『ドラゴンボール ファイターズ』世界的プロ格闘ゲーマーのウメハラ選手がプレイ。プレイフィールや番組放送予定などのインタビューを掲載【TGS2017】

2017年9月21日~24日にかけて開催された東京ゲームショウ2017。24日のtwitchブースでは、『ドラゴンボール ファイターズ』のステージが実施。世界的プロゲーマーのウメハラ選手がプレイする様子を披露した。

 2017年9月21日~24日にかけて開催された東京ゲームショウ2017。24日のtwitchブースでは、『ドラゴンボール ファイターズ』(以下、『DBFZ』)のステージが実施された。

 『DBFZ』はバンダイナムコエンターテインメントが2018年初頭に発売を予定している、プレイステーション4、Xbox One用ソフト。アニメやコミックで人気の『ドラゴンボール』シリーズのキャラクターたちが登場し、ド派手なバトルをくり広げる新作格闘ゲームだ。
 ステージでは世界的プロゲーマーのウメハラ選手と超強豪格闘ゲーマーのオオヌキ選手のふたりが本作をプレイ。登壇した開発スタッフからのコメントやアドバイスなどをヒントに、各キャラを思い通りに動かして対戦を楽しむ姿が披露された。

 ステージ終了後は囲み取材にてウメハラ選手に本作の感想を質問。そのインタビューを掲載しよう。

--『DBFZ』は本日が初めてのプレイだったのでしょうか?
ウメハラ選手(以下、ウメハラ) 昨日少し触らせてもらいました。

--ステージでのプレイ中は16号がお気に入りのように見受けられましたが、何か理由があったのですか?
ウメハラ 正直言うと、現在参戦が決定しているキャラクターの中ではとくに好みのキャラクターはいないんです。あのメンバーの中だと16号がオーソドックスに使うことができて、扱いやすかったのでうまく動いた感じです。

--対戦で扱ってみて、“16号らしい”といったプレイ感触はありましたでしょうか?
ウメハラ 16号は原作で闘っているシーンが少なく、ずっと佇んでいることが多かったんですよね(笑)。ですので、16号らしい戦いかたなのかどうかはわかりませんが、でも“体がゴツいキャラを扱っている”という感触はありました。

--『DBFZ』に期待していることはありますか?
ウメハラ 『ドラゴンボール』は作品とキャラクターの人気が高く、『DBFZ』が格闘ゲームとしておもしろければすごい相乗効果を生むと思います。今日プレイした感じではそんな期待に応えてくれていたので、あの調子で製品になって欲しいと思います。

--ウメハラ選手が『DBFZ』を競技としてガッツリプレイする可能性はありますでしょうか?
ウメハラ もし本作が前評判通りに世界中で流行るようであれば、誰も無視できないタイトルになります。そうなったらガッツリやりたいですし、やらざるを得ないですね。

--ウメハラ選手が定期的に放送しているストリーミング番組で『DBFZ』を扱う予定はありますか?
ウメハラ はい。発売したら放送すると思います。

--どういった番組を放送するか計画していらっしゃいますか?
ウメハラ これまでは、ゲーム自体が多くの視聴者に見られ慣れてしまったタイトルで工夫せずに番組をやるのは自分の性格的にきびしく、いろいろな企画をまぜてやってきました。ですが『DBFZ』は新作で、ゲームとしてのパワーもあるので、まずはふつうに放送してみるつもりです。

--発売後のゲーム攻略はどのように進めていきますか?
ウメハラ 僕は攻略がほかのプレイヤーよりも遠回りらしいんですよ。勝利に直結するためのバランスのいい考えかたが苦手で、ひとつ気になったらその点を気が済むまでやってしまいます。最初は苦労しますが、プレイ期間がある程度経過するといつの間にか勝てるようになる流れですね。時間はかかりますがそんなスタイルでプレイしていくと思います。