ウィーン(オーストリア)の新鋭開発スタジオLost in the Gardenが手掛ける『LIGHTFIELD』が、プレイステーション4、Xbox Oneで2017年9月26日より配信開始。

 ウィーン(オーストリア)の新鋭開発スタジオLost in the Gardenが手掛けるレースゲーム『LIGHTFIELD』が、プレイステーション4、Xbox Oneで2017年9月26日より配信開始。(Xbox One版のリリースは今晩中の予定 )

以下は、メーカーリリースを引用して掲載

アクロバティックなコース取りが可能な超未来レースゲーム『LIGHTFIELD』PlayStation4版リリースのお知らせ

 本日、ウィーン(オーストリア)の新鋭開発スタジオLost in the Gardenは、5月の東京インディーフェスに続き先日開催された東京ゲームショウ、インディーゲームコーナーでも注目を集めた超未来レースゲーム『LIGHTFIELD』をPlayStation4とXbox Oneにて全世界同時リリースいたします。なお、Xbox Oneでのリリースは今晩中になる予定です。

『LIGHTFIELD』とは

 アクロバティックなコース取りが可能な超未来レースゲーム。飛行できるコースは視覚的に見えているものすべて!壁やトンネルにとどまらず、SF的な建造物の表面すらもレース場の一部とすることができます。二次元的な常識を捨て、三次元の感覚をマスターすることがチャンピオンへの道となります。

オンラインプレイが熱い!多人数でのマルチプレイが可能!!

 オフラインでは1人プレイはもちろん、最大4人まで集まってオフラインの画面分割でレースすることができます。またオンラインに接続することで最大6人で対戦したり、タイムトライアルの結果を交換したりすることが可能です。

ヴィジュアルもサウンドも超エキサイティング!


 各コースは色鮮やかでスタイリッシュにデザインされ、自由に飛行することが可能です。飛び回ることでコースに隠された何かが見つかるかもしれません…。

 耳を楽しませてくれるエレクトロニックなサウンドは、ウィーンのアーティスト【Zanshin】が手掛けた作品です。ゴキゲンなサウンドを聴きながら、この無機質な超未来コースをクルージングするのも素敵な体験です。

超未来レースのフィールドを駆け抜けろ!


主な特徴:
〇アクロバティックなコース取りが可能な超未来レース
〇3つのゲームモード(レース / タイムトライアル / エクスプローラー)
〇オンラインマルチプレイヤー対応(レース / タイム)
〇最大4人のオフライン画面分割モード
〇スタイリッシュなビジュアル
〇【Zanshin】によるエレクトロサウンドトラック

◆タイトル:LIGHTFIELD
◆開発 / 販売:Lost in the Garden
◆ジャンル:レース
◆プレイ人数:オフライン 1~4人 / オンライン 1~6人
◆プラットフォーム:PlayStation4 / Xbox One
◆価格:2,099円(税込)【PS Store】
◆PS Store