コーエーテクモゲームスは、2017年3月2日発売予定の『ウイニングポスト8 2017』について、最新情報を公開した。

●さらに進化したシリーズ最新作

 コーエーテクモゲームスは、2017年3月2日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita、PC用ソフト『ウイニングポスト8 2017』について、最新情報を公開した。

【関連記事】
『ウイニングポスト8 2017』2017年3月2日に発売決定、“歴代名馬100選”ランキング搭載やGI昇格“大阪杯”対応など追加要素多数

●お守りボーナス

 ゲーム内アイテムの“お守り”を使用することで、競走馬の持病を改善したり、新キャラクターを追加したりするなど、さまざまなボーナスを得ることができる。

▲新規の牧場長キャラ“日高悠希”が追加される。
▲さまざまな効果が得られる“お守りボーナス”。
▲ランダムで決まっていたプレイヤーの子孫の顔だが、“お守りボーナス”を使うと、顔を追加したり、選択できたりするようになる。

●強化トレーニング

 競走馬に大きな負担がかかるものの、 2歳馬の大幅な能力強化が期待できる。画像は強化トレーニング“3頭併走”の調教シーン。競走馬を3頭併走させて、相手を抜かせまいとする勝負根性を鍛えるトレーニングだ。

●秘書チャレンジ

 秘書から提示されるミッション“秘書チャレンジ”。前作では、DLC秘書で登場し、本作から初収録された“天城綾”からのミッションが追加される。

▲もう少しで達成できそうな秘書チャレンジがある場合、ナビゲーションで教えてくれるようになった。もちろん表示/非表示を切り換えられる。

●競走馬追加

 画面にあるように“ソウルスターリング”など、300頭以上の競走馬が、新たに追加された。

▲阪神JFを圧勝した若き女王ソウルスターリング。世界最強マイラーとうたわれた無敗の英国馬Frankelの子で、父母合わせてGI 16勝という世界的良血馬。
▲重賞連勝中の2歳牡馬ブレスジャーニー。セリでは270万円で売買されましたが、すでに7000万円以上を獲得。血統は地味ながら、最後方から鋭い末脚をくり出す。

●レースカメラ

 迫力あるレースシーンもシリーズの魅力。画面は、11年ぶりのGI誕生として4月2日に開催される“大阪杯”のレースシーン。本作ではあおりのカメラなど、さまざまななカメラワークが盛り込まれている。