セガゲームスは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』について、帝国の若き将“マクシム”のフルボイス追加ストーリーDLC“断章:咒体の戦士、その名は”を、2017年2月16日より、期間限定で無料配信する。

●マクシムがプレイアブルキャラクターとして参戦

 セガゲームスは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』について、帝国の若き将“マクシム”のフルボイス追加ストーリーDLC“断章:咒体の戦士、その名は”を、2017年2月16日より、期間限定で無料配信する。

 以下、リリースより。


『蒼き革命のヴァルキュリア』帝国の若き将“マクシム”のフルボイス追加ストーリーDLC
2017年2月16日(木)より期間限定の無料配信を実施!
 好評発売中の“ヴァルキュリア”プロジェクトの完全新作RPG『蒼き革命のヴァルキュリア』(PlayStation4/PlayStation Vita)について、帝国の若き将“マクシム”のフルボイス追加ストーリーDLC「断章:咒体の戦士、その名は」を、2017年2月16日(木)より期間限定での無料配信を行います。

マクシム(CV:鈴村 健一)
 ルーシ帝国に併呑された属領国の元第二王子。帝国に侵略された際、クローディアスに才能を見込まれ、配下に加えられる。この時、「咒体」と「咒構武器」を授けられた。

 劇中では主人公アムレートのライバルとして登場し、幾度となく剣を交えることになるマクシム。ルーシ帝国の勢力下となったイプセリア王国の元第二王子である彼が、なぜ祖国を侵略した皇帝クローディアスに従っているのか。今回の追加ストーリーDLC で気になるその瞬間が描かれております。ぜひご覧ください。

■マクシムがプレイアブルキャラクターとして参戦決定!
 フルボイス追加ストーリーDLC「断章:咒体の戦士、その名は」は、ゲーム本編クリア後に閲覧可能な断章です。そして閲覧後には、なんとマクシムがプレイアブルキャラクターとして各ミッションで使用可能になります。ヴァナルガンドを苦しめたその実力、クリア後は自らの戦力として存分にお楽しみください!

 マクシムの兵科は「偵察兵」。風と火の咒術を操り、俊敏かつ苛烈な攻撃で戦場を駆けめぐる。マクシム専用のサイドアーム「二挺拳銃」も、もちろん使用可能です。

■ダウンロードコンテンツ(DLC)も続々配信!
 本編のサイドストーリーが楽しめるフルボイス追加シナリオやバトルで役立つ装備品アイテムなどを、ソフト発売日以降、順次配信中です。また、PS4 やPS Vita のテーマ、登場キャラクターをモチーフにしたアバターなどもラインナップ。なお、追加シナリオやアイテムなどのDLC については、お買い得セットの「シーズンパス」もご用意しております。ぜひご利用ください。

※配信DLC について、詳しくは公式サイトでご確認ください。

<フルボイス追加シナリオDLCの一部をご紹介>

●惚れた弱みの勝ち知らず
配信日:2017年1月26日配信 / 価格:100円(税込)
アムレートたち大罪人の隠された素顔に迫る、とある一日の物語。
※ゲーム本編の3章以降に、ベルナルドの「手帳」から閲覧できます。

●大罪人たちの日常
配信日:2017年1月26日配信 / 価格:100円(税込)
アムレートたち大罪人の深い友情を知ることができる、とある日常の物語。
※ゲーム本編の3章以降に、ベルナルドの「手帳」から閲覧できます。

●姫のはらぺこ事件
配信日:2017年1月26日配信 / 価格:200円(税込)
とある平和な一日、オフィーリアを襲った、「はらぺこ」の恐怖に迫る物語。
※ゲーム本編の1章以降に、ベルナルドの「手帳」から閲覧できます。

▲1月26日(木)に配信済みの各追加シナリオの1シーン