(土)には名古屋でも開催される。Twitterで選ばれた人以外でも豪華グッズがもらえるチャンスがあるので、東京での体験会に参加できなかった人は、ぜひ大阪、名古屋での体験会に参加してもらいたい。

関連記事

『メタルギア サヴァイブ』仲間と挑む迎撃戦! スリリングな展開に思わず絶叫!? “gamescom 2017”体験版プレイリポート【gamescom 2017】

KONAMIから2018年発売予定の『METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイブ)』。2017年8月26日までドイツ・ケルンで開催中の“gamescom 2017”に出展されている、同作の試遊版のプレイリポートをお届けする。

VRなのに、アクションの爽快感もスピード感もそのまま! ベクターキャノンをぶっ放せる『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』VRモード試遊リポート【TGS2017】

東京ゲームショウ2017のKONAMIブースで出展された、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』のVRモードの試遊リポートをお届け。