カプコンは、発売中の『バイオハザード7 レジデント イービル』プレイステーション4版について、追加ダウンロードコンテンツ“発禁フッテージ(BANNED FOOTAGE)”Vol.2の配信を開始した。

●2017年春には短編シナリオコンテンツが無料配信

 カプコンは、発売中の『バイオハザード7 レジデント イービル』プレイステーション4版について、追加ダウンロードコンテンツ“発禁フッテージ(BANNED FOOTAGE)”Vol.2の配信を開始した(他ハード向けは2月21日より配信開始予定)。

 以下、リリースより。


『バイオハザード7 レジデント イービル』
追加DLC「発禁フッテージ(BANNED FOOTAGE)」
PlayStation4に向けてVol.2の配信が本日スタート!
そして2月21日(火)には全ハードへ向けて配信開始!

先月に発売を迎えた「バイオハザード7」。かつてない“サバイバルホラー”はもう体験頂けただろうか?
本編の興奮も冷めやらない内に、追加DLC「発禁フッテージ(BANNED FOOTAGE)」の配信が始まっている。
発禁フッテージに収められているのは本編で描かれた事件の後、ベイカー邸から発見されたビデオテープ。
その過激な内容から公開が控えられていたものだ。本編に登場するビデオテープ=フッテージ同様に、プレイヤーはビデオに記録された惨劇を追体験する事ができる。「発禁フッテージ」はVol.1、Vol.2ともに、2つのフッテージと本編とは異なる味わいのエクストラゲーム1つ、合計3つのコンテンツが収録されている。
本日PlayStation4版に向けて「Vol.2」の配信が始まり、来る2月21日(火)には全てのハードに向けて配信が開始される。本編クリア後も「バイオハザード7」の世界を存分に味わって欲しい。

発禁フッテージ Vol.1

狂気溢れる寝室から逃れろ
ベッドルーム(BEDROOM)
ベイカー家を支える妻、マーガレット。
ベッドルームに監禁されたあなたは彼女の目を盗み、脱出を試みるが…。

「ベッドルーム」で追体験するのはマーガレットに関するフッテージだ。
ベッドに縛り付けられたプレイヤーは寝室からの脱出を目指すこととなる。
マーガレットが居ない隙を狙って、部屋を調べ、脱出への準備を進めよう。

▲怪しいそぶりがあれば、マーガレットは容赦なく“おしおき”を揮う。彼女との会話を切り抜け、彼女が戻る前に探索の痕跡も隠さなくてはならない。
▲プレイヤーの近辺は“調べる”ことが出来る物が多く存在する。「何をどのように活かすか?」が脱出へのカギだ。

過酷なシューティングサバイバル
ナイトメア(NIGHTMARE)
黒き異形、モールデッド。ナイトメアでは彼らの巣食う地下室で終わりの見えないサバイバルに挑む。

「ナイトメア」はシューティングライクなフッテージ。夜が明けるまでの5時間(=5つのwave)を生き延びるのが目的だ。あなたは朝を迎えることができるだろうか?

▲プレイヤーは丸腰だが、マップ内のスクラップを合成すれば武器が手に入る。
▲何を作り、何を強化するか?戦略はプレイヤー次第。クリア後には更にハードなモードがプレイヤーを待っている。

エクストラゲーム
イーサン マスト ダイ(ETHAN MUST DIE)
イーサン マスト ダイ』は本編との繋がりを感じさせるフッテージとは異なり、完全に独立したエクストラゲームだ。ベイカー邸本館を舞台に、超高難易度に仕立てられた 「バイオ7」を楽しんで欲しい。

※このエクストラゲームはPS VRでのプレイには対応しておりません。

「イーサン マスト ダイ」は最強難易度のエクストラゲームだ。あまりに非力、脆弱な状態でのプレイスタート、プレイするたびにランダムにセットされる武器やアイテム、その上、セーブする事も不可。
タイトル通り、ここからの生還は困難を極める。
アクションゲームの腕前はもちろん、慎重かつ丁寧なプレイで活路を拓け。

発禁フッテージ Vol.2

生死を賭けたギャンブル
21
ベイカー家の長男、ルーカス。嗜虐的な彼に囚われたあなたは、他の虜囚を相手に、身体、そして生命を掛札としたギャンブルに挑まされる事となる。

「21」で描かれるのはルーカスに囚われた虜囚の惨劇だ。
サディスティックな彼から、プレイヤーが強要されるのはブラックジャックに似たカード
ゲーム。シンプルなゲームなのでルール自体はすぐに理解できるはずだ。

▲このギャンブルで賭けさせられる物はプレイヤーの「指」、電気ショックの「電圧」そして…
▲対戦相手との中間には無数の包丁が結わえられた円盤。そして互いの距離を示す数字が。目を逸らさず、生死を賭けさせられたギャンブルを体感せよ。

ある家族を襲った悲劇
ドウターズ(DAUGHTERS)
このフッテージに記録されているのは本編とは異なる様子のベイカー家。「7」本編以前の悲劇へと迫る。

ドウターズの舞台は「7」本編より遡る事、3年前のベイカー邸だ。
嵐の夜にジャックがある人物を連れ帰るところから物語は始まる。

▲その夜から、ベイカー邸の家族は様変わりしてゆく…。
▲ベイカー家の娘(Daughter)の絶望と孤独に満ちたサバイバルが幕を開ける。

エクストラゲーム
ジャック 55th バースデー(JACK’S 55th BIRTHDAY)
ジャック 55th バースデー』は本編との繋がりを感じさせるフッテージとは異なり、完全に独立したエクストラゲームだ。55才の誕生日を迎えたジャック。彼の食欲を存分に満たして欲しい。
一味違う、コミカルテイストの 「バイオ7」だ。

※このエクストラゲームはPS VRでのプレイには対応しておりません。

▲一味も二味も違うテイストの「バイオハザード7」。見た目はコミカルでもゲーム性は本格派。全6ステージのタイムアタックが待ち受ける。腕前はもちろん、コース取りや武器、スキルの組合せの工夫でタイムを削れ!

発禁フッテージ Vol.1(BANNED FOOTAGE Vol.1)
PlayStation4版:2017年1月31日(火)発売 販売価格:926円+税
Xbox One版:2017年2月21日(火)発売 販売価格:980円+税
PC(STEAM)版:2017年2月21日(火)発売 販売価格:926円+税
PC(Windows store)版:2017年2月21日(火)発売 販売価格:926円+税
※各ハードとも通常版とグロテスクVer.の種別がございます。お求めの際はご注意ください。

発禁フッテージ Vol.2(BANNED FOOTAGE Vol.2)
PlayStation4版:2017年2月14日(火)発売 販売価格:1,389円+税
Xbox One版:2017年2月21日(火)発売 販売価格:1,400円+税
PC(STEAM)版:2017年2月21日(火)発売 販売価格:1,389円+税
PC(Windows store)版:2017年2月21日(火)発売 販売価格:1,389円+税
※各ハードとも通常版とグロテスクVer.の種別がございます。お求めの際はご注意ください。

BANNED FOOTAGE Vol.1とVol.2をセットにしたお得なセット
シーズンパス
PlayStation4版:販売価格:1,852円+税
Xbox One版:販売価格:1,880円+税
PC(STEAM)版:販売価格:1,852円+税
PC(Windows store)版:販売価格:1,852円+税
※各ハードとも通常版とグロテスクVer.の種別がございます。お求めの際はご注意ください。
※ご購入後、各DLCの発売日からプレイ可能となります。

短編シナリオコンテンツ『Not A Hero
2017年春 無料配信予定
COMING SOON!

「バイオハザード7」の楽しみは、これだけではない。2017年春には追加DLC『Not A Hero』の無料配信も予定されている。「7」本編で完結するイーサンの“悪夢”とは、趣きの異なる短編シナリオである『Not A Hero』。どのような物語が描かれるのか?続報に期待して欲しい。