TGS2017 最終日に行われた、“英雄大集結! 『ファイアーエムブレム無双』スペシャルステージ”のリポートをお届けする。

 2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。本記事では、コーエーテクモゲームスブースにて最終日に行われた、“英雄大集結! 『ファイアーエムブレム無双』スペシャルステージ”のリポートをお届けする。

 TGS期間中は、毎日『ファイアーエムブレム無双』関連のステージイベントが開催されていたが、そのトリを飾る同ステージには、早矢仕洋介プロデューサーと臼田浩也ディレクター、そしてマークス役の小西克幸さん、リアン役の内田真礼さんが出演した。

 なんとコーエーテクモゲームスのスタッフシャツを着て登場した小西さんは、“『ファイアーエムブレム』を『無双』にすればいいのに”とずっと思っていたそうで、今回の話を聞いてすごくうれしかったという。

 『ファイアーエムブレム無双』のオリジナルキャラクターであるリアンを演じる内田さんは、“英雄勢揃いの中に入り込んでしまった自分は大丈夫だろうか!? ありがとうございます”という気持ちでいっぱい、とのこと。この謙虚な意見を聞いて、小西さんは「みんな、リアンを真礼ちゃんがやるから仕事を受けたんだよ!」、「(真礼ちゃんじゃなければ)子安(武人)さんも受けてないよ」とフォローし、会場を沸かせた。

 ちなみに、リアンの弟であるキャラクター・シオンは、内田真礼さんの弟である内田雄馬さんが演じている。臼田ディレクターによると、これは意図的ではなく、声優の名前は見ずにオーディションの音声を聞いて選んだところ、ふたりに決まったそうだ。そして内田真礼さんは、シオンをじつの弟が演じることを、収録現場に行くまで知らなかったという。

英雄が並ぶ図は壮観。小西さんは、「ザガロとウルフの実装はいつなの? いちばん好きなのはジュリアンなんだけど、いつ出るの?」と開発陣を質問攻めにし、タジタジにさせていた。

 トークコーナーに続いて行われたのは、小西さんによる実機プレイ。リアン、マークスを操作して戦場を駆け、“覚醒(すべての敵に対し、一定時間3すくみが有利の状態に)”、“ダブル(ふたりのキャラクターがペアで行動)”といった本作ならではのシステムを使いこなしていく。残念ながら、ボスであるリンを倒すことはできなかったが、目いっぱいプレイを楽しんだ。

「俺は世界の王マークス!」などの掛け声とともにプレイを楽しむ小西さん。

 実機プレイ後は、新情報発表のコーナー。ここで、本作の追加コンテンツの配信が決定したことが明かされた。詳しくは下記の関連記事にて紹介しているが、3種類の追加パックが配信予定で、新たなプレイアブルキャラクターや武器が追加される。3パックをオトクな値段で購入できる、“まとめてお得パック”(3000円[税込])も登場。

ファイアーエムブレムif』追加パック
2017年末配信予定
1400円[税込]

ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の件』追加パック
2018年冬配信予定
1400円[税込]

ファイアーエムブレム 覚醒』追加パック
2018年春配信予定
1400円[税込]

 いよいよ4日後に発売される『ファイアーエムブレム無双』。最後に、早矢仕氏が「発売後、皆様のご意見をいただいたら、可能な限り対応させていただきたいと思いますので、末永く『ファイアーエムブレム無双』を応援していただければと思います」と語り、4日間続いた『ファイアーエムブレム無双』ステージは幕を閉じた。