舞台『ロマサガ3』公開稽古で、キャスト陣が迫力の剣舞を披露! ゲームでは描かれなかったハリードの過去や、おなじみのあのシーンに注目

舞台“ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”のメディア向け公開稽古をリポート。演劇ユニット“30-DELUX”らしい、迫力のアクションや殺陣を取り入れた舞台の魅力をお届けする。

●演劇ユニット“30-DELUX”らしいアクションが満載!

 2017年3月28日、舞台“ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”のメディア向け公開稽古が行われた。

 “ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”は、スクウェア・エニックスより1995年に発売されたスーパーファミコン用ソフト『ロマンシング サ・ガ3』(以下、『ロマサガ3』)を原作とする舞台。スクウェア・エニックスと、芝居とアクションを融合させた演出で知られる演劇ユニット“30-DELUX”がタッグを組んで手掛けている。

 ゲーム『ロマサガ3』には8人の主人公が登場するが、舞台ではその中のひとりであるハリードに焦点を当てつつ、他キャラクターの活躍も描く。2017年4月15日の東京公演を皮切りに、4ヵ所(東京、大阪、愛知、福岡)で上演予定だ。

 今回の公開稽古にはメインキャスト(下記参照)がすべて参加。本記事では、公開稽古で見られた、ハリードとファティーマのシーンや、オープニングの様子をリポートする。各シーンの詳細な内容は掲載しないが、「ネタバレは見たくない!」という人は、ここで回れ右をして、舞台の上演を楽しみに待っていてほしい。
[関連記事]
舞台『ロマサガ3』は、“フリーシナリオ感”が感じられる『サガ』らしい内容に!? メインスタッフインタビュー
リマスター版『ロマンシング サガ3』公式リリースが到着 操作性最適化、オリジナル版のイメージを保ちながらもグラフィックを一新

■舞台“ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”メインキャスト
ハリード役:清水順二(30-DELUX)
カタリナ役:緒月遠麻
ミカエル役:中村誠次郎
トーマス役:馬場良馬
ユリアン役:村瀬文宣(30-DELUX)
エレン役:長谷川かすみ
モニカ役:山本ひかる
サラ役:新垣里沙
ファティーマ役:笠松はる
シャール役:佐藤アツヒロ

 公開稽古にて最初に披露されたシーンは、ハリードがファティーマとともに敵から逃げるシーン。ハリードと義兄弟の契りを交わしたルートヴィッヒも手助けをし、ファティーマを無事なところへ逃がそうと奮闘する。ゲーム『ロマサガ3』では、ルートヴィッヒの出番はほとんどないのだが、今回の舞台では重要なポジションにいるようだ。

▲ハリード役の清水順二さんの迫力の剣技!

▲ルートヴィッヒを演じるのは、和合真一さん。ゲームでは見られなかった、ハリードとルートヴィッヒの絡みが!

▲田中精さんが演じる詩人が口上を述べるシーンも。

▲ふと稽古場のすみに目を向けると、武器がズラリ。

 続いて稽古が行われたのは、原作ファンにはおなじみ、カタリナが旅立つきっかけとなる、あのシーン。カタリナを労うミカエルだが、彼女が聖王遺物であるマスカレイドを差し出すと、態度が一変し……!?

▲凛々しい佇まいの緒月遠麻さん。まさにカタリナはハマり役。

▲ミカエルを演じる中村誠次郎さん。といっても、このシーンのミカエルは、じつは……。

 最後は、全員が登場するオープニングシーンの稽古。全員が流れるように披露するハイテンポなダンスや殺陣は、圧巻のひと言。稽古の段階でこれだけの迫力だというのに、本番のステージでは、いったいどうなってしまうのか!?

▲笠松はるさん演じるファティーマと、彼女を守るハリード。

▲ファティーマの華麗なダンスも!

▲ミカエル、カタリナ、山本ひかるさん演じるモニカのロアーヌ組。ミカエルから漂う威厳!

▲こちらはシノン組。トーマス(馬場良馬さん)、エレン(長谷川かすみさん)、ユリアン(村瀬文宣さん)が、後列にいるサラ(新垣里沙さん)を守っているような布陣。

▲サラと、香音有希さん演じる少年。このふたりは、伊藤賢治氏が書き下ろす劇中歌「宿命の子」を歌う予定となっている。

▲谷口敏也さんが演じる、ゆきだるま。その愛らしさに取材陣も思わず微笑む!

▲そんなゆきだるまは、モニカと絡みがあるらしい!?

▲詩人の音楽に乗って、ブラック(平山佳延さん)、ロビン(小笠原祐太さん)、ロビン(太)(我善導さん)がダンス!

▲片山萌美さん演じるビューネイと、ビューネイの手下たち。ビューネイの美しさと恐ろしさが伝わってくるよう。

▲全員が舞台に登場しての剣舞。この迫力、ぜひ生で見てほしい!

 通常、舞台の稽古というものは、本番の1ヵ月前から始まるというが、“ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”の稽古は、なんと本番の2ヵ月以上前から始まったという。そのことからも、この舞台への本気度が伝わってくるようだ。

 ハリード役であり、かつ30-DELUXの主宰でもある清水さんは、この舞台について、いわゆる“2.5次元”とはまた違った、ゲーム原作演劇の新しい形の始まりだと力強くアピール。公開稽古現場を訪れていた、スクウェア・エニックスの河津秋敏氏も、「ゲーム発の新しいエンターテインメントが生まれると思う」と、手応えを感じていることを語った。

▲『サガ』シリーズの生みの親、河津秋敏氏。この舞台の世界観監修と脚本原案を担当。

 ちなみに、本番でキャスト陣が身にまとう衣装については、1年前から綿密な打ち合わせを経て制作しているとのこと。ゲームのドット絵のテイストを意識しつつ、イラストレーター小林智美さんの絵が持つアート性も取り入れながらデザインしたという。ちなみにシャールは、ゲームではタンクトップのような服を着ているのだが、「さすがに佐藤アツヒロさんにタンクトップは着せられない」(脚本 とちぼり木氏)ということで、“騎士だったが、その立場を追われた”という設定を意識した衣装にしたそうだ。ちなみに佐藤さんは、その話を受けて、“昔、グループではタンクトップばかり着ていた”と言っていたとか!?

▲こちらは、とあるコメディシーンの稽古中、稽古場袖で笑い合う皆さんの様子。現場の雰囲気のよさが伝わってきた。

 “ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”の上演までもうすぐ。スクウェア・エニックス e-storeでは、2017年4月8日(土)23時59分までチケットの一般販売を受付中だ。そのほかの窓口でも販売中なので、ぜひ公式サイトで確認してほしい。
スクウェア・エニックス e-store チケット購入ページ

●“ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”公演概要

■日程
・東京公演 サンシャイン劇場
2017年4月15日(土)~ 4月23日(日)

・大阪公演 サンケイホールブリーゼ
2017年4月28日(金)~ 4月30日(日)

・愛知公演 愛知県芸術劇場 大ホール
2017年5月3日(水・祝)~ 5月4日(木・祝)

・福岡公演 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
2017年5月6日(土)~ 5月7日(日)

■チケット料金(税込)
S席:8800円(特典付き 10800円) A席:7800円
※S席特典付きは、当日販売はありません。
※S席内の同じ席で、通常のS席か特典付きS席は選択できます。特典は観劇当日会場で引換。
※特典内容:ゲームオリジナルイラストレーションパンフレット
(上演台本付き)
*出演者のイラストではありません。
*会場での販売予定あり、会場販売価格 3500円(予定)
全席指定/未就学児入場不可