今年、台北ゲームショウに初の単独参加を果たしたのがセガゲームスだ。

●台湾市場に向けての大いなる一歩

 2016年1月28日~2月2日、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2016が開催。今年、台北ゲームショウに初の単独参加を果たしたのがセガゲームスだ。同社は、台北ゲームショウに向けて、台湾でも人気の高い『龍が如く』シリーズ最新作『龍が如く 極』や『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- X』、スマートフォン向けゲーム『モンスターギア』など、全部で7タイトルを出展した。

▲岩城農氏。

 1月29日に行われたセレモニーでは、セガゲームス セガネットワークカンパニー COO 岩城農氏が登壇。「今回出展するタイトルは、いずれも自信を持って、セガが台湾の皆さんにお届けするタイトルとなりますので、みなさんぜひ楽しんで帰ってください」と、コメントし、ラインアップに対する手応えを見せた。

 ここ数年、アジア市場に向けて積極的に展開する国内ゲームメーカーが目立つが、今回のセガゲームスの台北ゲームショウへの初単独参加は、台湾市場に向けての大きな一歩と言えそうだ。

セガゲームスの出展タイトルは以下の通り。

・『初音ミク -Project DIVA- X』(プレイステーション4/PS Vita ※展示はPS Vita版)
・『戦場のヴァルキュリア リマスター』(プレイステーション4)
・『龍が如く 極』(プレイステーション4)
・『オーディンスフィア レイヴスラシル』(プレイステーション4/PS Vita※展示はプレイステーション4版)
・『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』(iOS・Android)
・『モンスターギア』(iOS・Android)
・『戦の海賊』(iOS・Android)

▲家庭用ゲーム機向けとスマートフォン用ゲームをバランスよく出展。セガゲームスの台湾市場における方針が見えるような……。
▲『龍が如く 極』がプレイアブルで出展。『龍が如く0 誓いの場所』の繁体中文版も好評だっただけに、本作にも期待が高まる。
▲台湾のゲームファンにも高い人気を誇るミクさん
▲『オーディンスフィア レイヴスラシル』も出展。アトラスXヴァニラウェアによる2DアクションRPGは、台湾でも注目を集めそう。
▲キャラクターのコスチュームを身にまとったコンパニオンさんは世界共通で人気。セガゲームスのキャラが台湾っ子を虜にするか? こちらは言うまでもなく『龍が如く 極』。
▲『戦場のヴァルキュリア リマスター』よりアリシア。
▲台湾の初音ミクさん。
▲『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』。
▲『戦の海賊』。こんな海賊さんになら拿捕されてもいい!