角川ゲームスは、『GOD WARS ~時をこえて~』に「ついて、プレイステーション4用体験版第2弾を、2017年2月9日より配信する。

●体験版のセーブデータは製品版へと引き継ぎ可能

 角川ゲームスは、2017年4月発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『GOD WARS ~時をこえて~』に「ついて、プレイステーション4用体験版第2弾を、2017年2月9日より配信する。ここでは、ひと足先に体験版の見どころを紹介する。

【関連記事】
『GOD WARS ~時をこえて~』体験版第2弾が2月9日に配信決定!さらに最新動画“3rd Trailer”も公開

以下、リリースより。


これが、ぼくらの選択だ。 ニッポンのルーツを想うタクティクスRPG
PS4 / PS Vita 用ソフト『GOD WARS ~時をこえて~』
配信間近!データ引継ぎ可能&クリア特典満載の第2弾体験版情報を公開!

 株式会社角川ゲームス(本社:東京都品川区 代表取締役社長 安田善巳、以下角川ゲームス)は、 PlayStation4、PlayStation Vita用ソフト『GOD WARS ~時をこえて~』につきまして、2017年2月9日(木)より配信予定のPS4専用の体験版第2弾「『GOD WARS ~時をこえて~』THE Beginning体験版」の詳細情報を公開いたします。

■製品版へのデータ引継ぎ&充実のクリア特典をご用意した体験版第2弾!「『GOD WARS ~時をこえて~』THE Beginning 体験版」のみどころを公開!

 2017年2月9日(木)よりPlayStation Storeにて配信予定のPS4専用の体験版第2弾「『GOD WARS ~時をこえて~』THE Beginning体験版」について、一足早くみどころをご紹介いたします。本体験版のセ ーブデータは、製品版への引継ぎができるほか、クリア段階に応じて便利なゲーム内アイテムや装備品を獲得できます。

【体験版第2弾概要】
○タイトル:『GOD WARS ~時をこえて~』THE Beginning体験版
○対応機種:PS4
○配信場所:PlayStation Store
○配信時期:2017年2月9日(木)

【体験版収録内容】
 日本最古の歴史書「古事記」とお伽話を融合させた世界が魅力の和風タクティクスRPG『GOD WARS ~時をこえて~』。
「『GOD WARS ~時をこえて~』THE Beginning体験版」では、かつてこの日本にあった「空白の古代史」をテーマにした、本作のはじまりの物語に加え、高い戦略性とやり込み要素を盛り込んだ本格タクティクスRPGの魅力をお楽しみいただけます。

【体験版注目ポイント(1):ストーリー】
遥か昔、富士国・出雲国・日向国と呼ばれる三国を中心とする美しい国があった。
その国の名は瑞穂国。瑞穂国の民は、穏やかで争い事を好まず、祖霊を敬い自然と共生しながら平和に暮らす民であった。 しかし、瑞穂国に稲作技術が生まれ、鉄文明を利用し始めると、人々は争いを始め、自然を破壊し、祖霊をないがしろにするようになった。
そんな中、瑞穂国の各地で洪水や地震、噴火などの天変地異が発生し始める。
世界に破滅をもたらす大噴火を防ぐため、富士国女王ツクヨミは愛娘サクヤを生贄として火口に捧げ、さらに新たな危機に備えるためサクヤの妹カグヤを竹の結界に幽閉すると、ツクヨミはそのままどこかへ姿を消してしまった。
それから十二年。結界の中で美しく育った王女カグヤを、幼馴染の少年キンタロウが農民の蜂起に乗じて助け出す。「生贄の定め」に抗い、自らの手で運命を切り拓くため、二人は富士国を脱出し、ツクヨミの真意を知るために瑞穂国を巡る冒険の旅に出るのだった。

▲物語は、一人の少女(サクヤ)が輿に乗せられ、富士山頂へ向かうシーンから始まる。
▲富士国女王ツクヨミ。
▲十三年間、囚われの身であった主人公カグヤ。
▲囚われのカグヤは、キンタロウとクマに助けられ、母を探す旅に出る。
▲富士の追手が、カグヤたちの行く手を阻む。
▲ある夜、奇妙な八百万の神々から、母の消息を聞くカグヤ。
▲やがてカグヤは、母の側近であったハナサカと出会う。
▲製鉄のために伐り崩された山を目の当たりにして心を痛めるカグヤ。
▲伊吹山の赤鬼と呼ばれるカツラギとの戦いに挑む。

【体験版注目ポイント(2):戦いの舞台】
古代日本を彷彿とさせる瑞穂国。体験版では、富士周辺の4つのステージでの戦いが展開します。

▲初戦の舞台はカグヤが囚われている浅間ノ宮。 桜が舞い散る美しいステージだ。
▲今回追加された新機能、マップ全体を見渡す 「全体カメラ」。
▲木曽川の寝覚ノ床。高低差を上手く使って有利に戦闘を進めたい。
▲伊吹山の赤鬼こと、カツラギが差配する伊吹山のたたら場。弓を持った敵に高台を押さえられているため、苦戦は必死だ。

【体験版注目ポイント(3):安心機能ややりこみ要素も充実】
初めてタクティクスRPGをプレイする方も安心して、戦闘が楽しめるよう、チュートリアルを搭載しています。さらに、ストーリーとはタイプの異なる戦闘が楽しめる「依頼」にも注目。難易度が高い依頼も用意されているので、タクティクスRPG上級者の方もやりがいのある戦闘をプレイできます。さらに、あらすじや用語の詳細を確認できる「絵巻」も収録しているので、本作の世界観をより知ることができます。

▲体験版は本編の序盤をそのまま遊ぶことができる。チュートリアルも充実しているので、自然とゲームのルールに慣れていける。

今回の体験版では、ストーリーとは趣の異なる戦闘を楽しめる「依頼」もプレイすることができる。最後に登場する隠し依頼は難易度が高く、やりごたえ十分だ。

▲依頼バトルでは、ストーリーバトルでは登場しなかった、モンスターや動物との戦闘もある。人間と異なる、多彩な攻撃も注目のポイント。

あらすじや用語の詳細を確認することができる、絵巻も収録。緻密に練り込まれた世界観を理解することができる。