『ブレイブルー セントラルフィクション』若手&古参が組んだチームが活躍! 全国大会“Braver's Revel 2017”リポート

2017年3月19日、東京都秋葉原のゲームセンターHEYにて、アーケード版対戦格闘ゲーム『ブレイブルー セントラルフィクション』の大型イベント“Braver's Revel 2017”の決勝大会が開催された。全国各地から集った強豪プレイヤーたちによる激戦の模様をリポートする。

 2017年3月19日、東京都秋葉原のゲームセンターHEYにて、アーケード版対戦格闘ゲーム『ブレイブルー セントラルフィクション』(以下、『BBCF』)の大型イベント“Braver's Revel 2017”の決勝大会が開催された。全国各地から集った強豪プレイヤーたちによる激戦の模様をリポートする。

 本イベントはタイトーが主催する『BBCF』の全国大会だ。大会形式は2on2のチーム戦。参加選手はふたり一組でチームを組み、チーム同士の勝ち抜き戦で勝敗を決定する。2017年1月~3月にかけて全国各地の店舗で予選大会が実施され、各地域の代表チームを選出。予選を突破した選手たちが3月19日に秋葉原に集い、全国優勝をかけた決勝大会を争う。

 当日の現地では、残りひとつの決勝大会出場枠をかけた当日予選を実施。最後まで出場をあきらめないプレイヤーたちが朝早くから来場し、当日予選の参戦上限32チームを大きく超える80名以上の参加希望者が集結。まずは抽選によって32チームに絞られ、その後はトーナメント戦が争われた。結果、【R-2の弟子】だんご(ヒビキ)/EGO(タオカカ)が優勝を果たし、最後の枠を勝ち取った。

●決勝大会開始!

 決勝大会に出場するのは、各予選を突破した32チーム64名の選手たちだ。大会の幕が上がると、まずはトーナメントの組み合わせ抽選からスタート。各チームのメンバーがくじを引き、選手たちが自らの手で組み合わせを決定した。その後はいよいよ1回戦開始。注目の試合は会場内モニタに映され、来場者と共に盛り上がりつつ観戦。4台で進行された大会台のいたるところではチームメイトや仲間を応援する声があがり、熱気のある雰囲気で真剣勝負が繰り広げられた。

マイクを持ち、司会と実況解説と担当したメンバー。左より、バレット役声優・行成とあさん、新宿スポーツランド本館スタッフ・石田さん、アークシステムワークスの小沢さん、MC担当の郡正夫さん。

ベスト8まで進行したところで一旦休憩を挟み、再開後は本作プロデューサーの森利道氏が登場。司会席に加わり、共に戦いの行方を見守った。

●クライマックス!

 トーナメントを勝ち進み、ベスト4に進出したのは以下の4チームだ。

【今日は性格良い】こなん(ツバキ)/りくとぅえ(イザナミ)
【アンチャーテッド】馬の骨(ヴァルケンハイン)/きつね(アラクネ)
【いつだって、君だけは...】こんばんはGacktです(ハクメン) /怪物くん(イザナミ)
【コイケに乗ったえーすけ】コイケ(ライチ)/えーすけ(カルル)

 準決勝第一試合、【今日は性格良い】vs.【アンチャーテッド】では、馬の骨選手が様子見を多めにした立ち回りから狼状態の機動力で一気に接近する戦法を駆使して絶好調。ヴァルケンハインの強みを一方的に押し付ける上手さが目立ち、イザナミとツバキを相手に2連勝を達成して【アンチャーテッド】が勝利する。
 準決勝第二試合は【いつだって、君だけは...】vs.【コイケに乗ったえーすけ】。先鋒戦、怪物くん選手vs.コイケ選手ではライチの攻めに的確に対応したイザナミが勝利。続いて登場したえーすけ選手との試合は総力戦。最終ラウンドまでもつれ込み、最後はイザナミのジャンプを読んだブリオがヒットしてカルルが勝利。大将戦、こんばんはGacktです選手はジャンプCをメインにカルルとニルヴァーナの動きを牽制。豊富な体力を後ろ盾にした強気な当身が光り、カルルを封殺。【いつだって、君だけは...】が勝利する。

 そして決勝戦は【アンチャーテッド】vs.【いつだって、君だけは...】の組み合わせに。
 先鋒戦は馬の骨選手vs.怪物くん選手。第1ラウンドでは序盤からヴァルケンハインが密度の高い攻めを展開して体力をリード。しかし追い詰められたイザナミはディストーションドライブで切り返すと、オーバードライブを用いたコンボを決めて逆転勝利する。第2ラウンドは終始ヴァルケンハインのペース。イザナミにチャンスを与えずにパーフェクト勝利。第3ラウンドはヴァルケンハインが好調に攻めるが、追い詰められたイザナミが渾身のしゃがみA暴れをヒットさせて画面中央に押し返す。続く起き攻めではヴァルケンの後転起き上がりを潰す選択肢がヒットし、そのまま画面端に追い詰めて攻め切り、イザナミが逆転勝利する。
 続いてはきつね選手vs.怪物くん選手。空中でチャンスをうかがうアラクネに対し、空対空攻撃や飛び道具で的確にプレッシャーをかけて体力差を広げていくイザナミ。第1ラウンドでは追い詰められたアラクネがディストーションドライブで切り替えして烙印を発動させるものの、烙印中のイザナミが鋭いしゃがみAを通して勝利。第2ラウンドではアラクネが空中投げから烙印ゲージを貯めてオーバードライブを発動。しかしここでも烙印中のイザナミが立ちBを通し、コンボを完走してフィニッシュ。
 Braver's Revel 2017は【いつだって、君だけは...】が優勝に輝いた。

大会模様生放送タイムシフト

●表彰式

 トーナメント終了後は表彰式。優勝チームのふたりには賞品として盾が贈呈。またゲーム内の特別称号“蒼碧なる覇者”と、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会・闘神祭FINALの出場権が贈られた。

行成さんと森プロデューサーに祝福を受ける優勝チームのふたり。こんばんはGacktです選手(中央左)は『ブレイブルー』シリーズ初期からプレイしている古参。怪物くん選手(中央右)は21歳、新進気鋭の選手。九州をホームにしている古参と若手が組んで全国制覇を達成!

 全プログラム終了後は出演陣が本大会の感想をコメント。ここでは森プロデューサーより、今夏アメリカで実施予定の大型イベント“EVO2017”は是非見て欲しいとの旨が語られた。世界中から集う選手たちの熱い戦いはもちろん、本作の何かしらの発表を匂わせていたので、本作ファンは動向を欠かさず注目してみてはいかがだろうか。