『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』がPS Vita、PS4で新たに登場

アクアプラスは、週刊ファミ通2017年11月23日号(2017年11月9日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』の最新情報を公開した。

 アクアプラスは、週刊ファミ通2017年11月23日号(2017年11月9日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。

 2002年にPC版、2006年にプレイステーション2への移植版が発売された『散りゆく者への子守唄』が、装いも新たに登場。現行ハードに合わせて、シミュレーションパートやビジュアル、音楽が大幅に強化されている。

イベントCGがより鮮やかに

 左がプレイステーション2版、右が新バージョンのイベントCG。より美しくなったビジュアルで思い出のシーンが蘇る。

 誌面では、『うたわれるもの』シリーズのプロデューサーを務める下川直哉氏へのインタビューも掲載。“原点はいま、新たなる出発点へ”という本作のキャッチコピーについても触れている。詳細は週刊ファミ通2017年11月23日号(2017年11月9日発売)でご確認ください!

  • タイトル:うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 
  • 対応ハード:プレイステーション Vita、プレイステーション4
  • メーカー名:アクアプラス
  • 発売日:2018年4月26日発売予定
  • 価格:備考欄参照
  • ジャンル:アドベンチャー・シミュレーション
  • CERO:審査予定
  • 備考:通常版は各6800円[税抜](各7344円[税込])、ダウンロード版は各6000円[税抜](各6480円[税込])、『アクアプラスリミテッドボックス』は各29800円[税抜](各32184円[税込])、『プレミアムエディション』は各9800円[税抜](各10584円[税込])、『3本セットトリロジーボックス』は各15800円[税抜](各17064円[税込])、『3本セットトリロジーセット(ダウンロード版)』は各12000円[税抜](各12960円[税込])、プロデューサー:下川直哉、ディレクター:鷲見努、シナリオ:菅宗光、キャラクターデザイン:甘露樹


(C)2018 AQUAPLUS ※画面は開発中のものです。
※画面は開発中のものです。