ユービーアイソフトは、コードマスターズが手掛ける2017年9月14日発売予定レーシングゲーム『F1 2017』について、最新トレーラーを公開した。

●クラシックマシンと今年のマシンで走り、違いを語る

 ユービーアイソフトは、コードマスターズが手掛ける2017年9月14日発売予定レーシングゲーム『F1 2017』について、最新トレーラーを公開した。

 以下、リリースより。


  ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、コードマスターズ制作の新作レーシングゲーム『F1 2017』の新トレーラーを公開いたします。

 このトレーラーは、McLarenの若きドライバー、ランド・ノリスが彼の所属するチームの数台のクラシックマシンと今年のチャンピオンシップで注目を集めているMCL32を使用し、鈴鹿サーキットを走りました。
 今回、F1シリーズとしては初めて公式の20のサーキットとは別に、ショートコースを収録します。

 ノリスは『F1 2017』についてこう述べました

「初めてハンドルを握ったとき、とてもすばらしいと感じたよ。マシンがより早くそしてより運転しやすいという事をこのゲームを通じて確認できてよかった。『F1 2017』で新しいグランプリカーを運転してより楽しい経験ができると思う。」