声優陣も駆けつけた『CODE VEIN』スペシャルステージをリポート!【TGS2017】

2017年9月21日から9月24日まで、千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。最終日となる24日、バンダイナムコエンターテインメントのメインステージで行われた『CODE VEIN(コードヴェイン)』のスペシャルステージの模様をリポートする。

 2017年9月21日から9月24日まで、千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。最終日となる24日、バンダイナムコエンターテインメントのメインステージで行われた『CODE VEIN(コードヴェイン)』(以下、『コードヴェイン』)のスペシャルステージの模様をリポートする

 最初に登壇したのは、バンダイナムコエンターテインメントの富澤祐介氏(IP総合プロデューサー)、飯塚啓太氏(プロデューサー)、吉村広氏(ディレクター)の3名。まずは、公開されたばかりの2ndトレーラーが上映された。

左からIPプロデューサーの富澤祐介氏、プロデューサーの飯塚啓太氏、ディレクターの吉村広氏。

 作品の概要説明の後、本イベントのゲストとして、『コードヴェイン』に出演しているキャストの面々が登場。ヤクモ・シノノメを演じる鳥海浩輔さん、イオを演じるLynnさん、そしてルイを演じる石川界人さんがステージに上がった。吉村氏が各キャラクターを紹介し、声優陣は担当したキャラクターについてトーク。さらに、セリフを生披露するサービスも。

 ルイというキャラクターは、本作の舞台となる“ヴェイン”を主人公とともに探索するにつれて、徐々に心を開いていくと語った石川さん。演じた印象では、主人公のいいバディだそう。

 鳥海さんは当初、ヤクモに対して兄貴分的な、少し軽めの印象を抱いていたという。だが、収録していくにつれ、彼の背負う重い過去が分かり、何か抑えたような部分を感じたとのこと。

 Lynnさんが演じているのは、ミステリアスな女性吸血鬼・イオ。記憶を失っているという設定もあり、セリフは無感情なものが多かったという。謎めいているが、プレイヤーを支える立場にあるため、身近な存在になるとも語った。

最終日にして、ついにボスを撃破!

 続いて、東京ゲームショウに出展された試遊版の実演。まずは吉村氏がお手本を見せることになったが、ある程度アクションを披露したところでまさかのフィールドから転落死。仕込みかハプニングか定かではないが、ここで石川さんにバトンタッチした。

 ふだんあまりゲームをやらないと話していた石川さんだが、バディのミア・カルンシュタインと協力し、敵をつぎつぎと撃破。宝箱を発見し、斧槍を手に入れていた。鳥海さんやLynnさんの応援や、観客からの拍手を受けつつ奮闘していたが、ハシゴを降りた先で大量の敵と遭遇。複数の敵から集中攻撃を受けてしまい、戦闘不能になってしまう。何度かミアの“ギフトヒール”(相手に自分のHPを分け与える。死亡寸前に成功すると復帰可能)で命拾いしていたが、ついにはミアも窮地に陥り、あえなくゲームオーバーとなってしまった。

 ここで再び吉村氏の出番。試遊版に登場するボス・女王の騎士と戦うことに。序盤から大きなダメージを受けてしまったが、その後は錬血を駆使した落ち着いたプレイで、敵の攻撃を的確に捌いていく。戦闘開始から4分ほどで、ついに撃破。東京ゲームショウの期間中で初めてボスを倒したとのことだ。

集中してプレイしている吉村氏。苦闘の末、見事撃破した。

 これで終わるかと思いきや、実機によるキャラクターメイクを初公開。髪型やメッシュの設定、肌の色、体格など、さまざまなパラメータを実際に動かしながら紹介。とくに瞳にはこだわりがあるようで、虹彩の変更やオッドアイなど、カスタマイズの幅をアピールしていた。キャラメイクの実演中、鳥海さんから「体格による当たり判定や動きの差はあるのか」という突っ込んだ質問が飛び出す一幕も。この質問に、富澤氏は「差はない」と回答していた。

 ステージのラストは、今後のイベントやタイアップの告知。2017年10月7日〜9日に開催される徳島マチ☆アソビへの参戦や、2017年10月14日〜15日に都内で実施予定の“体験会&開発ミーティング”、そしてアーティストVAMPSとのタイアップなど、東京ゲームショウ会期中に明かされた周辺情報を改めて紹介した。さらに、VAMPSからはビデオコメントが寄せられ、『コードヴェイン』への期待が語られていた。

 最後に出演者たちがひと言ずつコメントし、イベントは終了。ステージ観覧者も交えて記念撮影が行われた。