『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』PS4&PS Vitaで蘇るADVシミュレーションの公式サイト&ティザーPVを公開

アクアプラスが2018年4月26日に発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』の公式サイトが本日、2017年11月9日にオープン。あわせてティザーPVも公開された。

 アクアプラスが2018年4月26日に発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』の公式サイトが本日、2017年11月9日にオープン。あわせてティザーPVも公開された。

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』公式サイト
http://aquaplus.jp/uta/chiri/

■ストーリー
 とある世界、とある大陸。
 獣のような耳と尾を持つ、様々な種族があった。
 彼らは集落を成し、素朴な暮らしを営み、
 いつしか、國を形づくるまでになった。

 大陸北東の辺境にある集落、ヤマユラ。
 少女『エルルゥ』により、瀕死の青年が運び込まれた。
 大怪我を負っていた彼は、看護により一命を取り留めるが、
 自分に関する記憶を全て失っていた。

 青年は『ハクオロ』と名付けられた。
 傷も癒え、村での暮らしにも馴染んでいく。
 自分自身についての謎を抱えながらも、
 『ハクオロ』は村の発展に手を貸すこととなった。

 生来の穏やかで勤勉な性格もあり、
 村の皆も『ハクオロ』を頼るようになる。
 やがて迎えた収穫期。
 村人の努力が実り、望外の豊作となった。
 だが、その噂が藩主の耳に入った。
 実りを収奪するために、ヤマユラに手勢が差し向けられる。

 そして、この辺境の一件こそが、
 世界をも揺るがす戦乱の序幕となった…。

『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』がPS Vita、PS4で新たに登場

アクアプラスは、週刊ファミ通2017年11月23日号(2017年11月9日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』の最新情報を公開した。



(C)2018 AQUAPLUS
※画面は開発中のものです。